タグ別アーカイブ: 差別主義者

【街宣告知】 自民党・安倍政権の愚を糺す!

【自民党本部前 定例街宣】 自民党・安倍政権の愚を糺す! 拉致被害者の救済を米国に委ねた愚、 さらなる圧力を撤回する愚  【日時】平成30年6月14日(木) 12:00集合・開始  【場所】自民党本部前  【主催】主権回復を目指す会、日本未来の会、「河野談話」白紙撤回を求める市民の会  【連絡】西村(090-2756-8794) 日本の頭越しに行われた米朝会談は、「日米同盟の強化」「さらなる圧力」(安倍首相)なるシロモノが如何に実体のない空虚に満ちた欺瞞かを明らかにした。 シナは核を持つことで、チベットやウィグルの侵略、天安門事件の虐殺が世界からも不問にされている。北朝鮮も同じだ。核ミサイルを保有することで日本人拉致や国内での独裁政治は不問になる。国家権力の最高形態は軍隊であり、その軍が圧倒的な存在を示す武器が核であり、これを所有することで国家主権は対外的には盤石となる。もはや日本は軍事的に朝鮮に歯が立たない。 朝鮮半島に、米国でさえ一目を置かざるを得ない軍事大国が出現したのである。長期的に米軍は朝鮮半島から暫時撤退するのは間違いなく、東アジアにおける米国の軍事プレゼンスは激変しつつある。蚊帳の外に弾かれている日本は、何時まで「日米同盟」なる幻想にしがみつけばいいのか。 民族統一は朝鮮半島の悲願、北が韓国を緩やかに“併合“し、核ミサイルは朝鮮民族の共有財産となる。今後、南北合わせて7500万人の強大なる軍事大国が日本に対峙してくる。来るべきこの現実をシュミレイションし、受け入れる覚悟又は思想が有りや無しやが、日本民族に問われている。とりわけ昨日まで朝鮮人を、「チョン」などど侮蔑していたネト右翼や保守派はこの客観情勢を潔く総括すべきだろう。 ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを! ◀︎『虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造』  (酒井信彦 日新報道)  著者・酒井信彦が朝日新聞に踊らされる日本人の精神構造を解く。

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

野間易通(?)なる人物

 野間易通(?) 殿 野間易通(?)は 在特会·高田誠とネット中毒の兄弟である 露出趣味と承認欲求が重なる重度の精神疾患 当方と話したいとのことだが、単独で面談も出来ない腑抜けは相手にしない。 第一、この野間易通という名前が本名かどうかも分からず、その出自も不明、電話番号も不明、何から何まで得体が知れず、そんな不審なネット幽霊と話など出来ない。 西村修平を、主権回復を目指す会を糾弾、しばきたいなら、我々は毎週水曜日、韓国大使館と四谷4丁目交差点、さらに第三水曜日12時に自民党本部前にいる。いつでも糾弾、しばきに来ればいい。 我々を「排外主義」とか「在特会と一体」などと糾弾、しばきたいなら、その現場に来ることだ。 そこで我々は慰安婦強制連行が朝鮮人の歴史捏造だと糾弾している。反日朝鮮人に嘘をつくな!と。さらに、在日朝鮮人も同胞の嘘に加担するな!と。 その際、忠告するが、「告知」などして警察(国家権力)の保護を受けないで単独で来ることだ。在特会のように警察におんぶにだっこ、そのような腑抜けな真似だけは見苦しいから止めにしなさい。 https://twitter.com/kdxn/status/311694228784816128 野間易通‏@kdxn 修平が在特会と自分を切り離そうと必死だが、もう遅いと思うよ。 http://nipponism.net/wordpress/?p=21107 … 私にも電話を寄越せとしつこくメールしてくるが、 電話はしませんのでよろしくです。 https://twitter.com/kdxn/status/311748337596510208 野間易通‏@kdxn @kdxn 修平必死やな。http://twitpic.com/caxl4u 不特定多数が閲覧する公のネット空間で、 貴兄 が興じている「書き込み」は精神を病んだ一種の露出狂。露出狂とは、己の最も醜い恥部を公衆の面前にさらけ出し、快感に浸る行為を指す。露出趣味が承認欲求と重なった重度の精神疾患とも言える。 それは明確な「テロ行為」でもあるが、その卑怯・卑劣さは、在特会などの連中、高田誠らと何ら変わりがない。不真面目にしてオチャラケ、新大久保で「春のザイトク祭り」に興ずる輩と瓜二つの兄弟だ。高田誠が、ニコ生中毒に浸かっている状態と同じである。 話の目的が  >あなたを糾弾しに行きます。 ネット上に飛び交うゴミ箱情報だけを妄信して、自らの頭を「印象操作」しているのかもしれないが、実際に会ったことも無い、話したことも無い相手に向かって、いきなり上記のような物言いをする自身の言動は正常な社会人といえない。これでは、到底、社会問題や思想などを語り合える相手となり得ない。 主権回復を目指す会は、ニコ生、ネット並びにツイッター中毒患者を相手にしない。 主権回復を目指す会代表 西村修平   【ニッポンの紛争地帯をゆく:知ってる? 韓国大使館への抗議で、やってはいけないこと】  http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1111/22/news004.html [窪田順生,Business Media 誠 平成23年11月22日] ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

