タグ別アーカイブ: 表現の自由

許せない!Googleの言論弾圧と横暴を

抗 議 文 「許せない!Googleの言論弾圧と横暴を」 Googleから民主主義を保障する言論の自由を守れ!  Google日本法人 殿 平成30年7月6日              主権回復を目指す会 日本未来の会       東京都新宿区下宮比町2-28 飯田橋ハイタウン625           文責・西村修平(090-2756-8794) 【市民運動の知的財産を瞬時に抹殺】 2018年6月5日、Googleから主権回復を目指す会の動画チャンネルへアカウント停止の通知が来た。 なお当会は以前にもGoogleから不当な削除とアカウントが停止された経緯がある。 ◆参考 【絶対に許すな!一方的グーグルの根拠なき動画削除を】(平成22年6月21日)  http://shukenkaifuku.com/past/KoudouKatudou/2010/100621.html これは最近、多くのいわゆる右派系とされる陣営のYOUTUBE動画チャンネルが、YOUTUBE運営(Google社)によって削除凍結される動向と機を一にしており、到底看過できないGoogleの横暴である。 主権回復を目指す会の動画には「長野五輪聖火リレー」や「シー・シェパード」「映画ザ・コーブ」、さらには「慰安婦問題」「シナの領土侵略」「自民党の主権回復記念日反対」「皇統の継承問題」に関する活動や講演会など、貴重な記録が数多く、我々市民活動家に取って金銭に代え難い知的財産だった。単なる財産でない。シナ・朝鮮の日本民族を貶める卑劣な歴捏造、朝日新聞による偏向と歪曲報道を糾し、糾弾してきた思想運動の歴史だった。その精神の歴史を抹殺したのである。形式的な“通告”でもって瞬時に抹殺にした。驚くべき、恐るべき言論活動に対する破壊行為と断定する。 【独裁国家に共通するGoogleの言論弾圧】 民族、国籍、肌の色などなどを問わず、世界の共通の価値理念は民主主義にある。この民主主義は何によって保障されるのか、それは言論の自由でないか。自由、闊達な言論活動を排除、否定したなら民主主義社会並びに国家は成立しない。現在、民主主義を否定した国家と言えば、言うまでもなく世界最大の人権蹂躙・殺戮国家の中華人民共和国であり、日本人を拉致しながら居直りに徹する北朝鮮である。Googleの一方的なアカウント停止措置は、これら両国家に共通する民主主義の否定に他ならず、言論活動に対する不当な弾圧である。 主権回復を目指す会は発足時から今に至るまで、変わらぬ曲げない姿勢はこの言論の自由と民主主義を否定する中華人民共和国と北朝鮮の非道を指弾、朝日新聞の歪曲報道を糾弾することにある。Googleのアカウント停止措置に、この二つの独裁国家よ朝日新聞は大喜びしているに違いない。 因みに、当会が街宣活動を共にする「日本未来の会」(代表・桑野重樹)に対しても、6月6日、桑野氏が管理する【街宣動画チャンネル】にも朝日新聞本社前での抗議街宣動画に操作規制がかけられた。 この動画は【平成30年4月20日 祝!『サンゴ記念日』29周年 「捏造も良いねと君が言ったから4月20日はサンゴ記念日」】だ。 ◆参考【祝!『サンゴ記念日』29周年 街宣報告あり】  http://nipponism.net/wordpress/?p=35798 当日の抗議街宣の趣旨は ①「「サンゴ事件」は単なる捏造報道ではなかった。どこの国にでもある、誰がやったかも知れない落書きを、しかも自らの自作自演の犯罪(落書き)を、あえて日本人に仕立て上げた。それを「日本人の精神の貧困」にあるとまで言い切った。 日本人を憎んで仕方がない精神、これぞ朝日新聞の真骨頂と言っていい ②朝日新聞は戦意発揚を看板に部数を伸ばし巨大軍需産業に成長した。 軍需産業は何も武器弾薬の製造ばかりではなく、マスコミも立派な戦争で利益を得る巨大軍需産業だった さらに、【赤報隊事件30周年、朝日は「やられた背景」こそ直視せよ】に触れ、朝日新聞がかつて「東アジア反日武装戦線」の三菱重工爆破事件に同情(礼賛)を寄せた紙面作りを徹底的に糾弾・追求した。 ◆参考 【赤報隊事件30周年、朝日は「やられた背景」こそ直視せよ】(平成29年5月7日)  http://nipponism.net/wordpress/?p=33916 これら朝日新聞への抗議が、ガイドラインに抵触して困る、または不利益を被るとは何処の一体誰なのか、まさか当の朝日新聞であるとは思いたくないが。Googleはこれに関しても、具体的な事実を例に挙げて万人が納得する説明を行うべきだ。 【言論の自由とは、「事実を挙げて道理を説く」こと】 Googleはアカウント停止の要因として、現在ではなく過去にさかのぼる動画を挙げている。 … 続きを読む

