タグ別アーカイブ: 占領軍

原爆投下74周忌!米国の戦争犯罪・原爆投下に時効はない/8・6街宣報告(抗議文アリ)

原爆投下74周忌!広島・長崎の恨みを忘れるな!米国の原爆投下に時効はない −日本人を「けだものとして」(トルーマン) 焼き殺した犯罪を許すな!− 主権回復を目指す会/一水会/対米自立実行委員会/米国の戦争犯罪を許さない行動会議 令和元年8月6日 米国大使館前 (↓ 画像クリック拡大) 人類史上に刻印された大虐殺を決して忘れない! 74周忌の抗議街宣(令和元年8月6日 米国大使館前) 真のホロコーストとは「アウシュビッツ」ではなく日本列島無差別爆撃と原爆投下だ(同) 米国が自画自賛する人道主義に基づいて、 「米国・国立ホロコースト記念博物館」に原爆投下と日本大空襲の展示を設置せよ!(同) 真の追悼とは苦悶のうちに焼き殺された同胞の無念を晴らすことだ(同) 【動画】 ①令和元年8月6日 抗議行動 広島・長崎の恨みを忘れるな‼️(令和元年8月6日 米国大使館前) https://youtu.be/lcbaRAqXZpw 【動画】 ②令和元年8月6日 抗議行動 広島・長崎の恨みを忘れるな‼️その2/駐日米国臨時代理大使へ抗議文手交(同) https://youtu.be/A87k_ypU5wY 抗 議 文 原爆投下74周忌! 米国の戦争犯罪・原爆投下に時効はない -日本人を「けだものとして」(トルーマン)焼き殺した犯罪を許すな!- 駐日米国臨時代理大使 ジョセフ・M・ヤング 殿 令和元年8月6日         主権回復を目指す会 一水会    基地問題を考える愛国者連絡会   対米自立実行委員会 日本未来の会 米国の戦争犯罪を許すな行動会議  今を遡る74年前、昭和20年8月6日と9日、米国は史上初めて広島に、さらに長崎と立て続けに原子爆弾を投下した。当時、我が国の制空権は皆無に等しく、戦闘の能力は壊滅の状態であった。 戦争終結はもはや時間の問題であった。にもかかわらず米国は実験目的(破壊効果の実証)ただそれだけのために原爆を使用した。しかも6日、広島が阿鼻叫喚の巷(ちまた)と化しているその最中の9日、長崎へと立て続けに投下した。 【日本人を「けだものとして扱うべきだ」(トルーマン大統領)】 原爆投下は軍事上の戦闘行為ではなく、民間人という非戦闘員を対象にした。広島だけで推定人口およそ35万人のうち14万人にも及ぶ一般市民を、長崎おいては推定人口24万人のうち7万を瞬時に焼き殺した。被爆後5年間の累計では広島で20万人、長崎で14万が、さらにその後の追跡調査では、定かな死者数は永遠に確定できないほどである。特に広島においては、行政機関と公文書が原爆で破壊・焼き尽くされ、また身元、性別の判明できぬまま埋葬されるなど、戦後74年経った今も約5万人の氏名が行方不明のままである。世界史においてこれほどのおぞましい殺戮行為は他に無い。 とりわけ、広島での原爆の投下時刻は「午前8時15分」・・・言うまでも無く学校への登校時間と、勤労国民の出勤時間を狙ったのだった。しかも、一旦は発令されていた空襲警報を解除させ、意図的に人的被害を拡大させる状況を作り出した上での投下であった。実に残酷な仕打ちである。 これは無辜の老婦女子の無差別殺戮を主目的とした、まさに悪魔のみが為せる業(わざ)で鬼畜の所業に他ならない。米国が犯してきた数々の戦争犯罪の中でも、特筆すべき最大にして最悪の『人道に対する罪』として人類史に刻印すべきで、未来永劫、消し去られることは無い。 … 続きを読む

