小林よしのり、「河野談話」の撤回にケチを付ける妄言


「河野談話」の白紙撤回は日本民族の生存本能

白紙撤回は対シナ、韓国との戦争である

秋田の知人から、「秋田魁新報」(7月25日)が送られてきた。漫画家の小林よしのりの掲載記事(共同通信)で、集団的自衛権を特集した「砂上の平和主義 冷静な保守言論必要」としたタイトルの論評である。 (▶右画像クリック拡大)


【保守を名乗る反日工作員?】

ここではこの自衛権の問題には触れないが、触れざるを得ないのが小林の「河野談話」に対するくだりであり、過去における彼の立場を豹変させた言い分に唖然とする。

これまで小林は一貫して慰安婦強制連行や「河野談話」は、日本を貶めるシナ、韓国による歴史捏造と言って厳しい批判を展開してきた。ところが小林は・・・。
 ↓

  • 本当の保守は、伝統や祖先もだいじにするけれど、国内外のリアルな情勢に冷静に目配りするバランス感覚が大事です。緊張感を持って考え続ける強さが欠かせない。
  • 例えば「河野談話」は問題点も多いが、既に日本外交の基盤になっている以上、見直しや破棄を軽々に口にしてはならない。そう考えるのが保守です(本文6,7段目)

「軽々」とは何のための修飾語か意味不明だが、「見直しや破棄」を口にするなと言っている。つまり、現状では「河野談話」を認め、踏襲すべきだとしか解釈できない。シナ、韓国と安倍政権が大喜びする言い分だ。「そう考えるのが保守」だとしたら、これでは保守云々以前に、保守を名乗る反日工作員と名指しされても返す言葉がないだろう。

【イカサマ保守の見解】

小林の言い分に従って「河野談話」を仮に、「南京大虐殺」「東京裁判」「日米安保条約」「日米地位協定」に置き換えたらどうなるか。全て、「見直しや破棄を軽々に口にしてはならない」ことになってしまう。一体全体、この漫画家は何を言いたいというのか。小林よしのりに忠告する。言うことに事を欠いた挙げ句かどうか知らないが、「軽々」しく軽挙妄動な説教を垂れるものではない。

日本を貶め、民族の誇りを抹殺するのが慰安婦強制連行、これを世界に向かって謝罪したのが「河野談話」だ。談話は単なる歴史認識の問題ではなく、我が皇軍兵士が国家の命を帯び、罪もない婦女子を拉致連行し、性奴隷にしたとする史上最大の冤罪事件だ。
歴代自民党政権はこの冤罪事件を否定しないで、逆に受け入れ、シナ、朝鮮、世界に向かって謝罪したのである。日本国家と日本民族に対してこれほどの名誉の毀損、屈辱的冤罪があるだろうか。これに「軽々」と異を唱えないのが保守だとするのが小林の見解だが、保守は保守でも、こういうのをイカサマ保守というのだろう。

【談話の撤回は民族の生存本能だ】

「河野談話」が発表されて今年で21年を迎える。その間、世界ではアメリカ、オランダ、カナダ、EUなどの議会で慰安婦問題で日本が非難され続けている。

因みにアメリカの下院決議では↓

日本政府は、国際社会が提示した慰安婦に関する勧告に従い、現世代と未来世代を対象に残酷な犯罪について教育しなければならない。

我が国の次代を担う青少年に、先人と民族を貶める冤罪を受け入れて教育せよとする決議である。これほどむなしくも残酷な屈辱があるだろうか。

これら似たような決議が世界で行われている。日本人を意識して、民族としての良心が欠片ほどもあったら、こんなデタラメな「河野談話」を糾弾せずにはいられない。談話の白紙撤回しかあり得ないではないか。「河野談話」の白紙撤回は民族の生死をかけたシナ、韓国との戦争、「河野談話」の白紙撤回は日本民族が生き抜く本能なのである。