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

大和魂が霞む米国人女性の矜持(きょうじ)

大和魂は何処へ? 命乞いをする日本の人質、 「イスラム国」との解決交渉を拒絶した米国人女性 「イスラム国」に拘束されていた米国人女性ケイラ・ミューラーさん(26)の死亡が確認された。死亡の原因は有志連合の空爆か「イスラム国」による殺害かは判明していないが、彼女の家族へ宛てた手紙が公開された。 彼女はそのなかで、家族に要求されていた身代金について、「私の解放交渉をみんな(親族と国家)の義務にしたくない。重荷になるべきではありません」と解放交渉に応じないよう求め、「(拘束が)ここまで長くなると思わなかったけれど、私はくじけません。どんなに長くかかっても負けません」と記している。 その手紙から長期間の拘留と死への恐怖に挫けない強靱な精神がにじみ出ていて深い感銘を受ける。「イスラム国」による卑劣な要求に、家族並びに国家は決して屈服するなとの強いメッセージである。 ここではどうしても、既に殺害された我が日本人男性の人質(湯川遥菜、後藤健二の両氏)との比較が余りにも対照的に浮かび上がらざるを得ない。湯川遥菜、後藤健二の両氏が拘束された状況がどれほどの過酷なものだったかは、我々の到底把握できるものではないし、一概に論ずることは出来ないかも知れない。その前提においてだが、二人の日本人の人質は家族と日本政府に対して、「イスラム国」の身代金要求に応じて「命乞い」したのである。日本人二人は誘拐される危険を十分予知しており、後藤氏にいたって死を前提に彼の地に足を踏み入れ人質にされた。挙げ句の果てに「イスラム国」の言いなりに“従って”、「解放交渉をみんな(親族と国家)の義務」にしたのである。 つまり、日本の人質との比較で、「イスラム国」との解決交渉を拒絶した米国人女性の精神的強靱さが燦然と光り輝くのである。彼の地で大和魂が光り輝くのではなく、砂漠の霞と消え去った。同じ人質でも誇り気高き米国人と、テロリストに屈服した日本人が好対照に浮かび上がった。 以上は一切の感情を排除した結果、効果の客観的比較である。しかしながら、ケイラ・ミューラー女史との比較で、テロリストに屈服する日本人とその母親の命乞いは醜悪であった。  ※参考  『人質の米女性「私はくじけません」…家族に手紙』  2015年 02月11日:読売新聞  http://www.yomiuri.co.jp/world/20150211-OYT1T50100.html 建国記念日を奉祝する前に、わが国に 主権が存在するか否かを問い正そう 有楽町マリオン前、平成27年2月11日 (↓ 画像クリック拡大) 建国記念日を奉祝する前にわが国の主権を問い直そう (平成27.2.11 有楽町マリオン前) 「日米地位協定」がある限り日本に主権は存在しない(同) シナの侵略に何の役も果たさないのが日米安保だ(同) 第三次安倍政権で“死滅”した議員たち(同) 【動画】 【定例街宣】建国記念日を奉祝する前に、わが国に主権が存在するか否かを問い正そうH27.2.11 https://www.youtube.com/watch?v=41gBcmD-eCE ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを! ◀︎『虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造』  (酒井信彦 日新報道)  著者・酒井信彦が朝日新聞に踊らされる日本人の精神構造を解く。

