タグ別アーカイブ: 緊急街宣

『AERA』は廃刊を!顔で女性を差別する女性編集長と女性記者

『AERA』は廃刊を! 顔で女性を差別する女性編集長と女性記者 女性 (井原圭子編集長と浅野裕見子記者) が 女性 (杉田議員) の顔を誹謗・中傷するテロ攻撃 この7月27日、朝日新聞の『AERA』が同誌のウェブ版「AERA dot.」の「杉田水脈衆院議員の顔を観相学で見たら…」で、杉田水脈氏(衆院議員)の顔を「顔全体が三角形」「幅が狭い」「鷲鼻」「下唇が突き出し」「目尻が浅い」「顔右半分が攻撃的、左半分が麻痺」など、悪意を込めた表現を展開して、「人望がない」「愛情に乏しい」と最終的な結論づけの記事を発信した。 主権回復を目指す会と日本未来の会はこの件につき8月23日、朝日新聞本社にある『AERA』に出向き、編集長と担当記者に面談を求めたが、「担当者不在」を理由に拒絶された。後日に連絡するとのことであったが、未だ音信はない。 ※参考 「杉田水脈衆院議員の顔は『幸せに縁がない』? 観相学で見てみたら…」     https://archive.is/TGMHR 【朝日をバックにした女性による女性への言論テロ】 杉田議員のその顔を侮蔑した品性を欠く内容に、相当な批判が集中したらしく、結果、同誌は翌日に即、「内容が不適切」として謝罪を表明して削除した。しかし、何が不適切かについて言及が一切ない。言及したらトンデモナイ事になる故、事の本質には触れなかったのであろう。 事の本質とは何か。女性としての杉田議員の顔を主観的に捉え、それでもって本人の人格に攻撃を加えたのである。『AERA』は常識的に社会通念上、絶対にしてはならないことをしてのけた。それも朝日新聞という巨大な権威を背景にして。もはや杉田女史の人格を貶めるためのテロ行為と断じて良い。 因みにこの記事を書いたのが同誌の担当記者である浅野裕見子、また編集長は 井原圭子、お二人とも男ではなく、歴とした女性である。貴女方お二人は同じ女性として、自分の顔を「鷲鼻」「下唇が突き出し」「目尻が浅い」「顔右半分が攻撃的、左半分が麻痺」「愛情に乏しい」などどマスメディアを使って揶揄・攻撃されたら一体どう思うのか。愉快に楽しく痛快に思うのか、思うわけがないだろう。不快に、屈辱としか思わないのである。つまり、一般常識として社会的に許されないことなのである。しかも内輪話ではなく敢えて公然とメディアを使って発信した。 【廃刊しかない! 社会常識を欠く知の劣化】 貴女たちは特定の女性を名指し、その顔をおちょくったら、その結果がどうなるか予想できなっかたのかと驚かざるを得ない。反響の悪さに気づき驚いて削除したのだから、信じられないほどのイマジネイションの欠如、知の劣化である。 さらに井原圭子『AERA』編集長が、この記事を知らないで発信したとしたら、編集能力の完全なる欠如でしかない。また、記事全体を俯瞰する義務のある編集長としての仕事を、ズルしてさぼったのである。 「LGBT問題」で朝日を主体にした貴女がたは、女性差別反対とか価値観の多様性を持ち出して、杉田女史の議員資格の剥奪までに及んでいた。さらに、杉田議員の論考を掲載する新潮社にまで、出版社としての責任の波及を謀っていた。そうであれば、杉田議員に対する謝罪は「不適切」などとした通り一遍の謝罪ではない。 井原圭子編集長の辞任と共に、『AERA』の廃刊でもってしか責任の取りようはない。 【「不用意に女性を持ち上げた結果」の女性編集長と女性記者】 朝日新聞(8月7日)は「杉田水脈氏寄稿、出版社の責任は ネットと深化の影響も」のなかで、『新潮45』の今年6月号では、「不用意に女性を持ち上げた結果」「日本がずっと大切にしてきた価値観が失われた」などと主張していたと、これを杉田水脈氏の“女性差別”だと批判した。 しかし朝日新聞は社会常識を欠いた能力のないまま、「不用意に女性を持ち上げた結果」がどうなったか。その持ち上げられた女性編集長自らが、女性である杉田議員の顔を中傷・誹謗して「女性差別」を公然と演じたのである。この場合、「不用意に持ち上げれらた女性」とは、井原圭子『AERA』編集長と浅野裕見子・担当記者になる。 朝日の人格テロから杉田水脈議員の人権を守れ! AERA編集部の女性差別を許すな! 平成30年8月23日 朝日新聞本社前 主権回復を目指す会 日本未来の会 (↓ 画像クリック拡大) 「女の敵は女」と言われるが、まさに彼女こそ女(杉田水脈議員)を敵にし、 しかも顔を誹謗・中傷して人格に対してテロ攻撃を演じた そのテロの実行犯が浅野裕見子・担当記者だ 「女性差別反対」を掲げるご本人達が率先して顔を使って女性差別を行った 『AERA』に残された道は編集長の辞任と廃刊しかない 【動画】 朝日の人格テロから杉田水脈議員の人権を守れ! 杉田水脈衆院議員に対するAERA編集部の人権蹂躙を許すな!(平成30年8月23日 … 続きを読む