100回目のアンチ水曜デモ
(自民党本部前 平成25年11月20日)

主権回復を目指す会と「河野談話」の白撤回を求める市民の会は慰安婦強制連行と談話の糾弾、白紙撤回を求める運動を毎週、「事実をあげて道理を説く」立場で自民党本部前と朝日新聞本社前、韓国大使館前で継続している。

小林よしのりは自らの著作で、読者に「現場に戻れ」と説き、さらには「馬鹿は現場を持たない」とまで散々説教している。説教ばかりでなく、運動の現場に自らの足を運んで有言実行してみたらいい。

さらに忠告の上で警告する!「河野談話」こそ日本民族を抹殺するシナ、韓国による究極の精神侵略だ。そのシナ、韓国のお先棒を担ぐな、安倍・自民党政権の別働隊に成り下がるな。

※参考↓
 『小林よしのり氏に問う』 2012年12月28日
   http://nipponism.net/wordpress/?p=19788
 『幻冬舎へ 回収と削除要求!』 2012年12月31日
   http://nipponism.net/wordpress/?p=19902
 『幻冬舎の言論テロ』2013年1月18日
   http://nipponism.net/wordpress/?p=20095


第137回 アンチ「水曜デモ」
朝日新聞本社前 平成26年7月16日

慰安婦強制連行の発信元である朝日新聞を糾弾
(朝日新聞本社前 平成26年7月16日)


【動画】 毎週決行!アンチ「水曜デモ」自民党本部前定例街宣H26.7.23 第138回


人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!


◀︎『虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造』
 (酒井信彦 日新報道)

 著者・酒井信彦が朝日新聞に踊らされる日本人の精神構造を解く。



カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

アンチ「水曜デモ」裁判で警備課長が出廷


白を黒、黒を白だと証言する
四谷署元警備課長

強制排除は 韓国大使館と
外務省からの要請だった

【事実に反する証言に終始した元警備課長】

韓国大使館前で行われたアンチ「水曜デモ」を巡る裁判で、四谷警察署で当時の警備課長を務めていた工藤徳之警視(警視庁公安部公安第三課)が出廷し、証人尋問に応じた。

法廷はアンチ「水曜デモ」関係者や慰安婦問題で市民運動を行なっている人らで満席だった。これら傍聴人を背に、工藤元警備課長はことごとく事実に反する“嘘”を並べ立てた。

この裁判の最大の争点は韓国大使館前での抗議で、「抗議人数は5人以内」「日章旗の携行は一本」「プラカードの携行は禁止」といういわゆる3点セットである。

この3点セットを工藤元警備課長は「本件各申入れ」事項と称して口頭で提示し、主権回復を目指す会はこれに同意して受け入れたと事実に反する証言を行なった。

しかしながら事実は誰でもが知っているように、機動隊を始め四谷警察署らの屈強な警官らがスクラムを組んで、「3点セット」を拒む我々を実力行使でもって行く手を阻止したのだった。

※参考

【“裸”を強要する四谷警察署】
 http://nipponism.net/wordpress/?p=11909

      ▶韓国大使館前へ、行く手を阻止する警察に取り囲まれる(平成24年3月7日 アンチ「水曜デモ」)

【強制排除を無かったと強弁する無理】

プラカードの「没収措置」を、何と我々が自発的に彼ら警察官に「プラカードを預けた」と述べ、検問所を設けた荷物検査も工藤元警備課長によると、「(原告西村の)承諾を得て、持ち物検査を行なった」と主張、「3点セット」は全て西村修平の承諾の上だとして強制など一切無かったと言い切った。

さらに、力ずくで強制排除される状況のなかで、最低限の抵抗意思として我々がプラカードを裏返しにして大使館前に立たざるを得なかった行為も、また白紙のプラカードを携行した抗議も、警察の強制ではなく原告たちの意思によると述べた。

