タグ別アーカイブ: 西村修平

桜井誠の勘違い

なぜ? ”逆恨み”するのか桜井会長 「疑惑」を釈明する相手は講談社と安田浩一氏 討論会「ネット右翼 VS 安田浩一」生中継 『ネットと愛国』をめぐり直接対決! 討論会「ネット右翼 VS 安田浩一」を生中継 (5月12日、文京区民センターにて) 若干しか触れなかった点だが、当日のシンポを欠席した桜井誠君が例によってニコ生でかなり過剰な反応をしたと聞いたので・・・。 【「釈明」する相手を勘違いする滑稽】 1,000万円の「疑惑」の元ネタは「ネットと愛国 在特会の『闇』を追いかけて」(「リーダーの豹変と虚実」第7章)にある。 ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (講談社 g2book) 寄付金の暴露は安田浩一氏が著作の中で明らかにした事実で、西村修平が公表したものではない。桜井君にくれぐれも方向違い、勘違いをしないで頂きたい。 西村は著作を読んで初めてこの「疑惑」を知ったのである。さらに、寄付金を桜井君に手渡したことが真実だと教えてくれたのが、当の澤口さんである。西村修平は1,000万円に関わる「疑惑」の当事者ではない。桜井君は直接関係ない人間に対し、暴露されたと逆恨みしているが、余りにも滑稽である。 桜井君はニコ生でしきりに「釈明」をしているとのこと。しかし、釈明する相手は寄付金を「ネコババ」されたと思っている提供者の澤口さん、さらに「疑惑」を取り上げた安田浩一氏、そして講談社である。1,000万円を桜井君に手渡したことが真実だと教えてくれたのが、当の澤口さんである。桜井君が己の「疑惑」を釈明する相手は西村修平ではなく、澤口さんと安田浩一氏、講談社ではないのか。向きが違うぞ! 【他者へ「疑惑」を転嫁する卑劣】 八木君、大久保君、米田君らは桜井会長へ、向いている方向が明後日だと諭す義務がある。西村修平は「第7章」を澤口さんからのお話で補足しただけ、桜井君の向かう相手は澤口さん、安田浩一氏と講談社であって、西村修平ではない。この西村について、「全部話せないことがある」などと恐喝まがいの詭弁を弄さず、公の場に出て来て全て話せば良いだけだ。なぜ?桜井君はそれができないか。印象操作で他者へ「疑惑」を転嫁するなど、実におぞましく卑劣極まる行為である。 この卑怯卑劣この上ない行為に知らぬ振りをする在特会幹部、各支部長も同罪である。言いたいこと、聞きたいことがあるなら日時、場所を指定すれば、何時でも主権回復を目指す会は公開討論に応ずる。全て在特会にお任せして結構である。 【引きこもりの「ニコ生中毒」「ニコ生依存症」】 口八丁のニコ生と違って桜井君の「疑惑」は講談社の出版物として未来永劫に残る。出版された事実の如何に重いことか。 いや、余りにも重すぎるのだ。在特会幹部と各支部長はこの本を読んだのか、読んでから批判したらどうだ。怖くて読めないのか。人間、余りに恐ろしいと、「見ざる、言わざる、聞かざる」の硬直状態となる。日頃、日の丸と愛国を掲げる在特会がかくも腑抜けの「三猿」とは情けない。 何度でも繰り返す。言いたいこと、聞きたいことがあるなら日時、場所を指定すれば、何時でも主権回復を目指す会は公開討論に応ずる。桜井君はいい加減、引きこもりの「ニコ生中毒」「ニコ生依存症」から抜け出したらどうか。 以下は*澤口さんからのメール(抜粋)、当会事務所にお出でいただければ閲覧できます。 ちなみに*この情報公開は、ご本人の希望によるものです。 ↓ 阪急インターナショナルホテル(平成22年9月6日)で望月さんに誘導されてお会いし、(1,000万円の)紙袋を手渡しましたけれども、中身を出そうとする手をも遮り、誰にも言うなと固く口止めされました。 当時関西では弁護士料とか保釈金の準備に窮していましたのに、何故中の一部でも置いていかないのか不思議でした。そして伊丹空港まで送って行ったにも拘わらず、その夜、無事着いたかどうかの連絡が何時になってもこなくて、大変心配いたしました。 是非とも在特会のお金にまつわる不正を糾して今後寄付者がばかをみないように、保守の闘いがこんなことで潰れないよう、真の正義を貫いていただきたいと願っております。 中谷良子さんの逮捕を受けての桜井会長の「在特会とは無関係、連携したこともない。」「寄付金が減ったらどうしてくれるんだ。」「余罪など出てくる。情報を掴んでいる(カード詐欺をにおわせる発言)」などなど、今まで同じ方向を向いて闘ってきた人をここまで貶める発言に、本当に会長が許せなくなりました。 ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて      朝日新聞書評・中島岳志(5月13日) (画像クリック拡大)   桜井会長よ、釈明する相手は著者と講談社だ。 堂々と論理でもって反駁したらどうだ。 【動画】討論会「ネット右翼 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ, 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