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

沼山光洋君の自決に思う

沼山光洋君の自決に思う 自己完結には美辞麗句より冥福のみが相応しい 【ただただ無念の死】 当会の創設に関わり、副代表を担ってきた沼山光洋君が5月11日に割腹という凄惨な自決をした。かなり身近に接してきた故、その死に人一倍の哀悼の意を捧げる。彼の自決にネットなどで、田母神俊雄氏が「立派な侍」とか「見事な切腹」などと称賛されているが、早すぎる死にただただ無念の感情しか残らない。 常日頃、彼と共有していた認識は「我々は絶滅を免れた日本人である」と言うことであった。80年代のシナとの間の教科書問題、南京問題、靖国参拝問題、慰安婦問題、長野聖火リレー、領土問題などなど・・・。シナ、朝鮮を相手に戦ってきたが全てに於いて敗北に継ぐ敗北を重ねてきた。ある意味において、日本は既に終わったと言っても良い。 【自己完結には美辞麗句より冥福を】 昭和天皇は玉音放送(昭和20年8月15日)で、敗北の屈辱に打ちひしがれる国民に向かって「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」とのお言葉を述べられた。 それから、戦後74年を経た今の日本はどうか。戦勝国の米国は列島各地に軍事基地を張り巡らし、引き続き占領軍として我が日本の主権を蹂躙している。シナ、朝鮮からは歴史捏造の数々を受け入れる屈辱に継ぐ屈辱を強いられている。「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」の時代は今なお続いている。 こうした状況下で、我々は殲滅を免れた敗残兵であり、降伏を拒絶して戦うゲリラである。ゲリラの本分は生き永らえることにあり、沼山君とは生ある限り決して諦(あきらめ)ないと語り合ってきた。これが彼との共有認識であった。しかし、彼はゲリラとして戦う意志を示すのではなく、自決の道を選択した。死生観は人それぞれ、彼は彼なりの人生の自己完結を果たした。その観点から言えば、「立派な侍」とか「見事な切腹」などと誉め称える声に違和感を覚える。自己完結には美辞麗句より冥福のみが相応しい。 【御親拝は偏(ひとえ)に陛下ご自身の決断に】 沼山君は遺書並びそれに近い言葉を、「靖国神社御親拝をお望みであらせられる天皇陛下が、靖国神社へ御親拝できない状況を打破できない、天皇陛下の靖国神社御親拝を妨げる勢力を打倒できないことをお詫び申し上げる」と残した。 誰よりも靖国神社御親拝を表明しているのが当の靖国神社であり、御親拝そのものは偏に天皇陛下ご自身の意志にあるのであって、他の誰でもない。陛下ご自身の決断をシナ、朝鮮の抗議、中曽根内閣の不参拝、「富田メモ」のせいにすり替えては宜しくない。 平成の天皇は憲法並びに皇室典範を余所(無視)に、宮内庁ではなく民間のマスメディアをお使いに世論を操作され、一代限りの「退位」を実現された。天皇陛下には象徴とは雖(いえど)も、それだけの絶大な威光と見えざる権限が存在する。その天皇が「御親拝を妨げる勢力」に気兼ねされ、斯くも長期に亘って靖国神社御親拝を避けるなどあり得ようか。御親拝云々は偏(ひとえ)に陛下ご自身の決断にお有りになる。 【「道路」ではなく神域での自決だ】 田母神俊雄氏は沼山君の自決を、「靖国神社の敷地内ではなく敷地外の道路上であったのは彼が靖国神社に迷惑をかけないようにと考えた行動」と語っているが、これは相当な曲解ではないか。彼の自決した場所は道交法でいえば「道路」であろうが、下乗の立て札を前にした歴とした神域である。神社一帯は御霊を祀る静謐な祈りの空間であり、「敷地」の概念で捉える次元ではない。 馬鹿馬鹿しい仮定だが、抗議の目的でその人の敷地ではなく、玄関を前にした道路で自決し、怨嗟の遺書を残したらどうか。「道路での自決だから、家には迷惑がかからない」などという理屈が通るだろうか。 凄惨な自決の報に慄然とするが、彼は彼なりの人生の自己完結を果たした。「立派な侍」とか「見事な切腹」云々より、心静かに穏やかに彼の冥福に祈りを捧げたいものである。 【靖国神社御親拝ではなく、テニスを楽しまれる上皇ご夫妻】 上皇ご夫妻は5日午後、東京都港区の東京ローンテニスクラブを私的に訪問し、テニス仲間らと旧交を温められた。4月30日に上皇さまが退位されて以降、ご夫妻の皇居外への外出は初めてとみられる。同テニスクラブは、ご夫妻が結婚前から一緒にテニスを楽しまれた場所として知られる (日経 2019/5/5) 上皇ご夫妻の初の外出がテニスとは! 私はニュース映像やこの記事を見て、今更ながら強烈な虚無感と言うべきか無常観に陥った。天皇を退位されたお二人が、何をさしおいて行かれるべき場所は皇居の隣にある靖国神社であり、そこでの御親拝であるべき筈だった。国家に命を捧げた靖国の御霊より、「結婚前から一緒にテニスを楽しまれた場所」が、そして仲間との交友が優先されたのである。 沼山君の自決が5月11日、天皇陛下を熱烈に崇拝且つ敬愛する彼が一週間前のこの外出ニュースを知らない筈はないだろう。これをどう思うか彼に聞きたいところだが、黄泉に旅立った今では叶わない。 本日は沼山君の初七日である。合掌 ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを! ◀︎『虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造』  (酒井信彦 日新報道)  著者・酒井信彦が朝日新聞に踊らされる日本人の精神構造を解く。