最も許し難いのは「サイレント・デモ」において、参加者のうち、「1時間に約10名がブースから抜け出し、交通や通行人の妨害など迷惑行為に及んでいた」と主張し、日章旗やプラカードを通行人へ突きつけ威嚇したとまで言い張った。無かったことを有ったとする工藤元警備課長の強弁に傍聴席から失笑が漏れた。

「サイレント・デモ」の際に、ブースから抜け出す者などいなかったし、撮影者は状況を撮る必要があり、ブースから出るのは当たり前の行為ではないか。撮影自体さえも犯罪行為に値し且つ大使館の安全を損なう危険性があったと、強引な主張を繰り返した。

※参考

【アンチ「水曜デモ」の目的とは】
 http://nipponism.net/wordpress/?p=11909

      ▶白紙のプラカードしか掲げられない屈辱に耐える(平成24年10月10日 韓国大使館前)

【韓国大使館と外務省からの要請を受諾した警備措置】

そうしたなかで、田中禎人弁護士からの反対尋問で工藤元警備課長は注目すべき証言をした。
アンチ「水曜デモ」の警備措置に関して、「韓国大使館の職員と面談した」こと、「(警備措置について)韓国大使館および外務省から要請があった」ことを明らかにした。

「外務省からの要請に関しては、四谷署長から聞かされたが、(プラカード類の禁止を含む)3要件の『本件各申し入れ』については、自分(工藤自身)の判断で決めた」と証言。つまり、「3点セット」は法的根拠に基づかない経緯を証言したのだ。

何のことはない。工藤元警備課長はトラブルもなく粛々と進められていた「サイレント・デモ」を、韓国大使館からの要請で法的根拠を無視し、日本人の抗議活動に不当な妨害を加えたのである。

一方、工藤元警備課長は竹島の日(平成25年2月22日)、韓国大使館前で韓国人活動家が安重根を「英雄」だとして写真をかざし、さらに竹島は「韓国領」だと叫ぶ街宣活動を見て見ぬふりをして、やりたい放題のことをやらせた。工藤元警備課長の措置は己の恣意的判断で、韓国人の街宣には目をつむり、日本人の言論活動には不当なる排除を行なった。我々日本人は韓国大使館前で不当なる差別を受けたのである。

四谷警察署の警備は憲法第14条の「法の下の平等」を著しく侵害した。これらを反対尋問されたが、彼は平然と韓国人活動家の存在に「気が付かなかった」とうそぶいた。

東京都の訴訟代理人は西村修平に対して、アンチ「水曜デモ」で使用する「世界に誇る三大売春婦」のプラカードを指し、過激だと反対尋問を行なった。この三人の老女は元売春婦だったことを自ら名乗り、日本に乗り込んで我が国に謝罪と金銭的補償をたかっている。市井の片隅でひっそりと肩身の狭い思いで生活を営んでいる老女ではない。


「過激」とされたプラカード、この三婆は高給売春婦だった

プラカードは過激でも何でもない。過激なのは元売春婦という職業を公にしてマスコミに登場する「三婆」であろう。明後日な印象操作をはかる意図が見え見えの反対尋問だった。


次回口頭弁論

 日時:平成26年8月29日(金)10:00から

 場所:東京地裁705号法廷

※参考 サイレントデモ・アンチ「水曜デモ」とは↓

【ニッポンの紛争地帯をゆく:知ってる? 韓国大使館への抗議で、やってはいけないこと】
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1111/22/news004.html
  「『5人ルール』を破った画期的デモ?」

[窪田順生,Business Media 誠 平成23年11月22日]


第134回 アンチ「水曜デモ」
朝日新聞本社前 平成26年7月2日
(↓ 画像クリック拡大)

慰安婦強制連行の発信元の朝日新聞糾弾!第134回目アンチ「水曜デモ」
(平成26年7月2日 朝日新聞本社前)


日本民族を標的にする朝日新聞は言論のテロリストだ(同)

※なお135回目は、表題のアンチ「水曜デモ」裁判(第7回口頭弁論)になります

 

第136回 アンチ「水曜デモ」
自民党本部前 平成26年7月9日


【動画】 7月9日 第136回アンチ水曜デモ・自民党前




人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!


