なぜに感謝?首相の靖国神社参拝


首相の靖国神社参拝は当然の義務
靖国神社参拝に干渉するなら「日米同盟」を破棄せよ!

日本を取り戻すのなら「河野談話」を白紙撤回せよ!
(平成25年12月18日 自民党本部前)

安倍首相が政権発足一年目を迎える節目に靖国神社を参拝した。我々の予想を”裏切る”ようなゲリラ的参拝であるがしないより、した方が良いのは当然である。参拝は首相に課せられた当然の使命・義務を果たしたまでであり、特段に感謝するものでもない。それよりも安倍首相はシナ、朝鮮に配慮を重ねて参拝を先送りしてきた過去こそ、英霊と我が国民に謝罪すべきだろう。

その評価の上で、今回の安倍首相による靖国神社公式参拝を考えてみたい。

戦没者に対する追悼行為、これは全権を担う政治指導者に課せられた追悼行為の一つで国家、政治制度、民族の違いを超えた共通の使命・義務である。

自民党総裁の靖国神社公式参拝は一国の首相として当然の義務であり、国家のために命を捧げた同胞へ哀悼の意を捧げる行為である。他国からとやかく干渉される筋合いではない。

自民党総裁の公式参拝は一国の首相として当然の義務を遂行したまでである。この純粋な追悼行為には余計極まる言い訳は全く相応しくない。

ところが、安倍首相は参拝後のインタビューで、戦場で散った英霊の冥福を祈るとした上で、「戦争犠牲者の方々の御霊を前に、今後とも不戦の誓いを堅持していく決意を、新たにしてまいりました」(産経12月26日)と語った。正しく、余計極まる言い訳なのである。

公式参拝とこの言い訳めいたインタビューが、あらかじめセットとして段取られた様相で、「不戦の誓い」などと、シナ、朝鮮にゴマするような言辞に強い不快感を覚えてならない。

案の定、シナ、朝鮮は「パブロフの犬」的反応で安倍首相の靖国神社参拝を、先の大戦による「被害国民」の感情を傷つけたとのキャンペーンを煽っている。シナ、朝鮮にゴマをすった言い訳の果てが、こうした反応でしかない。

参考↓
 ①【首相靖国参拝 「慨嘆と怒りを禁じ得ない」韓国報道官、異例の声明】
  http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/131226/wor13122621250024-n1.html

 ②【安倍首相靖国参拝 中国外務省が強い憤り「人類の良識に挑戦」】

  http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/131226/wor13122612510013-n1.html

自民党・安倍政権の公約反故に沈黙を守っていた保守派は、「靖國神社参拝 ありがとう!安倍総理」(頑張れ日本!全国行動委員会)と欣喜雀躍しているが、この靖国神社に関していえば、8月15日の終戦記念日に公式参拝するか否かで評価されることで、国民をツンボ座敷に置いてきぼりにした”アリバイ的”参拝で評価されるものではない。

靖国神社公式参拝に言い掛かりをつけるのは、また歴史捏造を外交交渉に使うのは何もシナ、朝鮮ばかりではない。

米国務省のサキ報道官は26日、安倍首相の靖国神社参拝について「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに米国政府は失望している」と不快感を顕わにした。

自民党・安倍政権は米国に対してこそ、「内政干渉を止めろ!」と警告するべきだ。保守派は安倍首相への「感謝」を示すのであれば、同時に米国への糾弾こそあって然るべきではないのか。靖国神社に口出しする米国との「日米同盟」などあり得ないと。

我々はこれまで幾度も強調しているが、米国は「日米同盟」を装いつつ、慰安婦問題など歴史認識に於いてはシナ、朝鮮と連帯した上で対日外交を深化させていくのである。歴史認識における米、シ、朝の三国同盟に対する危機意識が余りにも日本人には欠如している。

参考↓
 ③【米国務省も批判、首相の参拝に「失望している」】
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131227-00000319-yom-int

 ④【ドイツ、アメリカの親中は欺瞞だ!】(酒井信彦)

  http://sakainobuhiko.com/2013/06/post-228.html

安倍政権のこの度の靖国神社参拝をアリバイ的な「一発芸」に終わらせてはならない。この政権にはまだ「河野談話」の白紙撤回と「竹島の日政府式典」の公約が残されており、ゴマをするかのようなお願いではなく、公約反故と言う背反行為を厳しく問うていかなければならない。