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

「イスラム国」人質、国益を害した二人の日本人

なぜ?問われないのか自己責任 反吐が出る <I AM KENJI> の偽善 【自らの意志で入った猛獣の檻】 二人の日本人が「イスラム国」に誘拐された事件で一名が殺害され、救出を巡ってヨルダンをも巻き込んで日本政府が右往左往している。事件は「イスラム国」が無防備の民間人を人質にし、これを画像化で世界に発信、殺害予告の脅迫を演出している。且つ金銭を家族らに要求するなど、通常の一般論においては国籍、民族、宗教をとわず非道の誹りは免れない。そうした前提において今回の「イスラム国」人質事件を、いま一度冷静に考えようではないか。 「イスラム国」はイラク、シリアにまたがる地域を制圧し、これらの地域は途轍もない無法地帯と化していて、日本政府のみならず、世界から安全が保証できない超危険地帯として警告が発せられている。これは誰でもが知っていることであり、人質にされた二人の日本人はこの事実を知らないはずがない。 「イスラム国」、つまり猛獣が徘徊している金網の破れた檻と思えばいい。近くに寄ることさえ危険で、ましてや檻の中に入るなど論外の論外、二人は安全地帯で拉致されたのではなく、この檻の中に、警告を無視して自らの意志で、危険を承知のうえで入った。 【自己責任に帰する二人の日本人】 朝日新聞の杉山正記者は、1月25日の「日本人拘束シリア首都では」と題した署名記事で地元女子大生をインタビューして次のような記事を載せている。↓ 「人質になった日本人は『イスラム国』支配地域に自ら行ったと聞いた。シリア人も絶対に行かない危険な場所に、なぜ、と思った」 (マヘール・ガザル 20歳) 彼女が語るように、地元民さえ行かない危険地帯に己の意志で入った。その結果の人質事件であり、責任は日本政府でも何でもなく本人の自己責任に帰結するしかない。重火器で武装し、集団処刑は日常茶飯事の「イスラム国」と日本政府の間で、まともな交渉・話し合いなど成立することは不可能である。 【偽善が匂う「痛恨の極み」】 日本政府、安倍首相にしても端から「人命第一」を掲げたならどうなるのか。テロと戦うどころか、「人命第一」のもとに何から何までが相手の要求に屈しなければならない。「殺す」と脅迫されたら、全ての要求に応ずるという誤ったメッセージをいとも簡単に発してしまった。 安倍首相は日本人一名が殺害されたことを受け、「痛恨の極み」(1月25日)だとNHKの番組で語った。死という厳粛な事実への哀悼なのかも知れないが、偽善が匂う違和感を感じてならない。 殺害された日本人は警告と周囲の反対を押し切って、しかも思い上がった英雄気取りで、「イスラム国」という猛獣の檻に入り、自己責任で殺害されたのである。ある意味で自殺行為と変わらない。こうした死に、安倍首相は「痛恨の極み」なる言葉をたやすく口にしてはならない。