在特会への呼び掛け

桜井誠会長、在特会幹部、各支部長の説明責任! 『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』 (安田浩一 講談社)に寄せて 辛辣な批評、耳に痛い忠言・・・、 「言うものは咎められず、聞くものはそれを戒めとする」(毛沢東) 講談社から上記の本が贈られてきた。中でも気になった「リーダーの豹変と虚実」の第7章から。  平成22年度  総収入 1,822万円 (寄付金 1,543万円)     ※内、1,000万円はS女史から。詳細は本文参照 愛国を名乗る「市民運動」又は「行動する保守運動」の寄付金としては巨額、活動費としてどう使い切れるか余計な心配が、金銭に関しては人間卑しくなるので留意しつつ・・・、他団体の財政ゆえ、口出すことではないが。 しかし、この京都事件に関わる裁判に関し、主権回復を目指す会は歴とした当事者である。従って、若干であるが在特会の桜井誠君との裁判を巡る経緯を明らかにしておきたい。 【京都事件の“主役”は主権でも在特会でもない】 京都事件は関西の4人(中谷辰一郎、荒巻靖彦、西村斉、川東大了)が主役となって仕切り、その結果責任を負った。なお事件発端となった勧進橋児童公園での京都朝鮮学校に対する抗議活動は平成21年12月4日に行われた。 この抗議活動に対する民事訴訟(被告10人)が起こされたのが平成22年6月、さらに同件で4人が逮捕されたのは同年22年8月10日だった。実際のところ、京都事件に在特会(桜井誠会長)は組織として関与していなかった。主権回復を目指す会も同様で、代表の西村も全く関知しておらず、動画が流布されて初めて知った。 中谷辰一郎氏へ殺害予告が送られてきた (平成21年12月13日 大阪・鶴橋) あくまで上記4人が主役だった。このことは当時の動画などの記録を見れば一目瞭然である。ここが肝要な点で、その後に連続して行われた朝鮮学校に関する抗議活動に八木君は参加したが、桜井君は会長にもかかわらず参加を一切しなかった。 【裁判の打ち合わせまで拒絶する不可解】 中谷君は民事を含め保釈金など裁判費用を自前で負担して来た。しかし、在特会は法廷闘争として集めたカンパを弁護士をはじめ、事件に関与した仲間の被告らに裁判費用として幾ら支払ったか「闇」のままである。こと勧進橋児童公園の奪還に関する裁判で、その訴訟費用を不特定多数に募って得た浄財からして「闇」のままではよろしくなかろう。 平成22年9月6日、桜井君とはこの京都事件に関して、逮捕者の救援で京都駅前で電話を交信して以降、彼は今に至るまで着信拒否を貫いている。当日、桜井君が拘留中の西村斉君を、西村修平が荒巻君をそれぞれ面会し、二人の逮捕者の面会が終わった後に京都駅で落ち合い、保釈金並びに訴訟費用の捻出、裁判闘争などの相談を約束した。それが、平成22年9月6日の午前10時であった。 しかし彼はこの約束を、断りもせず一方的にキャンセル、つまりすっぽかした。この後、桜井君は主権回復を目指す会と一切の接触を断ち切っている。なぜ、ドタキャンしたのか、それについて釈明どころか接触を断ち切っている。後日に知ったことだが、彼はドタキャンしたその午後にS女史と阪急インターナショナルホテルで会っていた。桜井君はS女史の車で伊丹空港へ送られ、羽田空港へ帰って行った。私を京都駅に置き去りにしたまま。憶測される「闇」が見え隠れする。 殺害予告糾弾デモ行進 (平成21年同日 大阪・鶴橋) 八木君をはじめ、野沢君(刺青)を通して数え切れない程桜井君にはコンタクトをとるが拒否を貫いている。西村修平は主権回復を目指す会の代表、桜井君は在特会の会長であり、組織の代表がそれぞれ朝鮮学校から裁判で訴えられている。当事者の桜井君が、裁判の打ち合わせまで拒絶しなければならないとは極めて不可解だ。桜井君がこの件で記憶違いなどでの異論があれば、当方は何時、何処でも会うつもりでいる。誤解を解けばいいだけのことである。 【なぜ?裁判闘争のカンパが一般口座へ】 また当会は保釈金や裁判費用捻出の一括口座の開設を、八木君を通して桜井君へ提起しているが梨のつぶてである。事件の内容からして、主役となった関西4人の予想される逮捕、さらに抗議活動に関連して民事訴訟を起こされた裁判などの対策で、「勧進橋児童公園を戦う委員会」(仮称)の設立、それに伴う裁判費用のカンパ口座の開設を平成22年6月末には提起していた。桜井誠君は当方の着信拒否を貫いているので、全て八木君を通してこの件は伝えて来た。 特定団体の活動費と裁判闘争に関わるカンパの口座は厳然と区別しなければならない。こと勧進橋児童公園の奪還に関した裁判であり、仲間ら多数が被告人となった裁判で、公に募る裁判闘争の浄財は在特会の活動資金口座と一緒くたにしてはいけない。別口座を設けるべきである。八木君を通し、桜井君には口酸っぱくこの原則を進言して来たが聞く耳を持たないで無視を決め込んでいる。 主権回復を目指す会は弁護士費用の支払いなどを迫られ、仕方がなく独自に中谷支援口座を開設(平成22年8月17日)、義捐金を募った。9月14日に、遅れていた中谷辰一郎氏の着手金と保釈請求など90万円をとりあえず送金している。主権回復を目指す会は帳簿を作成・保管し、その使途についてホームページに掲載している。 公園不法占拠を許すなデモ行進 (平成22年3月23日 京都・勧進橋 ) しかし、長期の裁判とそれに伴う訴訟費用など、問題をこのまま放置は出来ない。しびれを切らした当会は八木君に、裁判の闘争委員会設立と共に一括口座を開設するか否か、その返答を平成22年12月末を最終期限と伝えたが、放置されたままである。 なお、桜井君は京都事件に関して、複数回にわたる京都での抗議行動(毎日放送、京都朝鮮学校並びに京都弁護士会)には一切参加していない。にもかかわらず、裁判費用だけは執拗にカンパの要請をつづけている。集めた裁判費用は、京都事件に関わった仲間の訴訟費用として主役4人を中心に、被告になった仲間にも分かりやすく配分すべきは当然。延べ10数名に及ぶ裁判闘争の浄財を、特定団体の活動資金口座と一緒にするなど通常あり得ない話だ。世の常識を知らぬではあるまいに。 なお、保釈金に関しては判決確定後に、保釈金立替者に返還すべきは当然であり、不明のままにしておいてはいけない。しかも民事裁判は未だ継続中であり、ろくすっぽ裁判をまともに戦わず、義捐金だけを募っては「愛国詐欺」と誹られても返す言葉がないだろう。「地方支部設立」と称して観光旅行をしている暇など無いはずだ。 【桜井誠会長の“名誉”を守る幹部はいないのか】 この勧進橋児童公園に関する裁判は西村修平と桜井君との単なる私的関係ではない。活動に参加した人達や取りわけ浄財を送られた多くの方々への重い責任が生じている。その自覚が完全に欠落しているゆえ、当方は裁判の当事者として、桜井君に対して私的感情を抜きにした意見を披露している。桜井君が「ニコ生中継」に閉じこもり、当方との接触を一切拒絶している故、こうした経緯について「披露」せざるを得ない。 自らを正すこともせず、「在日特権」なる不正を一方的に叫ぶ道理は成り立たない。在日特権ならぬ「会長特権」を許さないぞ!と言われないためにも、5月12日のシンポジウムには参加され、己の見解をしっかりと示すべきだろう。 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ, 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