歴史認識など、日本の中共への属国化と朝鮮に対する屈服外交は今に始まったことではない。全て、政権与党の座に居座ってきた自民党政権時代の責任である。自民党が真に生まれ変わるためには、過去の自民党政治に対する、徹底的な検証と自己批判が必要であり、その上で過去の失政を国民に謝罪するべきである。我々はまだこの種の反省なり謝罪を自民党・安倍政権から聞いていない。

 

第103〜106回 アンチ「水曜デモ」
朝日新聞社前、自民党本部前
(↓ 画像クリック拡大)

シナ、朝鮮が大喜びする
「河野談話」と「村山談話」の完全踏襲
(平成25年12月18日 自民党本部前)


第106回/平成25年最後のアンチ「水曜デモ」
(12月25日 自民党本部前)


第103回目アンチ「水曜デモ」
(12月11日 朝日新聞本社前)


新聞を凶器にする
言論のテロリストを徹底糾弾しよう(同)



【動画】 毎週決行!アンチ「水曜デモ」朝日新聞社前定例街宣H25.12.11 第103回




【動画】 毎週決行!アンチ「水曜デモ」自民党本部前定例街宣H25.12.25 第106回

 

 

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!



カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

高田誠の吐く「虚弱体質」(京都地裁)とは


「苦しくてしかたない」(京都地裁)
と裁判長へ泣きつく醜態

糾すべきは
「在日特権」よりも「会長特権」

勧進橋児童公園を巡った京都朝鮮学校とのいわゆる「京都事件」の一審を不服として、主権回復を目指す会の西村修平は徳永信一弁護士を代理人にして控訴手続きを10月に終えている。

なお、この控訴に伴う供託金について同じ被告である在特会の会長・高田誠は、西村修平が「自分は関係ないので供託金を負担する意思はない」とニコ生やツイッターであおっている。↓

    https://twitter.com/Doronpa01/status/409884388252332033

    ●桜井誠 @Doronpa01
    京都朝鮮学校裁判の供託金について弁護士を通じて、該当案件の活動を主催していた主権回復を目指す会の西村修平代表に応分の負担を求めました。西村代表の回答は「自分は関係ないので供託金を負担する意思はない」とのことでした。当時彼に憧れて活動を共にした人も多くいただけに本当に残念です。


【在日特権ならぬ「会長特権」】

しかしこれは全く初耳であり、事実ではない。それよりも、高田誠は弁護士を通じてではなく、君自身が堂々と主権回復を目指す会の事務所へ西村修平を訪ね、在特会の口座で集めたカンパの収支を明らかにした上で、「応分の負担」を求めればいい。何故、それをしない、何故、それができないのか。それ以前に、被告全員が揃った場で供託金の負担をガラス張りで論ずべきであり、それが筋であろう。

西村修平はそれを何時でも待っているし、在特会の事務所へ行っても良いし、事務所でなければ都心に構えている高田誠の住まいへ出掛けても良い。

なお、証人尋問でも明らかになったように、「京都事件」の名目で集めたカンパは在特会の活動資金の口座への入金であり、その収支は高田誠個人が全てを管理している。いわば個人口座である。副会長の八木君も一切タッチしていないことを本人が証言している。このことは裁判で明らかにされた誰でも分かる事実だ。

延べ10数名に及ぶ裁判闘争の浄財を、特定団体の活動資金口座と一緒にするなど通常あり得ない話で、世間に通らない話でもある。しかも、それが不透明なまま、実質、高田誠の個人口座にとは…カンパ詐欺の誹りは免れない。自らの襟を正さずして、どうして「在日特権」を糾すことができようか。「在日特権」ならぬ、高田誠の「会長特権」こそを正さなければならないはずだ。


【印象操作を謀るテロリスト】

さらに高田誠は、「当時彼に憧れて活動を共にした人も多くいただけに本当に残念です」などと、殊勝を装った道徳論をぶって人を貶める印象操作に余念がない。

しかも、ニコ生とツイッターでこの印象操作を発信する。本人西村が知らぬ空隙を利用して行う手段であり、これはテロ行為そのものだ。高田誠は印象操作で人を貶めようとする、紛れもないテロリストと言って差し支えない。この陰険極まる手口は朝日新聞の捏造をはるかに超えた質の悪さである。朝日は新聞という「公器」を武器に、日本民族を狙ったテロリスト。高田誠は、「ニコ生とツイッター」を武器にして印象操作を謀るテロリストである。

在特会の八木康洋副会長へ(12月14日)、高田誠への伝言を託した。伝言の中身は「供託金の負担」について主権回復の事務所へお出で頂きたいと。高田誠は当方への着信拒否を続けて久しくコンタクトが取れない。ここは在特会の幹部や支援者でも良い、上記の旨を高田誠へ伝えて貰いたい。西村修平が一連の「京都事件」と「供託金」について胸襟を開いたお話がしたい。高田誠は一人で不安なら、ボディガードにでも付き添って貰えばいい。