◀︎『虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造』
 (酒井信彦 日新報道)

 著者・酒井信彦が朝日新聞に踊らされる日本人の精神構造を解く。



カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

警備課長(四谷署)が証人尋問で法廷に

アンチ水曜デモ裁判のお知らせ

警備課長(四谷署)が証人尋問で法廷に

「5人ルール」の全貌がいま明らかに
韓国大使館前での言論の自由を勝ち取ろう!

      日時:平成26年7月4日(金)13:30開廷

      場所:東京地方裁判所 705号法廷 13:30開廷

主権回復を目指す会、「河野談話」の白紙撤回を求める市民の会が遂行している韓国大使館へのアンチ「水曜デモ」を巡る抗議行動で、いわゆる「5人ルール」とプラカード類の携行禁止を強制する不法を糺す裁判が進められている。

この度、当時の警備を指揮していた工藤徳之警備課長(警視庁四谷警察署)が被告側の証人として出廷し、主尋問・反対尋問を受ける。
また、原告からは主権回復を目指す会の西村修平代表が主尋問・反対尋問で法廷に立つ。

整然と遂行されていた韓国大使館への抗議がある日を境に突然強制排除され、日の丸はおろかプラカード類の持参も強権でもって禁止するという警備措置が誰からの指示で、どのように下されたのかが明らかにされる。そして、慰安婦問題の捏造を糺す市民運動に、韓国大使館並びに日本の外務省からの圧力が有ったかどうかなどなど、その実態も明らかにされる。

※参考記事 サイレントデモ・アンチ「水曜デモ」とは↓

【ニッポンの紛争地帯をゆく:知ってる? 韓国大使館への抗議で、やってはいけないこと】
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1111/22/news004.html
  「『5人ルール』を破った画期的デモ?」

[窪田順生,Business Media 誠 平成23年11月22日]

第133回 アンチ「水曜デモ」
自民党本部前 平成26年6月25日
(↓ 画像クリック拡大)

ろくな検証もせず、しかも見直ししない?アベコベ政権の欺瞞を許すな!
(6月25日 自民党本部前)


バス停に雨宿りしながら第133回目のアンチ「水曜デモ」(同)

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!


◀︎『虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造』
 (酒井信彦 日新報道)

 著者・酒井信彦が朝日新聞に踊らされる日本人の精神構造を解く。



カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

「河野談話」、検証の名に値しない政府発表 (山口デモ報告)


河野洋平を追って山口県へ

国賊糾弾!大和魂で
「河野談話」を粉砕しよう 

河野洋平の講演会場前でデモ参加者と共に糾弾街宣を開始
(山口市民会館前 平成26年6月21日)

われわれは、なぜ物事を検証するのか。真偽のほどを事実に照らして正すためである。だとすれば「検証するが見直さない」(菅官房長官)など、これほど整合性のつかぬ話しもない。

家庭で、学校で子供の躾(しつけ)など日常生活のよろしくない点を検証するのは、これを正すことに目的がある。学習の進捗状況、企業の営業実績、自然科学の研究なども同様で、問題点や錯誤があればこれを正すために検証する。世間一般において検証と見直しは一体であり、不可分の関係である。先生が子供のわがままを検証するが、これを是正(見直し)しないなどあり得ない。こうしたあり得ない、世間に通らないことをしでかして平穏無事なのが安倍政権、これを批判すら出来ない現状に唖然とする。

そうした観点から、安倍政権が20日に発表した「河野談話」の検証は、到底検証の名などに値しない。最も「河野談話」に関して、安倍政権は再三にわたって踏襲と「見直さない」旨を明らかにしているのだから、今さら検証も何もない。