カテゴリー: お知らせ, 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

逃げるな!高田(桜井)誠は証人尋問から

「嘘つき」と決めつけられた在特会 高田 (桜井) 誠 法廷で主張せよ!「朝鮮人を殺せ! 焼き殺せ!」と叫ぶ思想信条を -「京都朝鮮学校」第14回口頭弁論 – 【嘘つき呼ばわりされた高田(桜井)誠】 京都朝鮮学校からの反対尋問を受けるために、9月26日、在特会副会長 八木康洋君と共に京都地裁での第14回口頭弁論に出廷した。 本来、11月14日に在特会の高田(桜井)誠君と共に出廷する段取りが組まれていたが、彼が西村修平と一緒がイヤだを理由に出廷を拒んだので、期日が繰り上がったことによる。よって、高田(桜井)誠君が証人尋問から逃げる理由はこれでなくなった。下手な言い逃れをしないで後は出廷するだけだ。なお、11月14日は当該裁判の当事者として西村修平は傍聴をする予定である。 自分における反対尋問は何事もなく終了。当日は自分より、高田(桜井)誠君が出廷を拒んでいる状況からして、いわば彼の名代で出廷した八木康洋君の証人尋問が最も関心を呼んだ。朝鮮学校側から、八木君への反対尋問は提出された証拠資料に基づいて進められた。証拠資料とは主に八木君のブログと高田(桜井)誠君のニコナマ放送などだった。 こと細かいことは、ツイッターなどネットで流されていると思うので触れないが、高田(桜井)誠君は原告側から再三に亘って、「嘘つき」と指摘されていたことである。刑事事件ならいざ知らず、民事事件において被告が弁護団から繰り返し「嘘つき」と言われるのは奇異だった。 本件訴訟とどれほどの関係があるか分からないが、反対尋問でS氏から寄せられた高額カンパの資金管理の実体、さらに返還された保釈金の行方なども含まれていた。会長を補佐する八木君にしても、高田(桜井)誠君の「嘘」を証拠として眼前に示されては返す言葉もなく、うなだれるばかりであった。 うなだれるとは、八木君が会長を補佐する副会長として、「(その無責任を)どう思うか」との反対尋問に明確に答えられないからだが、傍聴していて「うなだれる」光景は決して心地いい感じではなかった。しかし、これは誰のせいでもない。偏に、法廷で「嘘つき」とまで断定された高田(桜井)誠君に、陰と寄り添う己の不徳を嘆くしかないだろう。ここは当の高田(桜井)誠君に、出廷の上で証言して貰うしか他に方法はない。 【法廷で「朝鮮人を殺せ!焼き殺せ!」と主張して見よ!】 法廷とは証拠に基づき道理を説く場である。法廷は高田(桜井)誠君にとって、「嘘つき」呼ばわりされた不名誉を晴らす絶好の場であり、証人尋問はその機会である。法廷とは君に用意、与えられた晴れの舞台だ。日頃の弁舌でもって、「朝鮮人を殺せ!焼き殺せ!」の心意気を大いに語って貰いたい。己と在特会の名誉にかけ、証人尋問(11月14日)から逃げてはならない。さらに、一万人以上に及ぶと自負する会員の期待を裏切ってはならないはずだ。 高田(桜井)誠君に忠告するが、その釈明する場は京都地裁の証人尋問の法廷であって、決して「ニコナマ放送」の個室空間、独りよがりの場でない。あくまで、万人が見守る法廷の場である。 彼がどうしても証人尋問を忌避するのであれば、在特会幹部と各支部長は代わりに法廷で、「朝鮮人を殺せ!焼き殺せ!」と叫ぶ会長の思想信条を堂々と展開するべきだ。それが君達のしなければならない使命である。出来ないならば、今の内にさっさと運動などから足を洗った方が身のためだ。 法廷における高田(桜井)誠君の代行は、何も在特会幹部と各支部長ばかりに限ったことではない。日頃、この稀代の卑怯卑劣な男と行動を共にし、官権が用意した檻の中で悦に入っている“同士”にも言えることである。「朝鮮人を殺せ!焼き殺せ!」と法廷で堂々と主張して見よ!京都地裁前で「朝鮮人を殺しに来た」と咆哮して見よ! 【参考】 ★『桜井誠の勘違い』  http://nipponism.net/wordpress/?p=14875 “印象操作で他者へ「疑惑」を転嫁するなど、実におぞましく卑劣極まる行為である。この卑怯卑劣この上ない行為に知らぬ振りをする在特会幹部、各支部長も同罪である。” 在特会の高田(桜井)誠会長に対して、西村修平は「卑怯卑劣この上ない」とまでと言い放っている。これに対して、誰一人として異議または批判を寄せてこないのはどうしたことだ。彼が稀代の「卑怯卑劣この上ない」人物であることを自他共に認めたものと理解するまでである。 重複するが、以上のことに関して言いたいことがあれば、主権回復を目指す会と西村修平は何時でも何処でも論争に応ずる。公開討論であればなおさら大歓迎する。 【参考】 ★『桜井誠会長、在特会幹部、各支部長の説明責任!』 http://nipponism.net/wordpress/?p=14675 ★『「ニコ生中継」ではなく、法廷で己を主張しよう』 http://nipponism.net/wordpress/?p=16610 陳 述 書 – 主尋問に関する補足 – 平成24年9月24日   西 村 修 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ, 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。