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

緊急街宣!朝日の人格テロから杉田水脈議員の人権を守れ

緊急街宣!朝日の人格テロから 杉田水脈議員の人権を守れ <杉田水脈(みお)衆院議員に対するAERA編集部(朝日新聞)の人権蹂躙を許すな> 7月27日、朝日新聞の『AERA』は同誌のウェブ版「AERA dot.」で、杉田水脈氏(衆院議員)の顔が「幸せに縁がない」とした上で、「愛情に乏しく、人の感情や情動にうとい人が上に立つと、理論的には間違っていなくても、人の役には立てないことになりますよね」と発信した。幾ら朝日新聞が、「LGBT問題」で杉田議員の見解に反するとしても、女性の、しかもその「顔」を捉えてまで人を貶め、誹謗中傷するものだろうか!主義主張の相違を越えて、朝日による女性への人権蹂躙を放置してはならない。  【日時】平成30年8月23日(木)12:00  【場所】朝日新聞本社前  【主催】主権回復を目指す会 日本未来の会  【連絡】西村(090-2756-8794) ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを! ◀︎『虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造』  (酒井信彦 日新報道)  著者・酒井信彦が朝日新聞に踊らされる日本人の精神構造を解く。

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

定例街宣「自民党が犯した平成27年度の大罪を糾す」

【定例街宣】 「自民党が犯した平成27年度の大罪を糾す」 「河野談話」と「村山談話」の継承を謳ったのが「首相の戦後70年談話」だ。平成27年度、自民党の売国的外交を初めとした自民党の大罪を追及します。  日時:平成27年12月24日(木) 12:00  場所:自民党本部前  主催:主権回復を目指す会 河野談話の白紙撤回を求める市民の会  連絡:西村(090−2756−8794) 緊急街宣「自民党の堕落は歴史認識ばかりではない!政党交付金の二重取りは詐欺的行為だ」 平成27年12月10日 自民党本部前 (↓ 画像クリック拡大) 自民党と銀行の金権癒着に国民は沈黙するな(平成27年12月10日 自民党本部前) 主権喪失を象徴する対米従属とシナ・朝鮮屈服外交を糾す(同) 【動画】  『愚かなり五郎丸歩選手!君は人寄せパンダか、自民結党大会出席のヨイショ振り』(平成27年12月10日 自民党本部前) https://www.youtube.com/watch?v=jdeXMG20nLo ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを! ◀︎『虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造』  (酒井信彦 日新報道)  著者・酒井信彦が朝日新聞に踊らされる日本人の精神構造を解く。