口にすべき対象を取り違えている。自殺行為に「痛恨の極み」はそぐわない。 【世捨て人の無責任】 拘束中の後藤健二氏は、生後2週間の子供を置いてシリアへ行ったことが、母親の記者会見(1月23日、日本外国特派員協会)で分かった。その理由たるや、「先に拘束されている知人(処刑された湯川遥菜さん)を助けるため」だったとのことである。 生まれて間もない子供を置き去りにして、「他人を助ける、戦地の子供を支援する」とは、本人は人助けの善人、英雄を装っているかも知れないが、親の義務を放擲した途轍もない無責任である。これぞ、正真正銘の「超偽善」ではないか。血肉を分けた家族をも放棄した人間が戦地の知人、子供、他人の何を助けることができようか。炎上中の二階から「助けて!」と叫ぶ子供を無視し、隣家の消火に熱中・悦にいる戯画そのものである。つまり、自分の子供は死んでも構わないのである。 【反吐が出る <I AM KENJI> の偽善】 どう見ても偽善にまみれた世捨て人の日本人、こんな輩を「正義感」の持ち主などどヨイショするとは笑止千万、いい加減にしろと言いたい。<I AM KENJI> などは反吐が出る偽善である。無責任の結果を糾すこともしないまま、もし仮に無事日本に帰国したならば、この日本人は英雄扱いにされてしまう。こんな不条理、デタラメは許されないはずだが、マスコミの報道でそれを醸す風潮が既に形成されている。 【致命的に欠ける論点】 重複するが、二人の日本人は国内または安全地帯で拉致・誘拐されたのではない。危険と死を承知のうえで「イスラム国」に入ったのである。その結果、どれほどヨルダン国家に混乱を与え、日本の国益を害しているか計り知れない。とはいえ、歴とした彼らも日本国籍を有する日本人、となれば、国家として何処まで彼らの救出に責任を負わねばならないのか、決して無限であってはならないはずである。 この論点が致命的に欠落しているのである。自己責任を問うこともせず、「人命第一」を謳う安倍政権とマスコミ、この風潮に染め上げられる世論、偽善に酔い痴れる日本の縮図を垣間見る思いがするのである。 安倍首相は「イスラム国」から再度の脅迫があったなら、「彼らは世捨て人、人質は焼くなり煮るなり好きなように」と言ってやれば拍手喝采であるが・・・。一部のネットオタクは対「イスラム国」との戦争を勇ましく口にするが、この手合いの世捨て人を救出するために血税を使い、ましてや国民の血を流すことで、国益に叶うものは欠片も存在しない。  ※参考↓   遭難死は自然による「処刑」である   http://nipponism.net/wordpress/?p=14340 ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを! ◀︎『虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造』 … 続きを読む