討論会「ネット右翼 VS 安田浩一」を生中継

【告知】講演とシンポジウム 『ネットと愛国』をめぐり直接対決!  討論会「ネット右翼 VS 安田浩一」を生中継 ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book) 一部:講演(安田浩一) 「ネットと愛国 在特会の『闇』を追いかけて」の出版にあたって 二部:シンポジウム 「この本に異議あり! 安田浩一(朝鮮人?)にもの申す!」 パネリスト:安田浩一(確定) 桜井 誠(交渉中) 西村修平(確定)       金友隆幸(確定) 山口祐二郎(確定) 西村 斉 (交渉不能)       他多数       ◆呼び掛け:在特会の幹部、各支部長の出席大歓迎! 司会:野村旗守 (参加者からの質疑歓迎 ネット生中継)      ◆g2チャンネル・ニコ生中継:            http://live.nicovideo.jp/gate/lv92363394       ◆ustream中継:http://www.ustream.tv/channel/koudoudouga      ◆当日、登壇者の撮影・討論会の中継は基本的に自由ですが、       中継につきましては事前に主催者側にお申し出下さい  日時:平成24年5月12日(土)18:00開場 18:30開演 場所:文京区民センター 2ーA会議室   東京都文京区本郷 4-15-14 03(3814)6731  http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754  アクセス:地下鉄 春日(大江戸線、三田線)、       後楽園(丸ノ内線、南北線)、水道橋(JR)  ※会場負担費:千円(学生500円)  主催:主権回復を目指す会 西村 (090-2756-8794)   ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