※参考↓
 【河野談話「見直さない」 安倍内閣が答弁書決定】
  http://www.asahi.com/articles/ASG413HYRG41ULFA00L.html?ref=reca
 【河野談話、日韓で文言調整 政権検証「事実歪めぬ範囲」】
  http://www.asahi.com/articles/ASG6N46D8G6NUTFK00B.html?ref=reca

下記は「河野談話」のエッセンスである。
  ↓

「その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して
 行われた」

「従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたす
  べての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる」

「これを歴史の教訓として直視していきたい。われわれは、歴史研究、歴史教育を通
 じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固
 い決意を改めて表明する」

慰安婦(売春婦)は世界最古の職業であり、今の時代においても営まれているが、これが「問題」とされたことはない。では、慰安婦の何が「問題」とされるのか。「彼女らが日本国家の意思で軍隊よって拉致連行され、売春婦にさせられた」とすることにある。

安倍政権が検証するのは、正しく「彼女らが日本国家の意思で軍隊よって拉致連行され、売春婦させられた」とする歴史捏造を暴くことにこそあったはずである。したがって、安倍政権が鳴り物入りで喧伝した検証は、根本的問題をスルーしたまやかしと言って差し支えない。

そうしたなかで6月21日、河野洋平が山口市で講演会を開催するとの情報を耳に当地へ、河野洋平と直に対峙できる千載一遇のチャンス。しかしながら、会場には山口県警による厳重な“封鎖”措置で一歩たりとも足を踏み入れることが出来なかった。抗議文の手交はおろか主催者側は、当方との一切の接触を拒絶した。

しかしながら当日は、「河野談話」の撤回を兼ねたデモ行進に河野洋平の糾弾街宣、トニー・マラーノ(テキサス親父)講演会など、市内は一日中、シナ・朝鮮の歴史捏造から日本を守れの声で充満した。

※参考 【慰安婦めぐり隣の会場で火花】
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140621/plc14062121480030-n4.htm


緊急抗議街宣・全員集合!山口県へ
6月21日 (土)「河野談話」撤廃県民集会
(↓ 画像クリック拡大)

「山口県は明治維新発祥の地、この山口を『河野談話』撤回の発祥の地にしようではないか」と訴える
(山口市民会館前 平成26年6月21日)


燃えるようなアジティションで細田政一氏(日本民族行動会議議長)が河野洋平を糾弾(同)


河野洋平と主催者に面会を求めた会場入りを拒む警備員(同)


抗議文を受け取るまで帰らないぞ(同)


河野洋平!出て来て日本国民に土下座しろ!!(同)


主催者である山口の同志らと記念写真(同)


テキサス親父の作製した慰安婦像を前に再会の握手
(山口市民会館 展示ホール 同日)

【動画】 全員集合だ山口県!大和魂で「河野談話」の白紙撤回を勝ち取ろう

 youtube
 https://www.youtube.com/watch?v=5k6HZSRo9To

 ニコニコ動画
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm23847431
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm23847624


 ※参加者の動画も上がっていましたので、併せてご紹介させていただきます。↓

 <よっしー @yosshie34 さんの動画>
 【2014 6 21 河野談話に対する抗議集会&デモ行進in山口 1-3 】
  https://www.youtube.com/watch?v=HabaIY2MQts

 【2014 6 21 河野談話に対する抗議集会&デモ行進in山口 2-3 】
  https://www.youtube.com/watch?v=EkZe_KPNY5I

 【2014 6 21 河野談話に対する抗議集会&デモ行進in山口 3-3 】(※山口市民会館前 ↓)
  https://www.youtube.com/watch?v=MIvLmOqKbBM&feature=youtu.be

 <歴史認識を糺す実行委員会・山口の動画>
 【6/21 河野談話に対する抗議集会&デモ① 】
  https://www.youtube.com/watch?v=ZwzEoOi0ki4

 【6/21 河野談話に対する抗議集会&デモ② 】
  https://www.youtube.com/watch?v=fRgs_l3Wb0g

 【6/21 河野談話に対する抗議集会③ 】(※山口市民会館前 ↓)
  https://www.youtube.com/watch?v=ws_oFZqSd9Q


抗 議 文

亡国の談話を許すな  国賊・河野洋平を日本から叩き出せ!