【「虚弱体質」を演ずる精神状態とは】

昨年の11月14日、ゴネ逃げしていた高田誠がとうとう京都地裁に出廷した。その際、傍聴席から失笑が。高田誠は埋め尽くされた傍聴席を背に裁判長に向かって、「私は虚弱体質。苦しくてしかたない」「もう終わりにしてほしい」と泣きついていたのだ。これこそ裁判からの逃走、大醜態である。

1日に4時間も5時間もニコ生に入り浸る“エネルギー”を持っている自称「虚弱体質」が、京都地裁で醜態を演じながら、西村修平を 「裁判から逃げた」 と ニコ生 で吹聴して、印象操作に狂奔しながら、当の西村修平から、いつまでもコソコソ逃げ回るとは一体どういう精神状態なのか?

人間は嘘を吐いてその場しのぎを繰り返したなら、次から次へと嘘の上塗りを施すしか他に生きる道が無くなるものである。次第に嘘が、瞬間的に口を突いて飛び出し、嘘をコントロールできない精神状態が恒常化してしまう。これらの人間を世間では稀代の詐欺師と呼ぶ。

なお、「京都事件」の大義を守る控訴趣意、さらに何故、判決が巨額の賠償金額になったのかは当ブログでおって追記する。

言論並びに批判とは事実を挙げて道理を説くことであって、抽象的な雲をつかむような印象詐術ではない。下記のブログ記事はその理念にそって、高田誠と「京都事件」の一端を衝いたものである。

    ◆【在特会への呼び掛け】(平成24年5月10日 )
     http://nipponism.net/wordpress/?p=14675


     「京都事件の“主役”は主権でも在特会でもない」
     「裁判の打ち合わせまで拒絶する不可解」
     「なぜ?裁判闘争のカンパが一般口座へ」
     「桜井誠会長の“名誉”を守る幹部はいないのか」

    ◆【なぜ? ”逆恨み”するのか桜井会長】(平成24年5月15日)
     http://nipponism.net/wordpress/?p=14875


     「『釈明』する相手を勘違いする滑稽」
     「他者へ『疑惑』を転嫁する卑劣」
     「引きこもりの『ニコ生中毒』『ニコ生依存症』」


人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!



カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

動画/講演会「虐日偽善に狂う日本人」(講師:酒井信彦)


酒井信彦 講演会「虐日偽善に狂う日本人」
11月17日(文京区民センター)


【動画】 講演会「虐日偽善に狂う日本人」(講師:酒井信彦)

 https://www.youtube.com/watch?v=tWqox1bLz8E

◆『虐日偽善に狂う朝日新聞』(酒井信彦 日新報道)の著者が
 朝日新聞に踊らされる日本人の精神構造を解く。


朝日の精神構造は虐日、組織構造は言論テロ組織だ
(平成25年9月11日、朝日新聞の糾弾!第90回 アンチ「水曜デモ」)

<レジュメ>
○日本ナショナリズム研究所 講演会  (平成25年11月17日) 酒井信彦
虐日偽善に狂う日本人
―国家・民族規模のドメスティック・バイオレンス―

1、歴史問題の歴史と私
 歴史問題の歴史、昨年講演    戦後歴史学界の偏向   家永教科書訴訟
 私の間違っていたこと  共産主義の破産で改善されると予想

2、共産主義ではない
 アジアの共産主義者は民族主義者    韓国     もともとアメリカ産
 日本国内   左翼はもちろん自民党の幹部、カトリックの司教まで
 歴史問題による日本攻撃、共産主義が破産して却って隆盛

3、朝日新聞の言論の解明
 文章の実例  国民と共に立たん  本多勝一  サンゴ事件  机上犯罪者
 日本を悪者にしたくて仕方がない  自分は正義を体現している
 慰安婦問題、歴史を捏造してでもやる
 朝日による歴史の反省のウソ    証拠としての社旗問題

4、自虐というより虐日、虐日偽善
 自虐史観という呼称  新しい歴史教科書運動
 自分は痛みを感じない、自分は入っていない
 自分は良心的人間 良心ぶりっ子  凄まじい偽善

5、ドメスティック・バイオレンス
 シナ人・朝鮮人の虐日とシンクロ
 日本人が日本人を虐めまくる 誹謗・中傷 偏見・差別・迫害
 国家・民族規模のドメスティック・バイオレンス  対外的にやるのは世界稀有

6、日本人のアイデンティティの破壊
 東京裁判の目的  精神的に立ち直らせない 大成功 日本は精神の復興に失敗
 シナ人・朝鮮人による東京裁判史観の再構築
 虐日日本人の蔓延  マスコミによる虐日洗脳教育

7、近年の状況
 21世紀からシナ人の日本攻撃が暴力化   中共の経済・軍備の膨張
 2010年秋、尖閣衝突後の急展開      韓国の中共同調
 中共の虐日国家テロと侵略宣言       日本の反応 大和魂の完全喪失

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!



カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

若宮啓文糾弾!
第101回 アンチ「水曜デモ」(朝日新聞本社前)


第101回 アンチ「水曜デモ」
若宮啓文糾弾!朝日新聞本社前 11月27日
(↓ 画像クリック拡大)

朝日とは新聞を凶器にした「言論」のテロリストだ(平成25年11月27日 朝日新聞本社前)


元朝鮮人売春婦の自己申告を、「確認のとれぬまま記事にするような勇み足もあった」
と慰安婦強制連行の捏造を告白した若宮啓文の犯罪を糾弾!(同)



【動画】 朝日主筆・若宮啓文のデタラメ・無責任を糾す!
(11月13日 朝日新聞本社前、第99回 アンチ「水曜デモ」)


人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!



カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

12月行動予定


<12月行動予定>

※予定は随時更新  

①第102回 アンチ「水曜デモ」 

 日時:12月4日(水) 12:00集合・開始
 場所:韓国大使館前

    ◆ソウル日本大使館前に設置した慰安婦少女像の撤去を求め、
     韓国の歴史捏造を糾弾する。

②第103回 アンチ「水曜デモ」 

 日時:12月11日(水) 12:00集合・開始 
 場所:朝日新聞社前
 東京都中央区築地5-3-2

 最寄り駅:地下鉄大江戸線築地市場駅すぐ上 http://www.asahi.com/shimbun/access.html

    ◆朝日新聞は慰安婦強制連行の発信元であり、未だに発信し続けている。
     その捏造責任を徹底追及する。

③第104回アンチ「水曜デモ」 

 日時:12月18日(水) 12:00集合・開始
 場所:自民党本部前

    ◆自民党こそ慰安婦強制連行を世界に定着させた張本人、
     「河野談話」の白紙撤回を自民党に求める。

④第105回 アンチ「水曜デモ」 
  表現の自由を守れ・第三回口頭弁論 

 日時:12月20日(金) 13:10開廷
 場所:東京地裁530号法廷

    ◆五人ルールを強制する不当を裁判で明らかにしていきます。

一般参賀 天皇誕生日 

 日時:12月23日(月・祝日) 10:30集合・開始
 場所:皇居・噴水公園前

    ◆80才を迎えられる天皇陛下の誕生日を参賀、
     11:00のお出ましに参列します。

⑥第106回アンチ「水曜デモ」 

 日時:12月25日(水) 12:00集合・開始
 場所:自民党本部前

    ◆自民党こそ慰安婦強制連行を世界に定着させた張本人、
    「河野談話」の白紙撤回を自民党に求める。

⑦第8回名画鑑賞会『キクとイサム』
   (監督:今井 正 大映映画製作)

 日時:12月28日(土)
    13:00開場 13:30上映開始
 
 場所:神保町区民館

     (千代田区神田神保町2-40 03-3263-0741)
  地図:http://www.city.chiyoda.lg.jp/shisetsu/kuyakusho/007.html
  アクセス:JR都営三田線水道橋駅から徒歩10分、
       東京メトロ半蔵門線・都営三田線・新宿線神保町駅から徒歩5分

     ◆<在日も必見!『キクとイサム』を観てからレイシズムを語ろう>
       アメリカ占領軍との混血児が生きる逞しさを描く日本映画の名作

     ◆会場負担金:500円(任意) ※上映後、忘年会を開きます。

連絡:西村(090-2756-8794)

主権回復を目指す会
河野談話の白紙撤回を求める市民の会
アンチ「水曜デモ」行動会議

第100回 アンチ「水曜デモ」
韓国大使館前〜自民党本部前 11月20日
(↓ 画像クリック拡大)

100回目のアンチ「水曜デモ」は韓国大使館前で実施(平成25年11月20日)


同じく自民党本部前でも、「白紙撤回」の街宣を敢行(同日:自民党本部前)

【動画】

毎週決行!アンチ「水曜デモ」自民党本部前定例街宣H25.11.20 第100回

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!



カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。