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

『シャルリー・エブド』、風刺と冒涜は異なる

冒涜なる「表現の自由」には“懲罰”が伴う 血を浴びる覚悟がなければ 「表現の自由」を語るな 【許し難い『シャルリー・エブド』の挑発】 以前から風刺画で物議を醸(かも)していたフランスの週刊新聞『シャルリー・エブド』の編集者らが7日、自動小銃で襲撃され襲撃者を含めて多数の死者と重傷者が出た。死という厳然たる事実に哀悼の念を抱きつつ、且つここでは宗教のそれぞれの教義の是非云々を問わない立場から、熱病の如く世情を席巻している「表現の自由」を問い質したい。 『シャルリー・エブド』はこれまでも幾たびか、イスラム教の予言者ムハンマドの風刺画について止めるよう警告を受けており、今回の事件はそれらの警告を無視して挑発を重ねる過程で起きた事件で、何もこのたび突発的に発生したことではない。 欧米白人列強によるアフリカの植民地支配。 フランスは、第二次大戦下アルジェリアなど、 広大なアフリカ大陸で弾圧支配を行なった (※クリック拡大) 襲撃事件後、同新聞は「(表現の自由には)全てが許される」としたタイトルの特別号を発行した。そのなかで、「イスラム風の衣装をまとう女性が下半身や胸をさらす姿も描かれている」(朝日新聞1月15日)と報じられている。さらに、「私達は表現したいものを表現しているだけ」と風刺画家(レナルド・ルジェ)のコメントを載せているが、イスラムを信仰する側にとっては耐え難い屈辱であり、これ以上の侮蔑的挑発もないだろう。異なる宗教にたいする『シャルリー・エブド』の挑発は、「表現の自由」を装った極めて質の悪い独善主義としか言いようがない。宗教から縁遠い者からしても、イスラムを信仰する彼らの心情は察して余りある。 【無法と化した「表現の自由」】 「(表現の自由には)全てが許される」としたら、これはやりたい放題の無法である。「表現の自由」の名で尊厳の犯される側には、この無法から自らを守る然るべき義務・使命が生ずる。従って、彼らに対する反撃は自衛行為としてその正当性が立証される。『シャルリー・エブド』は圧倒的な国家の庇護を受けながら、己らは安全地帯に安住しつつ、他宗教に冒涜・愚弄の限りを尽くすなど、どう考えても許されることではない。 相手を冒涜・愚弄したに値する返礼を風刺画家らは当然甘受すべきである。やりたい放題なる「表現の自由」を行使するなら、冒涜・愚弄された側からそれ相応の懲罰を受けて当然であり、一方的に襲撃されたかのような被害者面は卑劣なる欺瞞と断定して良い。 世界の宗教界に影響力を持つローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は15日、今回の襲撃事件に対して、表現の自由には「限界がある」と述べ、そのうえで、「他人の宗教をばかにするひとにも(襲撃事件と)同じことが起きる」と警告、「他の人の信仰を侮辱してはならない」と戒めた。正鵠を射た、至極真っ当な見解ではなかろうか。  ※参考↓  【アジア歴訪中のローマ法王、「言論の自由にも限度」】   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150116-00000004-jij_afp-int 【呆れ果てたフランスの「自由・平等・博愛」】 ところで今回、襲撃射殺された被害者の死体を面白おかしく風刺画されたなら、被害者親族や関係者らはどう思うだろうか。彼らはそれでも「表現の自由」を守るうえで「すべてが許される」というだろうか。彼らにそんな寛容さなどはない。 きわどさがウリのフランスの風刺芸人・デュードネ・エムバラエムバラ氏が、テロを礼賛したとして14日にフランス当局によって拘束された。理由は「俺はシャルリー・クリバリのような気分だ」とフェイスブックに書き込んだことだった。バルス首相は彼を「悪魔の伝道師」と呼び、「容赦しない」と糾弾した。 執拗極まりない『シャルリー・エブド』のイスラム風刺画は、フランスという国家権力の庇護の下で行う白色テロそのものであり、表現の自由を騙った恐るべき暴力である。この暴力に対し、我が身を守る術が他にあるのかと問いたい。 異なる宗教への冒涜・愚弄には国家権力を挙げてこれを擁護するが、襲撃された『シャルリー・エブド』に対する風刺・批判は容赦なく取り締まると。明らかなご都合主義に基づくダブルスタンダードであり、フランスが日頃から標榜する「自由・平等・博愛」が聞いて呆れるというものである。「自由・平等・博愛」なるものはフランス人のみに適用される概念であり、異なる宗教や有色人種には適用しない旨を白状してしまった。 フランスは第二次世界大戦後においても、ベトナムを含むインドシナ半島、アルジェリアなど広大なアフリカ大陸を植民地支配していた。我々はその地の人々にフランスが強いてきた苛斂誅求(かれんちゅうきゅう)な弾圧支配を忘れてはいない。フランスは異なる宗教と有色人種に「表現の自由」という説教を垂れる前に、アジア、アフリカ諸国に対して行った植民地支配の罪を懺悔すべきである。 植民地支配下の東南アジア (※クリック拡大) ※参考資料 ◆映画『アルジェの戦い』 (フランス・アルジェリア合作 1966年 監督ジッロ・ポンテコルボ 出演ジャン・マルタン 音楽エンニオ・モリコーネ) ◆映画『パピヨン』 (フランス 1973年 監督フランクリン・J・シャフナー 出演スティーヴ・マックィーン、ダスティン・ホフマン 音楽ジェリー・ゴールドスミス) ◆『アルジェリア戦争 ─ … 続きを読む