元官房長官 河野洋平 殿
山口市民文化大学 長谷川滋成 殿
地域情報新聞「ほっぷ」代表 垣内紘一 殿

平成26年6月21日          
主権回復を目指す会 日本民族行動会議  
「河野談話」の白紙撤回を求める市民の会 
歴史認識をただす実行委員会・山口    

【「河野談話」は亡国・売国の談話】

自民党が犯した数ある売国的犯罪のなかでも特筆すべきは「河野談話」と言って差し支えない。「河野談話」とは日本民族を強姦魔という罪人にでっち上げた冤罪であり、途轍もない人権侵害である。
平成5年8月4日、政権与党にあった自民党はこの世紀の虚構を、公明党と一緒になって当時の河野洋平官房長官の「慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話」(所謂、「河野談話」)として発表した。談話は日本政府が「いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる」として、自ら歴史捏造をでっち上げる内容だった。
日本の統治下にあった朝鮮半島では公娼制度があり、その庇護の下で売春婦たちは日々の生業(なりわい)を営んでいた。社会的に最も最下層にあり、経済的弱者の売春婦らが法のもとでその生活が守られていたのである。彼女らは経済苦から娼婦の道を選択せざるを得なかったのである。偏に当時の朝鮮半島の社会的貧困に原因があった。
その朝鮮人慰安婦らが日本人を相手に商売を営んだところで、何故に我が日本が朝鮮人慰安婦らへ「お詫びと反省」をし、金銭補償をしなければならないのか。
今でこそ朝鮮側は慰安婦の「強制連行説」は破綻したので口にこそしないが、「河野談話」は軍による「慰安婦強制連行」が史実であるかのお墨付きを与えた。我が同胞らが国家の使命として彼の大陸で婦女子を対象にした人間狩りをして、売春宿へ送り込んだとする大嘘の歴史捏造がその内容だ。日本民族に対する冤罪に激しい怒りを覚える。

【青少年の頭脳に注入する猛毒】

「河野談話」という冤罪は我が国の誇りと名誉を大きく傷付けただけではない。慰安婦強制連行が教科書にまで記述され、次代を担う青少年の精神に「自虐」という猛毒を注入し続けたまま今日に至っている。日本がかの朝鮮へ末代まで、「お詫びと反省」をするという究極の民族抹殺が「河野談話」である。
「河野談話」は世界に発信され、その効果はどうか。海外において米国、オランダ、カナダやEUなどで日本政府を批判する慰安婦決議が採択されている。心ある日本人の一部が史料に基づき、慰安婦強制連行を否定したとしても、もう世界に定着してしまっている。我が国に対する強請(ゆす)りと集(たか)りの根拠を朝鮮人に提供している。今、連中はソウルの我が国大使館前を始め、米国各地に少女に模した慰安婦像を建立してまで執拗極まる反日・侮日に勤しんで止まない。
自民党が犯した数ある売国的犯罪のなかでも特筆すべきは「河野談話」、これをぬけぬけと発表した元官房長官の河野洋平は国賊の国賊、万死に値する売国奴と断定する。

