タグ別アーカイブ: 防衛

平成28年8月行動予定(原爆投下71周年忌など)

【平成28年 8月行動予定】 原爆投下71周年忌 抗議行動とデモ行進のお知らせ 世界史に銘記される戦争犯罪、それは広島と長崎に投下した米国の原爆だ。併せて35万人もの非戦闘員が殺戮された。原爆投下時間は広島が08:15、長崎が11:02です。この時間に合わせて、米国大使館前で我が同胞の無念に対して黙祷を捧げ、米国の戦争犯罪を糾弾します。また、8月6日(土)は銀座、数寄屋橋を上記の主旨の下でデモ行進を決行します。 ①抗議行動「原爆投下71周年忌 広島の恨みを忘れるな!米国の原爆投下に時効はない 」  日時:8月6日(土) 08:00集合 黙祷08:15  場所:米大使館、JT本社前 (※ケネディ米国大使へ抗議文の提出あり)  http://www.jti.co.jp/corporate/outline/jt/map/index.html  呼び掛け:主権回復を目指す会 連絡:西村(090-2756-8794) ②統一デモ行進「原爆投下71周年忌 米国の原爆投下と無差別爆撃に時効はない」  日時:8月6日(土)14時・集会開始 14時半・デモ行進出発   場所:水谷橋公園   (デモルート▶︎水谷橋公園〜数寄屋橋交差点〜東電前〜日比谷公園)  http://www.mapion.co.jp/m2/35.67437475,139.76998369,16/poi=KP714558  呼び掛け:米国の戦争犯罪を許すな行動会議 連絡:西村(090-2756-8794) ③抗議行動「原爆投下71周年忌 長崎の恨みを忘れるな!米国の原爆投下に時効はない 」  日時:8月9日(火) 10:30集合 黙祷11:02  場所:米大使館、JT本社前 (※ケネディ米国大使へ抗議文の提出あり)  http://www.jti.co.jp/corporate/outline/jt/map/index.html  呼び掛け:主権回復を目指す会 連絡:西村(090-2756-8794) 「日韓基本合意」から靖国の英霊を守れ 安倍政権による「日韓合意」で、「慰安婦財団」が発足した。ここに「河野談話」は完全にその目的を達成したのである。靖国の英霊が強姦魔の汚名を着せられ、屈辱で泣いている。『河野談話』の白紙撤回で彼らの名誉を濯(そそ)ごう。8月15日は英霊と戦没者を追悼する日であり、九段下界隈は静謐な祈りの空間として意識すべきで、英霊を出汁(だし)にした物品販売とかカンパなど論外である。この点を心して行う活動です。場所は神保町交差点(岩波書店・信山社)です。 ④署名運動  「『河野談話』の白紙撤回を求める署名活動」  日時:平成28年8月15日(月) 10:30から(※時間変更)  場所:神保町交差点(岩波書店・信山社)           ※岩波は朝日新聞と並ぶ慰安婦強制連行の発信母体です  主催:主権回復を目指す会 河野談話の白紙撤回を求める市民の会  連絡:西村(090ー2756ー8794) ⑤定例街宣「日本民族を抹殺する『慰安婦財団』のデタラメを徹底糾弾」  日時:平成28年 ※9月8日(木) 12:00から     (※8月25日から9月8日に予定を延期しました!)  場所:自民党本部前  主催:主権回復を目指す会 河野談話の白紙撤回を求める市民の会  連絡:西村(090ー2756ー8794) 定例街宣 … 続きを読む

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

南シナ海仲裁裁定、証明された「日米安保条約」の無力 
(7月行動予定)