カテゴリー: お知らせ, 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

ソウル放送のインタビュー

竹島、慰安婦問題など… SBSに答える  「あなたは韓国を好きですか」 と尋ねるソウル放送のインタビュー  SBSソウル放送のインタビュー(主権回復を目指す会事務所にて 2月28日) 2月末にかけてソウル放送からインタビューが2件あった。放送日は未定の特集番組『日本のネット右翼とその周辺』(仮題)と、3月1日に放送済みの朝の情報番組だった。3月1日は韓国の祝日である三一節(三・一独立記念日)、これにちなんだ番組ということであった。 番組の制作部署はそれぞれ異なり、26日は制作本部プロデューサーの金元泰(キム・ウォンテ)氏が、28日は禹順命(ウ・スンミョン)制作本部プロデューサーが主権回復を目指す会の事務所を訪れ、インタビューをおこなった。 インタビューは「慰安婦問題」「慰安婦像(ソウル)」「竹島問題」などに集約され、主権回復を目指す会としての基本的見解を述べた。以下はその概略である。 ◆慰安婦問題について 慰安婦の存在は朝鮮半島に日本統治以前からあったし、現在の韓国にも売春婦は堂々として存在している。しかしながら、慰安婦は存在するが、「慰安婦問題」は存在したことはなかった。 日本にもかつては公娼制度のもとで多くの慰安婦がいた。日本統治下の朝鮮半島では勿論、公娼制度という法的庇護で慰安婦らはその弱い社会的存在が守られていた。 慰安婦らの家庭は皆それぞれ生活が貧しくて、そうした家では長女などが己の人生を犠牲にして、親兄妹のために「身売り」してその道で働かなければならなかった。極めて同情すべき境遇であり、当時は日本も貧しかったが、朝鮮半島はなおさらのことであった。そうした方々は日本にも朝鮮半島にもたくさん存在していたが「問題」にはならなかった。 全ては貧困が原因であり、その貧困が原因で慰安婦になったとしても、なぜ「謝罪」云々が持ち出されるのか。ましてや、なぜ日本人が「謝罪」しなければならないのか。主権回復を目指す会は彼女らに同情するが、「謝罪」云々を言われる筋合いは全くないとの信念である。元慰安婦らが日本政府に「謝罪」を求めた挙げ句、金銭まで要求するなどに至ってはゆすり、たかりと同じである。 なお、慰安婦強制連行について言えば、この問題で有名な金学順と文玉珠は『証言集』(韓国挺身隊問題対策協議会)などで強制連行されたと証言していて、彼女らは日本政府を相手にした裁判の原告でもあった。この二人の訴状には慰安婦になった経緯は述べられているが、いずれもキーセンとして「身売り」されたと証言している。過去の証言と真実を争う訴状が全く食い違っている。さらに、彼女らの身辺で二人が強制連行されたなどと証言する人は一人もいない。慰安婦強制連行は捏造であり、でっち上げだ。これが真実である。 しかしながら、この慰安婦問題を厄介なものにしたのは韓国ではなく他ならぬ日本である。それは自民党による「河野談話」であり、当会の主たる活動はその元凶たる「河野談話」の白紙撤回にある。 ◆「慰安婦像(ソウル)」について 日本人の民族感情として絶対に許せない。市民運動として、あらゆる手段を駆使して撤去を戦うだけである。幼気な少女を模した像の建立などこれ以上の日本に対する敵対はないと我々は考えている。でっち上げによる慰安婦問題で、次代を担うわが国青少年に歪な贖罪意識を注入させる訳にはいかない。 今現在、我々が在日韓国大使館前で行っている「アンチ『水曜デモ』」は、慰安婦像(ソウル)に対する反撃である。このデモで韓国側の民族感情が傷つけられたならば、それは、自業自得というものであり、嫌ならば直ちに慰安婦像(ソウル)を撤去するべきである。我々はやられたら必ずやり返す覚悟だ。我々は何も好きこのんで、韓国大使館前で、「アンチ『水曜デモ』」を強行しているわけではない。 ※なお、下記の写真を禹順命氏に示し、感想を逆に尋ねたところ、氏は顔をしかめて「これは多くの韓国人から非難を浴びている」と語った。 平成22年2月21日、民団前で 韓国での反日デモ。わが国の国鳥である雉を惨殺し、 その生血を日章旗に滴らせる朝鮮人の蛮行 ◆「竹島問題」について インタビューは歴史論争の場ではなく、且つ双方の言い分があるので領有権の詳細は述べない。