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

アンチ「水曜デモ」裁判で警備課長が出廷

白を黒、黒を白だと証言する 四谷署元警備課長 強制排除は 韓国大使館と 外務省からの要請だった 【事実に反する証言に終始した元警備課長】 韓国大使館前で行われたアンチ「水曜デモ」を巡る裁判で、四谷警察署で当時の警備課長を務めていた工藤徳之警視(警視庁公安部公安第三課)が出廷し、証人尋問に応じた。 法廷はアンチ「水曜デモ」関係者や慰安婦問題で市民運動を行なっている人らで満席だった。これら傍聴人を背に、工藤元警備課長はことごとく事実に反する“嘘”を並べ立てた。 この裁判の最大の争点は韓国大使館前での抗議で、「抗議人数は5人以内」「日章旗の携行は一本」「プラカードの携行は禁止」といういわゆる3点セットである。 この3点セットを工藤元警備課長は「本件各申入れ」事項と称して口頭で提示し、主権回復を目指す会はこれに同意して受け入れたと事実に反する証言を行なった。 しかしながら事実は誰でもが知っているように、機動隊を始め四谷警察署らの屈強な警官らがスクラムを組んで、「3点セット」を拒む我々を実力行使でもって行く手を阻止したのだった。 ※参考 【“裸”を強要する四谷警察署】  http://nipponism.net/wordpress/?p=11909 ▶韓国大使館前へ、行く手を阻止する警察に取り囲まれる(平成24年3月7日 アンチ「水曜デモ」) 【強制排除を無かったと強弁する無理】 プラカードの「没収措置」を、何と我々が自発的に彼ら警察官に「プラカードを預けた」と述べ、検問所を設けた荷物検査も工藤元警備課長によると、「(原告西村の)承諾を得て、持ち物検査を行なった」と主張、「3点セット」は全て西村修平の承諾の上だとして強制など一切無かったと言い切った。 さらに、力ずくで強制排除される状況のなかで、最低限の抵抗意思として我々がプラカードを裏返しにして大使館前に立たざるを得なかった行為も、また白紙のプラカードを携行した抗議も、警察の強制ではなく原告たちの意思によると述べた。 最も許し難いのは「サイレント・デモ」において、参加者のうち、「1時間に約10名がブースから抜け出し、交通や通行人の妨害など迷惑行為に及んでいた」と主張し、日章旗やプラカードを通行人へ突きつけ威嚇したとまで言い張った。無かったことを有ったとする工藤元警備課長の強弁に傍聴席から失笑が漏れた。 「サイレント・デモ」の際に、ブースから抜け出す者などいなかったし、撮影者は状況を撮る必要があり、ブースから出るのは当たり前の行為ではないか。撮影自体さえも犯罪行為に値し且つ大使館の安全を損なう危険性があったと、強引な主張を繰り返した。 ※参考 【アンチ「水曜デモ」の目的とは】  http://nipponism.net/wordpress/?p=11909 ▶白紙のプラカードしか掲げられない屈辱に耐える(平成24年10月10日 韓国大使館前) 【韓国大使館と外務省からの要請を受諾した警備措置】 そうしたなかで、田中禎人弁護士からの反対尋問で工藤元警備課長は注目すべき証言をした。 アンチ「水曜デモ」の警備措置に関して、「韓国大使館の職員と面談した」こと、「(警備措置について)韓国大使館および外務省から要請があった」ことを明らかにした。 「外務省からの要請に関しては、四谷署長から聞かされたが、(プラカード類の禁止を含む)3要件の『本件各申し入れ』については、自分(工藤自身)の判断で決めた」と証言。つまり、「3点セット」は法的根拠に基づかない経緯を証言したのだ。 何のことはない。工藤元警備課長はトラブルもなく粛々と進められていた「サイレント・デモ」を、韓国大使館からの要請で法的根拠を無視し、日本人の抗議活動に不当な妨害を加えたのである。 一方、工藤元警備課長は竹島の日(平成25年2月22日)、韓国大使館前で韓国人活動家が安重根を「英雄」だとして写真をかざし、さらに竹島は「韓国領」だと叫ぶ街宣活動を見て見ぬふりをして、やりたい放題のことをやらせた。工藤元警備課長の措置は己の恣意的判断で、韓国人の街宣には目をつむり、日本人の言論活動には不当なる排除を行なった。我々日本人は韓国大使館前で不当なる差別を受けたのである。 四谷警察署の警備は憲法第14条の「法の下の平等」を著しく侵害した。これらを反対尋問されたが、彼は平然と韓国人活動家の存在に「気が付かなかった」とうそぶいた。 東京都の訴訟代理人は西村修平に対して、アンチ「水曜デモ」で使用する「世界に誇る三大売春婦」のプラカードを指し、過激だと反対尋問を行なった。この三人の老女は元売春婦だったことを自ら名乗り、日本に乗り込んで我が国に謝罪と金銭的補償をたかっている。市井の片隅でひっそりと肩身の狭い思いで生活を営んでいる老女ではない。 「過激」とされたプラカード、この三婆は高給売春婦だった プラカードは過激でも何でもない。過激なのは元売春婦という職業を公にしてマスコミに登場する「三婆」であろう。明後日な印象操作をはかる意図が見え見えの反対尋問だった。 次回口頭弁論  日時:平成26年8月29日(金)10:00から  場所:東京地裁705号法廷 ※参考 サイレントデモ・アンチ「水曜デモ」とは↓ … 続きを読む

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。