証明された「日米安保条約」の無力 シナの軍拡に粉砕された「抑止力」という名の幻想 シナが南シナ海で強行する周辺諸国への領海侵略で、オランダのハーグ常設仲裁裁判所は12日、シナが強弁する「九段線」なる一方的な境界線に国際法上の根拠、合理性はないとの判断を下した。 提訴したフィリピンの主張を全面的に認めた判決に、シナは「たとえ米国が10個の空母打撃群すべてを南シナ海に進めても、中国人は怖がらない」(戴秉国・前国務委員)と、国際社会に脅迫的言辞を吐いた。↓ ※参考 【南シナ海仲裁裁定を「ただの紙くず」と言い切る中国】   http://www.sankei.com/world/news/160713/wor1607130021-n1.html シナの言い分は北朝鮮が吐く、「ソウルや東京を火の海にする」と自国の見解に反する日本や韓国に向かって吐く恫喝と瓜二つと言っていい。なぜ、かくもこうまでシナが増長するのか、ここまで増長できたのか。それは米国と日本がチベット、ウィグル、南モンゴルへの侵略を黙認してきた放任の結果に他ならない。我が日本でいえば、尖閣諸島への恒常的な領海侵犯さらに伊豆・小笠原諸島でのサンゴ略奪に対して安倍・自民党政権はまともな抗議すらしなかった。 これもあれも、すべてシナという暴力団の横暴を放置してきた結果である。この暴力団の横行を放任してきたのは言うまでもなく、「日米安保条約」の堅持と「日米同盟」の強化を謳うを米国と自民党であり、その保守派という応援団である。 事ここにいたって、日頃から自民党応援団と保守派が豪語する「日米安保条約」の抑止力が、南シナ海でのシナの軍拡によってものの見事に粉砕されたのである。もはや、「日米安保条約」の存在価値はないと言っても過言ではない。厳然と聳えるシナの巨大なる軍事基地を目の前に、「抑止力」は保守派が一方的に夢見る幻想だった。シナの暴力団に、「日米安保条約」は完全に粉砕され、「抑止力」は何らの存在価値を示さないでいる。これが現実であり、この現実を受け入れる覚悟が要求されている。 こうした中で、今なお、辺野古の海域を埋め立てて米軍に軍事基地を提供するなど狂気の沙汰としか言いようがない。役立たずの米軍を撤退させ、現存する普天間基地に我が自衛隊が常駐して、尖閣諸島を含めたわが国領土は我が国民が死守する覚悟が要求されているのだ。 檄!小異を捨て大同に 「日米地位協定」の全面改定を 平成28年6月19日 有楽町マリオン前 (↓ 画像クリック拡大) 国家のアィデンティーが主権、この主権を米国から取り戻すため小異を捨てようではないか (平成28年6月19日 有楽町マリオン前) 尖閣諸島でのシナの侵略に何らの「抑止力」を示さない「日米安保」は破棄してしまえ(同) 【動画】 檄!小異を捨て大同に「日米地位協定」の全面改定を(平成28年6月19日 有楽町マリオン前) https://www.youtube.com/watch?v=dLHGzgeaPLw 定例街宣 自民党本部前 「火に油を注ぐ 日韓合意、自民党の歴史認識を徹底糾弾」 平成28年6月23日 自民党本部前 (↓ 画像クリック拡大) このプラカードが示すシナの侵略に安倍・自民党政権は何をしたのか?! (平成28年6月23日 自民党本部前 ) 【動画】 定例街宣 自民党本部前 H28.6.23 https://www.youtube.com/watch?v=OWEOESFJgUU 【平成28年7月行動予定】 ①定例街宣 自民党本部前【南シナ海仲裁裁定と「日米安保条約」の無力】 … 続きを読む