ただいえるのは、1905年、明治政府は竹島を島根県に編入し、国際的にも日本の領土になった。しかし日本の敗戦後、GHQは竹島を沖縄や小笠原諸島と同様に、日本の行政権から外した。こうした戦後のどさくさに紛れて、1952年1月18日、李承晩韓国初代大統領は、いわゆる「李承晩ライン」を設け、韓国は竹島とその周辺海域を実効支配するに至った。 歴史認識や領土問題を社会科学の領域として捉えたなら、その真実性は客観的データを収集して唯一の答を導き出す自然科学と根本的に異なる。歴史認識では声の圧倒する側に主張する真実が定着する。領土問題における真実性(領有権)は、歴史の経緯ではなく実効支配にある。領土問題の目的は占有することにあり、帰属先を歴史的経緯に求める論争ではない。実効支配の有無、とりわけ軍事支配が全てを決定する。 竹島問題に関する限り、残念ながら日本は韓国に敗北を喫していると認めざるを得ない。なぜならば軍事支配を許しているからである。この状態で竹島を韓国から奪還するとしたら、最終的な手段は軍事による解決である。戦争とは政治の延長であり、外交とは国家間の政治である。 国家間の紛争を解決する手段は、他に手だてがなければ、好むと好まざるとに関わらず、最終的には政治の延長にある戦争へと行き着く。 戦争が政治の延長だとすれば、戦争を戦うのは軍人ではなく政治家である。戦争を始めるのも、終結させるのも軍人ではなく政治家である。わが国が韓国から竹島を取り返す意志があるのなら、最終的に戦争を視野に入れた外交交渉を遂行する政治家の有無にかかっている。その強烈な意志を持つ政治家だが、国会議員らにそうした人を見いだせない。日本人として残念であるが、受け入れざるを得ない敗北の現実である。 だからといって、政治家の体たらくを前に我々日本人が沈黙などできない。愛国を自覚する日本人が2月22日、竹島奪還を叫ぶのは、国家の主権を守るべき政治家の代わりを演じているのである。 ◆在日についてどう思うか。韓国、韓国人は好きですか。 人間は国籍とか民族を選択して生まれることはできない。これは宿命である。誰を恨むこと無く、人間はこの宿命を粛々として受け入れるべきではないか。在日に関していえば日本列島に生を受け、この国で生きるならば、わが国の文化と伝統を尊重・慈しみ、国家社会のために尽力して頂きたい。腑抜けな日本人に活を入れるため、日本を活性化するうえで、そうした意識を自覚する在日を歓迎することこそあれ、排斥する考えは主権回復を目指す会にはない。 日本、韓国を問わず、何処の国にも長所と短所があり、それはその国の文化に根ざしたところから生じている。国、社会条件が違えば長所短所は入れ替わるもので一概に、好きか嫌いかという問いには答えられない。お互い、「嫌い」を文化の違いと捉える発想が必要なのでは。 従って、お互いの違いを軽蔑するのではなく、尊重する大きな度量を持ちたい。人に関していえば、我々は国籍を選択できないで出生する。国家間が国益をかけて対峙したとしても、個人と個人が対立するような状況は生じさせてはいけないと思う。慰安婦問題、竹島問題であなたと意見を異に対峙しても、情感は通い合えるということができるように。日韓に存在する問題の多くは、日本側がはっきりとした本音を言わないことに多くの原因があると思う。問題を先送り先送りする悪しき前例を、今こそ日本人は断ち切らなければならない。 【ニッポンの紛争地帯をゆく:知ってる? 韓国大使館への抗議で、やってはいけないこと】   http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1111/22/news004.html [窪田順生,Business Media 誠 平成23年11月22日] ←【拡散】アンチ水曜デモ【リンクフリー】 リンク先:http://shukenkaifuku.com/?p=598 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ, 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