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

【5月 街頭演説会】恥ずべき屈辱!令和の時代も続く米国の軍事支配と対米従属

【5月 定例街頭演説会】 檄!小異を捨て大同に 「日米地位協定」の全面改定を 恥ずべき屈辱!令和の時代も続く 米国の軍事支配と対米従属 令和の開幕、新天皇のご即位と日本列島は熱気に包まれているが、世界と日本を取り巻く現状を眺めれば単純にお祝いに浸っている余裕など日本にない。とりわけ対米関係ではどうか。昭和27年の講和条約締結で日本は敗戦処理をして、主権国家として歩むはずだった。しかし、条約締結と同時に「日米安保条約」も同時に発効し、米軍は占領軍として引き続き日本に居座っている。昭和、平成、令和、戦後74年、天皇三代に渡る米国への隷属、主権の喪失をどうして単純に喜べ得ようか。新天皇が初の国賓として見(まみ)えるのが、米国のトランプ大統領である。トランプ大統領は前回の訪日に続いて羽田空港ではなく、米国領土である「米軍横田基地」に降り立つであろう。この事実こそ、日本が米国の州に属する何よりの“証”ではないか。朝貢ならぬ「朝米外交」、恥ずべき屈辱だ!令和の時代も続く米国の軍事支配と対米従属を断ち切ろう。    【日時】令和元年5月5日(日)13:30集合・開始    【場所】有楽町マリオン前    【呼び掛け】主権回復を目指す会 一水会 対米自立実行委員会          基地問題を考える愛国者連絡会    【連絡】西村(090-2756-8794) ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを! ◀︎『虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造』  (酒井信彦 日新報道)  著者・酒井信彦が朝日新聞に踊らされる日本人の精神構造を解く。

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

【4月街頭演説会】昭和、平成、令和と三代続く 米国支配からの脱却を!