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

「馬鹿発言」は正しい

平野達男震災復興担当相の「馬鹿発言」は正しい 地震=津波を想定できず死んだら馬鹿と言っていい 平野達男震災復興担当相は18日、東日本大震災の津波被害に関し「私の高校の同級生みたいに逃げなかったバカなやつがいる。彼は亡くなったが、しょうがない」と述べた。 【逃げなかったバカなやついる」 東日本大震災の津波避難で平野担当相】   http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111018/plc11101818370015-n1.htm これに対してマスコミ各社は一斉に、「犠牲者やその遺族への配慮を欠いた発言で、進退問題に発展する可能性も出てきた」と例のごとく、パブロフの犬のように反応しているが、果たしてそうだろうか。 津波てんでんこ →「津波が来たらてんでんばらばらになって必死に逃げろ」との格言。 三陸海岸地域にある津波避難の格言である。「命てんでんこ」とも言う。地震=津波の際、「親兄弟をかまわず、命からがらてんでんばらばらに逃げろ」との伝承は、古来から幾度もの津波襲来を受けてきた先人が、我々に残した厳しい格言である。 1896年の明治三陸地震、1933年の昭和三陸地震などにおいて、この格言の下にどれだけの人々の命が救われたことだろうか。 平野大臣の発言はこの「命てんでんこ」の格言に沿った趣旨であり、「進退問題に発展する」云々などに全く関係がない。 地震=津波→津波てんでんこ  「逃げなかったバカなやついる」(平野担当相) これ以上わかりやすい表現があるだろうか。 平野大臣は、使命として堤防の門扉を閉めに行った消防団員や、安全とされた避難所などに逃げて津波にさらわれ犠牲になった人らを指してはいない。 下記の記事は児童74人と教職員10人の犠牲者を出した宮城県石巻市の大川小学校 ↓ 【「大震災 集団避難 明暗」 「なぜ山へ逃げなかった? 大川小学校の悲劇」】朝日新聞 2011/09/11 http://floghip.blog.ocn.ne.jp/floghip/2011/09/post_ed68.html 5年生だった只野哲也くん(12歳)は、児童の列の前で教諭らが円になって話し合っていたのを見ている。6年の児童が教諭の一人に言った。「先生、山に逃げた方がいいと思います」「私にもわからない」と教諭。児童は「先生なのに、なんでわからない」と喰(く)ってかかったという。 緊急の事態に狼狽する教師を、児童がどやしつけたのである。教師が子供に怒鳴られたのだ。   地震発生が14:46 大津波警報発令14:49   校庭を襲った津波襲来時刻15:37 児童らは地震発生から、何と40分以上も優に校庭に待機させられていた。 緊急の事態に避難指示を出せないで狼狽する教師を、児童がどやしつけたのである。この児童らは、本能で襲来するであろう津波を察知していた。避難行動を決断出来ない教師の無能で、74人の児童が津波の犠牲になった。これを不作為による“殺人”と言っては言い過ぎだろうか。 大川小の教師らは自らが津波の犠牲になったばかりではない。74人の児童らを道連れにしたのである。この罪は余りにも重すぎる。 「逃げなかったバカなやついる」 津波てんでんこ  犠牲者とそのご親族に哀悼の意を表意したうえで、死者にムチ打つ訳ではないが、平野達男震災復興担当相の「馬鹿発言」は正しいのである。 この「逃げなかったバカなやついる」発言は、津波到来に無防備だった杉山政樹・松島航空基地司令に、そっくりそのまま当てはまる。基地司令ばかりではなく、自衛隊と国家の防衛体制にそのまま直結している。 今、航空自衛隊は次期主力戦闘機の購入予算として一兆円を概算化しているが、松島航空基地の避難失態による損失は2000億円を優に上回る。 到来する津波を想定できず、その失態・敗北を総括もせずに次期戦闘機の購入など、常識的な国民感情からして到底許される事ではない。航空自衛隊松島基地はホームページの表紙に、津波に襲われた基地の惨状を臆面もなく載せ、津波による被害者面を装っているが国軍として恥を知れと言いたい。(※末尾画像参照) 津波は明日、いや、今この時点でくるかも知れない。自衛隊が津波による被害者面を装っている限り、一兆円に上る主力戦闘機を配備したところで、いつ何時、津波の襲来で再度撃滅されるか分かったものではない。 【参考】“想定外”に浸る自衛隊  http://nipponism.net/wordpress/?p=5095 (↓ 画像クリック拡大) 敵機ではなく“自軍機”に襲撃された松島航空基地 自衛隊も被害者 津波の被害にご支援を ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!  