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

政党交付金の二重取りを許すな!自民党の堕落は歴史認識ばかりではない

政党交付金の二重取りは詐欺的行為だ 経団連、銀行と安倍政権の金権癒着を放置するな 【政党助成金(血税)と企業献金の二重取】 先月、平成26年度末の各政党への企業・団体献金が総務省から公表された。その中でひときわ注目されるのが自民党だ。前年に比べ13%増の22億1千万円だ。経団連が5年ぶりに会員企業へ、自民党への献金を呼びかけた効果が如実に表れた結果である。 そもそも企業献金をめぐっては平成5年に、経団連は金権癒着との国民からの批判を受けて、各業界団体に割り振る「斡旋方式」を廃止した経緯がある。その2年後の平成7年には、「政官業の癒着の温床」をなくすことを目的に政党助成金制度を共産党を除く各党一致で導入して政治献金の一掃を謳(うた)ったのである。 そうした各党の公約の下、我々国民は毎年総額で300億円の巨額な税金を負担している。にもかかわらず、一掃すべき企業・団体献金は未だ放置しているのは、国会議員等による血税と企業献金の二重取りそのもので、詐欺的行為に匹敵する。 その恩恵を最も預かっているのが自民党で、政党助成金は平成15年度見込みで170億円を手にする。議員一人あたり約4千万円にのぼる途轍もない金額である。 一方、銀行の方だが、全国銀行協会の佐藤康博会長(みずほファイナンシャルグループ社長)10月の記者会見で自粛していた政治献金を「各行が独自に判断する」ようにと事実上の解禁を“指示”した。自粛の理由は、銀行は金融危機に際して、自民政権の下で総額13兆円という超巨額の公的支援を受けた。公的支援とは我々国民の血税に他ならない。この後ろめたさが故に、銀行は献金を自粛してきたのである。自民党の選挙圧勝という風にすり寄る、なりふり構わぬ銀行業界の堕落に唖然とするばかりである。 下記は「朝日新聞」(2015年11月28日)だが、銀行と自民党との腐りきった癒着の実体を明らかにしている。↓ 「『二大政党』カネの動きは 政治資金2014年収支報告」2015年11月28日  http://www.asahi.com/articles/DA3S12090191.html 【無担保、個人保証で何と74億円の融資!】 そのなかで、自民党は選挙の度に大手銀行から多額を借り入れている。その残高は14年度は74億円にのぼる。メガバンク3行とりそな銀行からだ。では一体誰が保証人かと言えば、歴代党幹事長と経理局長が個人の立場で保証人になっている。74億円を個人が保証人など、一般庶民感覚からすれば通常あり得ず、まず銀行がおいそれと乗るはずはない。 ここからは記事そのものの転載である。 <自民の複数の関係者によると、借り入れに際しては自民の幹事長と経理局長が個人で連帯保証人になるという。しかし、保証人の経験がある複数の経理局長経験者は「すごい額の保証人では返せっこない」「相当な資産家以外は当事者能力はない」。メガバンク関係者も「党幹部の個人保証をとっても返済できるわけはなく、事実上の無担保融資だ」と語る。返済計画も提出するが、「将来変わる時もある」という了解のもと、契約書には含めないという証言もある。 それでも銀行が巨額の融資を続けるのは、「毎年多くの政党交付金が国から支給され、党の収入が安定している」(メガバンク幹部)ためだ。(略)14年は約157億円を受けた。別の銀行関係者は「国から定期的に収入があり、絶対に倒産しないところに貸すのは堅い」。> 以上、国民の「政党助成金」という血税を担保として、「献金」と「貸し出し」による銀行と自民党との癒着の構図が浮き彫りにされている。 保守とか愛国を名乗る陣営は「朝日新聞」を批判をするがそれはそれで良い、しかし、反日を理由に一切読もうとしない。読んでもネット上のヘッドラインだけ、情報の質的に良い物は良いとしてその取材力、分析には一定の敬意を払うべきであろう。読みもしないで批判するのでは説得力もないし、整合性がまずつかない。 「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」と言うではないか、そうした謙虚さを「朝日新聞」に対しても持ちたいものである。とりわけ産經新聞に対しては、政権与党・自民党を批判出来ない“癒着”を断ち切り、保守派オピニオンリーダーとしての矜持を示す報道を望む。 【定例街宣】 「 自民党の堕落は歴史認識ばかりではない! 政党交付金の二重取りは詐欺的行為だ」  日時:平成27年12月10日(木) 12:00  場所:自民党本部前  主催:主権回復を目指す会 河野談話の白紙撤回を求める市民の会  連絡:西村(090−2756−8794) 緊急街宣 『自民党結党60周年記念式典にもの申す』 平成27年11月29日(日) 品川駅前(新高輪ホテル石榴坂前) (↓ 画像クリック拡大) 自民党結党祝賀会へむかう自民党議員・党員に対して、自民党の腑抜け・堕落を糾弾するが、 反応は皆無だ 「『河野談話』は日本を滅ぼす悪魔の贈り物」だと自民党の歴史認識を厳しく糾弾 お祝いで済ませてなならない自民党60年の負の歴史 保守派が目を背ける自民党の大罪の数々 【動画】 緊急街宣『自民党結党60周年記念式典にもの申す』 https://www.youtube.com/watch?v=7qxa4zhVUNM ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを! … 続きを読む