【4月 定例街頭演説会】 檄!小異を捨て大同に 「日米地位協定」の全面改定を 昭和、平成、令和と三代続く 米国支配からの脱却を! 世は挙げて、令和の新元号でお祭り騒ぎだがそれはそれで良い。昭和から平成、そして令和の三代は今ここで戦後74年目を迎えるが、対米関係ではどうか。昭和27年の講和条約締結で日本は敗戦処理をして、主権国家として歩むはずだった。しかし、条約締結と同時に「日米安保条約」も同時に発効し、米軍は占領軍として引き続き日本に居座っている。昭和、平成、令和、戦後74年、天皇三代に渡る米国への隷属、主権の喪失を悲しむ。令和の時代においてこそ、この屈辱の現状を打破しようではないか!    【日時】平成31年4月7日(日)13:30集合・開始    【場所】有楽町マリオン前    【呼び掛け】主権回復を目指す会 一水会 対米自立実行委員会          基地問題を考える愛国者連絡会    【連絡】西村(090-2756-8794) ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを! ◀︎『虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造』  (酒井信彦 日新報道)  著者・酒井信彦が朝日新聞に踊らされる日本人の精神構造を解く。

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

忘れるな!6年前 自民党主催「主権回復記念式典」のまやかし

忘れるな!6年前、自民党主催の 「主権回復記念式典」のまやかしを 「主権回復記念式典」の検証 4月28日は「国恥」の日であり、主権回復「祈念日」が相応しい 【絶えて久しい4月28日の「主権回復記念日」】 自民党や保守派が大々的に行ってきたもので、絶えて久しいイベントがある。毎年4月28日に行っていた「主権回復記念日国民集会」という行事がそれである。 これは昭和26年の秋に、サンフランシスコ講和条約が調印され、翌年の27年の4月28日にそれが発効することによって、連合軍による占領が終了し、日本が独立を回復したということによる。 それが、今から6年前の平成24年4月28日、自民党が憲政会館で主催した「主権回復記念式典」を最後にそれっきりとなっている。 「主権回復を目指す会」は、文字通り現在の日本には主権が存在しないとの立場であるから、この政府主催の式典に反対の一水会や統一戦線義勇軍、大悲会、野村秋介思想研究会と共に新橋を基点にしたデモ行進(平成24年4月28日)をおこなった。 この時、各団体ならびに幾つかの民族派はそれぞれの観点から議員会館、首相官邸前で抗議を行った。式典に天皇陛下をお招きするという政治利用が物議を醸し出し、沖縄県民を始めとして猛烈な抗議を引き起こした。そのせいだろう、自民党はその後、今に至るまで4月28日の「主権回復の日」をスルーパスに徹している。 ※参考:「主権回復式典」の中止を!(主権回復を目指す会)     http://nipponism.net/wordpress/?p=21917 【紛糾と反発のなかで強行された式典】 陛下がご臨席される憲政会館での式典を前にして、主権回復を目指す会は党本部前で対米従属を放置したままの4月28日は主権回復の「祈念日」か、でなければ「国恥記念日」が相応しいとの街宣を展開中であった。一水会の木村三浩代表も同じく、議員会館前でハンストの抗議行動を展開していた。 沖縄県を始め何と21の県知事が政府主催の同式典を欠席した。これだけでも式典は体を成していなかったのだ。さらに民主党の海江田万里代表、公明党の山口那津男代表は出席したが、日本維新の会、みんなの党、社民党、共産党などの党首は欠席した。特に沖縄では、県民を挙げて式典への抗議集会までが行われた。 国民の総意を体現し、国家の象徴たる天皇陛下のご臨席を仰ぐにあたって、これほどの紛糾を伴い且つ国民の反発を伴った式典はなかった。取りわけ、沖縄県に対する思いの厚い天皇陛下におかれて、そのご心中たるや如何ばかりか。そうしたなかで、自民党は式典を強行したのである。 その何よりの証が、ご臨席された天皇、皇后両陛下の表情に笑みの欠片さえ窺えなかった。