カテゴリー: つれづれ, 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

“想定外”に浸る自衛隊

松島航空基地は敵機襲来ではなく津波で“全滅”した 「悔しい」で済まされない自衛隊の敗北 自衛隊は国軍である。国軍の使命は国家主権を365日、24時間に亘って守ることである。さらに災害時において、国民の生命・財産・安全を守ることだが、ただ単に守るのではなく、死守するのである。 死守とは自身の全存在を任務に捧げるを本分とする。したがって、思想信条の如何に関わらず、彼らは国家の命に従い、その本分とする任務を全うするのである。ここにこそ、国軍である自衛隊の全存在がある。全存在、つまり究極的に死をもって国家から与えられた使命を全うすることにこそ、自衛隊員の最高の名誉がある。(※関連記事『国軍とは何か』) したがって、戦争並びに与えられた任務の是非は別として、我々国民は自衛官に最高の敬意を払うことを心懸けている。 自衛隊員、彼らは民間ボランティアではない。我々国民が彼らに最高の敬意を払う由縁は、心身共に高度に、熾烈に鍛え上げられ戦闘プロ集団の矜持(きょうじ)に対してである。そうでなければ自衛隊は禄を喰(は)むだけの寄生集団と言われかねない。 有事にこそプロ集団としての本領を発揮する。とりわけ災害時は日頃の訓練の真価が問われる最高最大の舞台である。 この舞台で、震災地域の真ん真ん中に位置する自衛隊松島航空基地は、如何なる状況に遭遇、対処したか。マスコミから発信された情報を目にすると、自衛隊のあり方の根本が深刻に問われてくる。 下記は9月15日の新聞各社の報道である。 ↓ 【津波被害の戦闘機12機処分 残り6機は修理800億円】  http://www.asahi.com/national/update/0915/TKY201109150252.html  防衛省は東日本大震災の津波で被災した航空自衛隊松島基地(宮城県)のF2戦闘機18機のうち12機について、修理は困難と判断し、処分する方針を決めた。残り6機は購入費よりも高い計約800億円をかけて修理して使う。  防衛省によると、松島基地には約2メートルの津波が押し寄せ、18機のF2すべてが海水につかった。防衛省は修理できるかどうか見極めるため、136億円の予算を投じて分解調査を進めていた。  この結果、12機は被害が大きく、使用を断念。使える部品などは取り出して、別の装備で再利用する。残る6機は修理可能だが、1機につき約130億円の修理費がかかるという。 F2は1機が100億円だ。12機が廃棄処分で1200億円、6機の修理費が800億、さらに調査費用が136億円で、計2136億円に達する。 しかし、この金額は軽く見積もっているのではないのか。 下記は震災直後(3月14日)、松島航空基地が津波で壊滅した新聞やテレビで報道されたもの。 ↓ 松島基地で戦闘機など28機水没 被害は2千億円超も http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/14/kiji/K20110314000427970.html  防衛省の折木良一統合幕僚長は14日、大津波で水没した航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)の被害状況を視察した。同基地ではF2戦闘機(1機約120億円)18機をはじめ、航空機計28機が水没。すべて使用できない場合は総額2千億円以上の被害となる。  松島基地ではF2戦闘機1機の機首が滑走路横の建物に突っ込み、T4練習機2機も土砂ごと建物近くへ押し流されていた。「海水に漬かってしまった航空機は、おそらくすべて使えない」(防衛省幹部)とされ、折木氏らは状況を確認し、今後の対応を検討する。  防衛省は年内に次期主力戦闘機(FX)を選定し、2015年度までに12機の調達を予定。しかし1個飛行隊分の戦闘機が丸ごと使用不能となれば防空態勢に穴が開くのは避けられず、計画の見直しを迫られそうだ。 総額にして2000億円を上回る国有財産が失われ、そして兵器としての使用が不能となった。救助を求める国民を助けることさえ出来なくなった。 2136億円にはT4練習機のほか、津波で使いものにならなくなった救援用ヘリなどが、どうしたことか省かれている。 もう一つ、下記はフジテレビの報道、笠井レポーターのインタビューに応えるのが松島基地第四航空団 司令部管理部 大泉裕人渉外室長だ。これが国民の生命・財産・安全を守ることを標榜する自衛隊員である。 ◆映像 笠井:救難機が被災して救助に行けなかった? 大泉:地震が起きた時、一機でも飛んでれば、もしくは津波が起きたとき(救難機が)    上空に飛んでれば、かなりの人をつり上げることが出来たと思うとですね。    我々もそのためにいるわけなんですけど、非常にくやしいものがあったんで    ・・・、すみません。 大泉:(津波が)想像を超えていました。屋根、建物の上に人がいるから助けてくれ    と連絡があったが・・・、何もできないというくやしさがありました。 笠井:それって仕方がないことと思う、だって(津波は想定外だから)・・・・。 大泉渉外室長はベソをかきながら「一機でも飛んでいれば」とまるで他人事のように述べているが、これが国軍、自衛隊か! 情けなさを通り過ぎ、怒りを抑えきれない。「飛んでいれば」ではなく、誰が飛ばすのか、飛ばすのは国軍の自衛隊だろう。大泉渉外室長は我々国民に救援ヘリを飛ばせと言うのか。常に「想定外」を想定し、有事に備えるのが国軍が自覚する使命ではないのか。松島航空基地司令官の責任はうやむやにしてはならない。それは二度と同じ失敗を繰り返さないためである。 災害とは戦争である。災害(敵は)いつ何時、何処から襲ってくるか分からない。松島航空基地は津波という敵機の襲撃で殲滅されたのである。 … 続きを読む

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。
5 / 512345