【虐日偽善の「山口市民大学」と地域情報新聞「ほっぷ」】

万死に値するのは何も河野洋平だけではない。この売国奴の河野洋平を担ぎ、日本を貶めるのに余念のない輩である。その輩の一味が今日この市民文化会館で河野洋平の講演会を企画している。山口市民文化大学と地域情報新聞「ほっぷ」である。
この連中は日本人の顔をして日本語を使うが、日本人としてこの国を愛する心など微塵もない。まとも日本人であるなら、自らを育んだ祖国を強姦魔と蔑んで悦に入ることができようか。日本人の形(なり)を装うが、中身は反日を企むシナ・朝鮮人そのものである。
河野洋平と 長谷川滋成、垣内紘一に問う。君たちに強姦罪を犯した親兄弟、親族がいたとしたらこんな恥知らずを世間に公表し、謝罪などするだろうか。するわけがない。
なぜ君たちはそれが出来るのか。日本人を悪者として貶めたい、途方もない歪みきった欲求があるからだ。日本や日本人を「悪」と決めつけて糾弾することで、自分自身は正義の側に立ったというトンデモナイ錯覚に酔い痴れている。世にこれほどすさまじく、質の悪い偽善があるだろうか。
他人を貶めることで自分を美化し、道徳的優越感を享受したいのであれば、それは根本的に偽善である。日本や日本人同胞を虐げる偽善だから「虐日偽善」と表現すべきである。

こうした「虐日偽善」のイデオロギーは、戦後、日本社会に広く行き渡って、政治家を始めマスコミなど世の末端まで広く浸透している。明治維新発祥の地であるこの山口県とて例外ではないのである。自国の歴史に誇りではなく傷をつけ、国家意識・民族意識を破壊している。この罪は余り重く万死に値すると言っていい。我々心ある日本国民は河野洋平とその共犯者である「山口市民文化大学」並びに地域情報新聞「ほっぷ」を決して許さない。

 国賊・河野洋平を日本から叩き出せ
 「山口市民文化大学」と地域情報新聞「ほっぷ」を解体・粉砕せよ
 虐日偽善の輩を日本海に叩き込め
 大和魂で「河野談話」の白紙撤回を勝ち取るぞ


 

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!


◀︎『虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造』
 (酒井信彦 日新報道)

 著者・酒井信彦が朝日新聞に踊らされる日本人の精神構造を解く。



カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

『朝日新聞研究パートⅠ』(夕刊フジ 酒井信彦)その2


『朝日新聞研究パートⅠ』(夕刊フジ 酒井信彦)
その2 ③~⑤

『朝日新聞研究パートⅠ』(夕刊フジ 酒井信彦)
 №①元朝日新聞記者(松井やより)を中心に開催された政治ショー
    「慰安婦=性奴隷」の間違い 世界に拡散させた模擬裁判(平成26年4月22日)
 №②虚偽に満ちた習主席の講演 積年の中国報道が「貢献」か 共産党指導者の傲慢(同23日)
 №③学生運動との関係 全共闘の論客も紙面に登場 「学生に同情的」(同23日)
 №④過去を断罪 自社の戦時報道を回顧 「本当に反省したのか」(同24日)
 №⑤虐日偽善の姿 89年「サンゴ落書き捏造」 日本人が国家、民族意識を喪失する要因に(同25日)

 №③学生運動との関係
   全共闘の論客も紙面に登場 「学生に同情的」(平成26年4月23日)
(▲画像クリック拡大/PDFダウンロード)  

ページのトップへ△

 №④過去を断罪
   自社の戦時報道を回顧 「本当に反省したのか」(同24日)
(▲画像クリック拡大/PDFダウンロード)  

ページのトップへ△

 №⑤虐日偽善の姿
   89年「サンゴ落書き捏造」 日本人が国家、民族意識を喪失する要因に(同25日)
(▲画像クリック拡大/PDFダウンロード)  

ページのトップへ△

第131回 アンチ「水曜デモ」
自民党本部前 平成26年6月11日
(↓ 画像クリック拡大)

131回目のアンチ「水曜デモ」(自民党本部前 平成26年6月11日)


安倍政権の公約反故、「河野談話」の踏襲を徹底糾弾!(同)

◀︎『虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造』
 (酒井信彦 日新報道)

 著者・酒井信彦が朝日新聞に踊らされる日本人の精神構造を解く。

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!




カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。