平成26年3月行動予定


平成26年3月行動予定
(主権回復を目指す会)

※予定は随時更新 
下記の告知①から⑥の他、定例のアンチ「水曜デモ」終了後・有志が韓国大使館への抗議と二の橋交差点においてチラシ配布等の広報活動を行っています。
14:00 地下鉄麻布十番駅4番出口(一の橋交差点)にてチラシ配布等の広報活動
15:00 二の橋交差点に移動、韓国韓国大使館前での抗議


①第115回 アンチ「水曜デモ」 

 日時:3月5日(水) 12:00集合・開始 
 場所:朝日新聞社前
 東京都中央区築地5-3-2

 最寄り駅:地下鉄大江戸線築地市場駅すぐ上 http://www.asahi.com/shimbun/access.html

    ◆朝日新聞は慰安婦強制連行の発信元であり、未だに発信し続けている。
     その捏造責任を徹底追及する。

② 東京大空襲69周年 米国の戦争犯罪に時効はない 

 日時:3月10日(月) 12:00集合・開始
 場所:アメリカ大使館、JT前

    http://www.jti.co.jp/corporate/outline/jt/map/index.html
    ※ケネディ米国大使へ抗議文の提出あり

焼き殺された同胞の無惨(東京都慰霊堂)

③第116回 アンチ「水曜デモ」 

 日時:3月12日(水) 12:00集合・開始 
 場所:自民党本部前

    ◆自民党こそ慰安婦強制連行を世界に定着させた張本人、
     「河野談話」の白紙撤回を自民党に求める。

第114回アンチ「水曜デモ」(2月26日 自民本部前)

④第117回 アンチ「水曜デモ」 

 日時:3月19日(水) 12:00集合・開始 
 場所:自民党本部前
*

    ◆自民党こそ慰安婦強制連行を世界に定着させた張本人、
     「河野談話」の白紙撤回を自民党に求める。

⑤第118回 アンチ「水曜デモ」 

 日時:3月26日(水) 12:00集合・開始 
 場所:朝日新聞社前
* 東京都中央区築地5-3-2

 最寄り駅:地下鉄大江戸線築地市場駅すぐ上 http://www.asahi.com/shimbun/access.html

    ◆朝日新聞は慰安婦強制連行の発信元であり、未だに発信し続けている。
     その捏造責任を徹底追及する。

⑥第119回 アンチ「水曜デモ」 
  表現の自由を守れ・第5回口頭弁論 

 日時:3月28日(金) 13:10開廷
 場所:東京地裁530号法廷

    ◆五人ルールを強制する不当を裁判で明らかにしていきます。

連絡:西村(090-2756-8794)

主催:主権回復を目指す会 河野談話の白紙撤回を求める市民の会
   アンチ「水曜デモ」行動会議

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!



カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

第10回名画鑑賞会『日本暗殺秘録』(監督:中島貞夫 )



第10回名画鑑賞会『日本暗殺秘録』
(監督:中島貞夫 )1969年/ (東宝)

永田鉄山を弑逆(しぎゃく)する相澤中佐を演ずる高倉健

桜田門外の変からその後の血盟団事件、二・二六事件に至るまでの100年に及ぶ日本暗殺史を克明に描く。維新の後に頻発する暗殺の事態に憂慮した明治天皇は、異例とも言うべき詔勅を日本国民に発布した。

 抑(ソモソモ)維新ヨリ以来 大臣ノ害ニ罹(かか)ル者三人ニ及ヘリ
 是朕カ不逮(ふたい・不行届)ニシテ朝憲ノ立タス
 綱紀ノ粛ナラサルノ所致(致す所)
 朕甚タ(はなはだ)焉(これ)ヲ憾(うら)ム



暗殺は政治変革を促したか、社会革命の触発をなし得たか。暗殺は是か非か、暗殺を越える思想とは。「テロリストのかなしき心」(石川啄木)の何かを問う。

 ◆参考【『ココアのひと匙』(石川啄木)】

     われは知る、
     テロリストのかなしき心を
     言葉とおこなひとを分ちがたき 
     ただひとつの心を、
     奪はれたる言葉のかはりに
     おこなひをもて語らんとする心を、
     われとわがからだを敵に擲げつくる心を
     しかして、そは真面目にして熱心なる人の常に有つかなしみなり
     はてしなき議論の後の
     冷めたるココアのひと匙を啜りて、
     そのうすにがき舌触りに
     われは知る、テロリストの
     かなしき、かなしき心を。


監督:中島貞夫 製作:大川博 原作:鈴木正 脚本:笠原和夫 撮影:吉田貞次 
音楽:富田勲
出演:若山富三郎(有村次左衛門)菅原文太(朝日平吾)千葉真一(小沼正)
   片岡千恵蔵(井上日召)鶴田浩二(磯部浅一)高倉健(相沢中佐)
ナレーション:芥川比呂志

 日時:3月2日(日)
    13:00開場 13:30上映開始
 
 場所:神保町区民館

     (千代田区神田神保町2-40 03-3263-0741)
  地図:http://www.city.chiyoda.lg.jp/shisetsu/kuyakusho/007.html

  アクセス:JR都営三田線水道橋駅から徒歩10分、
       東京メトロ半蔵門線・都営三田線・新宿線神保町駅から徒歩5分

    会場負担金:500円(任意)
    ◆主催:主権回復を目指す会
    ◆連絡:西村(090-2756-8794)


人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!



カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

「竹島の日」、韓国人に“蹂躙”される松江市


「竹島の日」
韓国人に“蹂躙”される松江市

警察が手引き「保証」する韓国人の主権侵害

産経新聞は島根県主催の「竹島の日」式典の当日、集会場所の松江市の周辺を報道している。

 【「竹島の日」式典会場周辺700人警備の厳戒態勢】
  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140222/plc14022219470018-n1.htm


式典会場周辺で横断幕を掲げようとする韓国人らと警備する警察官=22日午後、松江市
Copyright ©2014 sankei.jp.msn.com

「韓国から政治団体が現地入りした。警備に立つ警察官に韓国語で抗議する男性もみられた」と写真入りで、まるで他人事のような報道している。この「竹島の日」に韓国人らが入国し、抗議行動を行うのは式典制定の時から継続されている。

外国人の政治活動を禁止する入管法を蹂躙する行為であり、これら韓国人は徹底的に取り締まり対象となるべき筈だが、わが国警察の厳重な「保護」のもと、堂々と松江入りしている。当日の屈辱的模様を維新政党・新風の鈴木伸行氏がブログで明らかにしている。連中を糾弾する日本人がわが国警察によって強制排除され、韓国人らは身辺の安全が保証されている。一瞬、ここは韓国のソウルかと錯覚してしまう。↓

 【島根県警大失態!崔在翼の脇腹を掴んだ!!】
  http://ameblo.jp/ishinsya/entry-11780124362.html

法治国家として到底あり得ない警察当局の対応であり、主権国家としての体もなにもない。日本の警察当局が彼らを招き入れさせ、我が国民にあらん限りにおける挑発を行わせているのである。韓国人らによる主権侵害行為が日本政府によって手引きの上、保証されているのだ。

今から7年前、平成20年4月26日 に「北京五輪聖火リレー」が長野市で行われた。当日、在日シナ人らは5千人にも及ぶ大集団で長野市に乗り込みやりたい放題の傍若無人を働いた。警察当局はそれを目の前にしながら放置し、逆にシナ人を糾弾する日本人とチベット人を逮捕までした。長野市がシナ人によって占拠・侵略されたのであった。日本の警察当局によってである。警察当局とは、言うまでもなく政府・自民党である。

※参考↓
【悪魔のリレーを黙認するな!長野デモ行進】平成20年4月25日
 http://shukenkaifuku.com/past/KoudouKatudou/2008/080425.html
【長野聖火リレーで暴発したシナ人の横暴に鉄槌を下せ】平成20年4月26日
 http://shukenkaifuku.com/past/KoudouKatudou/2008/080426.html

毎年繰り返される「竹島の日」における韓国人らの騒動は、規模は違えど「北京五輪聖火リレー」と瓜二つと言って良く、松江市は長野市がそうであったように韓国人によって“蹂躙”されていると言って良い。

この主権喪失という現状を受容することは屈辱極まりないが、この屈辱に耐え得る強靱な思想が無ければ主権回復を目指す運動は出来ないのである。


「実効支配(軍事)が全てを決定する竹島問題 」を 神保町交差点で街宣
(平成26年2月22日 )

声明文「竹島、軍事占領という冷徹な事実」

平成26年2月22日  
主権回復を目指す会   

【竹島は紛れもない我が国領土】

日本人による竹島の知見は江戸時代にさかのぼり、1618年には鳥取藩伯耆国米子の町人・大谷甚吉、村川市平衛は同藩主を通じて幕府から鬱陵島への渡海免許を受け、毎年一回鬱陵島に渡航してアワビの採取、あしかの捕獲、樹木などの伐採に従事した。両家は葵の御紋を打つ出した船印たてて竹島近海の開発を進めたのである。この海域は両家の労苦で長く豊饒の海として栄え、多くの海産物を遠く江戸まで送り届けていた。
この我が国固有の領土を韓国は昭和29年(1954年)9月、軍事占領して今日に至っている。この軍事占領に先立って韓国は「李承晩ライン」を一方的に線引きし、我が国海洋資源を略奪し、挙げ句の果てに日本人漁民を銃撃するなど、23人に上る同胞が虐殺されてきた歴史的経緯を忘れてはならない。