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

緊急街宣『自民党結党60周年記念式典にもの申す』など11月行動予定

【11月行動予定】 ①最終口頭弁論『荻上チキと金明秀は法廷に出でよ!』  日時:平成27年11月25日(水) 10:00開廷  場所:東京地裁 631号法廷 ジャーナリストの野村旗守氏が原告で、ウェブサイトSYNODOS(荻上チキ責任編集)を発行する株式会社シノドスと、関西学院大学教授・金明秀を被告にした最終口頭弁論が行われる。 被告の二人は野村旗守氏が、「在日特権という言葉の生みの親」などと、全く根拠のないデマを流布した。もって社会人としての原告の評価を著しく低下させ、ジャーナリストとして長年築いてきた信用を深刻に毀損させ、原告の名誉を重大に侵害した。この二人は情勢が不利となるや、法廷には一切顔を出さず、口頭弁論という公の場からから逃げまくっている。実に醜悪、卑怯この上もない二人である。 荻上チキと関西学院大学教授・金明秀に警告する! エセ編集者とかエセ学者の不名誉を晴らすために、来る11月25日は出廷して堂々と己の主義なり主張を展開してみよ。  【参考資料】陳述書、大公開!(野村旗守ブログ)   http://blog.livedoor.jp/nomuhat/archives/1032187583.html ②緊急街宣『自民党結党60周年記念式典にもの申す』  日時:平成27年11月29(日) 13:00 集合・開始  場所:品川駅前(新高輪ホテル石榴坂前) 自民党が結党60周年の記念式典を品川で開きます。 式典に対し、安倍政権に至って加速する「河野談話」と「村山談話」の継承など、自民党の対シナ・朝鮮腑抜け外交の数々を追及し、その集約とも言える「戦後70年談話」の精神的堕落を徹底糾弾する。 主催:主権回復を目指す会 河野談話の白紙撤回を求める市民の会 連絡:西村(090−2756−8794) 「河野談話」の白紙撤回と「戦後70年談話」まやかし糾弾! (平成27年10月29日 自民党本部前) ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを! ◀︎『虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造』  (酒井信彦 日新報道)  著者・酒井信彦が朝日新聞に踊らされる日本人の精神構造を解く。

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。
1 / 41234