それは8月15日、日本武道館で開催される「戦没者追悼式典」にご出席される際の表情そのものであった。天皇陛下にとって、4月28日は主権を喪失したままの日本を憂える「追悼式典」だったに違いない。その苦渋に満ちた表情に、臣民として心を痛めずにはおられない。 【天皇陛下に「万歳」を浴びせた蛮行】 式典会場では、安倍首相らが「万歳」を唱和した際、天皇陛下のお顔は堅く緊張され、皇后陛下におかれては終始うつむかれたままであられた。天皇陛下からはお言葉のお一つもない異例の式典だった。 お招きした会場は憲政記念館という極めて狭い会場、顔と顔を突き合わせる至近距離から、陛下に対する「万歳」は唱和などではなく、罵声にしか響かない。想像力を欠く、何という不敬を働く安倍政権と自民党議員たち、保守派であろうか。 彼らの不敬は、不敬の次元を越えている。天皇陛下に対して蛮行を働いたのである。万死に値する所業だ。何処まで愚かを演ずれば気が済むのか、自民党と保守派は恥を知れ! 終始俯かれたままの皇后陛下をよそに、独りよがりの「万歳」に興ずる安倍政権 (2013/04/28 憲政記念館) そこで目についたのが自民党のなかでも愛国保守を標榜する参列者だ。山谷えり子(参議院議員)、 西田昌司(参議院議員)、小池百合子(衆議院議員)、木内実(衆議院議員)、高市早苗(衆議院議員)、平沼赳夫(衆議院議員)、稲田朋美(衆議院議員)、西村眞悟(参議院議員)の各議員らだった。 安倍政権はこの「主権回復式典」の胡散臭さを十分認識した上で、同式典を権威付けさせる為に天皇陛下を政治利用したのである。歴代、これほど天皇陛下に不敬を働いた政権は安倍政権をおいて他にない。 ※参考:天皇陛下に「万歳」を“浴びせた”不敬!     http://nipponism.net/wordpress/?p=22244 【保守派が叫んだ「民族左翼」とは?】 しかも、自民党とチャンネル桜などの保守派は憲政会館前で、天皇陛下のご心中に配慮するどころか、「万歳」まで叫んで”奉迎”した。ああ、何たる想像力の欠如か。ただただ嘆息するしかない。このチャンネル桜について言えば、同チャンネル代表の水島総氏が放送で、4月28日の「祝日化」に反対する我々を指して「民族左翼」という造語を発したことがあった。 【水島総】戦後レジーム打破!尖閣防衛・東北復興・主権回復[桜H24/4/23]      http://www.youtube.com/watch?v=0cLVlwfDv2w 内容は水島総氏による主権回復記念日の「祝日化」に関しての見解だ。同氏は自民党本部で開かれる「祝日化」の集会に反対する連中と称して「民族左翼」なる造語を口にし、「インターネットを通じて妨害、邪魔しようとする連中を許さない」などと語っていた。 連中とは何処の誰かが不明、「妨害、邪魔」並びに「許さない」にも具体性が皆無であるが、自民党本部前で「主権回復記念日」を批判街宣していたのは弊会ばかりであった。「民族左翼」とは我々のことだろう。評論家の井尻千男氏らも隣に臨席して、「妨害、邪魔しようとする連中を許さない」との言辞に相づちを打っていた。 「事実を挙げて、道理を説く」ことを行動の指針とする弊会としては、我々の言論・主張におけるどの部分を以って「民族左翼」と称されたのか、そもそも「民族左翼」の定義とは何であるのか、疑念を抱かざるを得なかった。 故に、「主権回復記念日国民集会実行委員会」の代表者である井尻千男氏には公開質問状(平成25年4月1日)を送付したが、梨のつぶてのまま無視された。その後、同氏は他界されたので回答は得られないままである。しかし、水島総氏にはその説明責任は未だ残されている。 【なぜ?反対するのか「主権回復記念日」】 我々は主権回復を目指す会はこの4月28日を祝日化する動きが明確になった平成20年から、自民党本部前で定期的に反対運動を行っていた。 「わが国は昭和27年4月28日をもって主権を回復したがそれは形式的なもので、講和条約締結と同時に発効した『日米安全保障条約』とそれを補完する『日米地位協定』で実質的な国家主権を喪失したまま今日を迎えている」という趣旨である。 … 続きを読む

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。
1 / 512345