【実効支配(軍事)が全てを決定する竹島問題 】

領土の占有は、歴史的背景の真実などではなく、力による現実の実効支配が全てを制する。理不尽な「力」に対し、毅然とした態度で断固たる「力」を示すことによって、初めて我々の道理や正論が国際社会に受け入れられるのである。
ならば、逆に韓国による実効支配が半ば既成事実化されようとしている袋小路を打破し、我々の手に竹島を奪還するために、軍事力を含めたあらゆる手段の行使が求められることは、自明の理である。
竹島問題の本質は実効支配が完了していることに尽きる。領土の実効支配とは軍事占領にある。戦争とは政治の延長、外交上に横たわる国家と国家の軋轢を解決する最終的手段は戦争である。この場合の戦争は誰が決定して、誰が指導するのか。戦争とは政治の延長、つまり政治を生業(なりわい)にする政治家たちである。
その政治家とは政権与党にある自民党、安倍政権に他ならない。
戦争とは偏に彼ら政治家の意志に集約されるのであって、その強固な意志を持った政治家の存在無くして、軍事占領されている竹島を軍事的手段(戦争)も視野に入れての外交交渉など出来るはずがない。見回したところ、わが国で戦争を視野に入れた外交交渉の意志ある政治家は皆無である。

【領土問題の決着は歴史認識や法的根拠ではない】

我々国民はこうした政治家不在のなかで、尖閣諸島を含めた領土問題の解決を模索しているのである。領土問題は歴史認識と同様に、法的根拠の正当性や史料あさりで帰属先又は真実が決定されるものではない。自然科学では実験などの客観的データを集約することによって、万人が納得または屈服せざるを得ない真実が証明される。しかし、領土問題や歴史認識は自然科学と根本的に異なり、現実の軍事的占領や声を大に訴える側にその正当性が存在するのである。竹島問題が教科書に記載されようがされまいが、そのような瑣末なことに心を奪われてはならない。教科書に記載されないのであれば、我々一人一人が粘り強く子供たちに語って聞かせ、強固な国民世論を形成するしか他にない。国民の声に裏打ちされた実力行使なくして、もはや竹島問題の解決はあり得ないのである。

【動画】 
 竹島は日本固有の領土だ!2月22日は竹島の日(神保町交差点)H26.2.22

 

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!



カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

春雪二題『天の花びら』


春雪二題『天の花びら』
吹雪にかすむ内堀と日本武道館(平成26年2月14日 携帯写真)
東京に大雪が降った朝、所用で九段下から北の丸公園を通り抜けた。その一角に九段会館がある。ニ・ニ六事件の舞台となった元軍人会館で、閉鎖中の寂しさに大雪と相俟って往事の時間にタイムスリップした感に襲われた。先日、この事件を描いた『叛乱』(監督: 佐分利信・阿部豊 1954年/ 新東宝)を上映したこともあってのことだろうが。

処刑前の北一輝が西田税(みつぎ)に語るセリフが忘れられない。「西田君、日本で革命は永遠にできっこないな。幸か不幸か・・・」

北の丸公園の近代工芸美術館(元近衛連隊司令部)や皇居近辺は荒涼としたモノクロの世界で、普段とは別次元の空間が広がっていた。この雪の光景は尚更として、映画で描かれた当時の政治・社会状況も、実はあの時と何も変わっていないのではないかと思われて仕方がないのである。


乱舞する淡雪すくへば如月の天の花びら雫と消ゆる
世の汚れ祓(はら)へとばかり降り止まぬ白一色の無垢なる春雪


モノクロの世界と化した北の丸公園(同)

(↑ 画像クリック拡大)

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!



カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

第9回名画鑑賞会『叛乱』



第9回名画鑑賞会『叛乱』
(監督: 佐分利信・阿部豊)1954年/ (新東宝)

数ある2・26事件に関する映画のなかで、他を圧倒するのがこの『叛乱』(監督: 佐分利信・阿部豊)だ。昭和維新を掲げた軍事クーデターの結果は青年将校らの意図とは裏腹の銃殺刑だった。天皇と統帥権を基軸にしたのが明治憲法、その体制の枠組みのなかで模索する限り、青年将校らの主観は空回りするしかなかった。反乱罪とされた2・26事件、青年将校らの葛藤と結末の無念から、刑場の露と消えた彼らに思いを馳せることで維新という革命を考えたい。

監督:佐分利信・阿部豊 
脚本:菊島隆三
撮影:小原譲治
音楽:早坂文雄
出演:細川俊夫 清水将夫 鶴田浩二 山形 勲 安部 徹 丹波哲郎 辰巳柳太郎

 ●参考文献:『妻たちの二・二六事件』 (澤地 久枝 中公文庫)  

 日時:2月11日(火・祝)
    13:00開場 13:30上映開始
 
 場所:神保町区民館

     (千代田区神田神保町2-40 03-3263-0741)
  地図:http://www.city.chiyoda.lg.jp/shisetsu/kuyakusho/007.html

  アクセス:JR都営三田線水道橋駅から徒歩10分、
       東京メトロ半蔵門線・都営三田線・新宿線神保町駅から徒歩5分

    会場負担金:500円(任意)
    ◆主催:主権回復を目指す会
    ◆連絡:西村(090-2756-8794)


人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!



カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。