国民必見の「杜撰」捜査全貌

「疑惑」の現場・洋品店に 千葉英司(東村山署元副署長)が何故? 誰も信じない!朝木明代 (東村山女性市議) さん自殺事件 今から16年前にさかのぼるが、オウムサリン事件、阪神淡路大震災などと並んで日本中を騒がした大事件があった。 それは平成7年9月1日のことだった。議会で創価学会を厳しく追及していた東村山市議・朝木明代さんは、この日の夜10時頃、東村山駅前のビルから、何者かによって突き落とされ死亡した。 東村山署(千葉英司副署長、須田豊美刑事)の対応は朝木さん本人であることを知りながら、家族に連絡することもなく、検死もしないで荼毘に伏そうとし、万引きを苦にした「自殺事件」として処理した。 これが後にいたって杜撰の杜撰が重なるデタラメ捜査だったことが判明する。マスコミの報道によって、事件は「疑惑」として日本中に大反響をもたらした。 創価学会信者で八王子検察庁の吉村弘支部長(当時)は、同じく創価学会の信者である信田昌男検事をこの事件担当に任命、この創価信者の検事らは自らが創価信者であることを内密にして遺族に接していたことも判明した。 この事件で千葉英司から二件の名誉毀損などで訴えられた民事裁判の判決が26日に下され、東京地裁立川支部民事3部の市川正巳裁判長は千葉に対する30万円の支払いを命じた。 我々の最も不可解とするところは千葉英司が「疑惑」とされた事件現場、朝木さんが万引きをしたとして送検されたその「洋品店・スティル」の店番をしていた(平成20年9月1日)ことである。万引きが起きたその現場で、事件を担当した捜査の最高責任者が店番!? 「事実 は 小説 より 奇 なり」、これがどうして憶測を呼ばずにいられようか。様々な疑念が飛び交うことは必然であろう。 附記した資料はこの裁判の証拠資料で、西村修平と千葉英司の「証人尋問」の写しである。「論より証拠、百見は一読に如かず」、捜査の杜撰さが浮き彫りにされている。 【国民必見の尋問証書(西村修平編)、東村山の「闇」に光を】  http://shukenkaifuku.com/?p=535 【国民必見の尋問証書(千葉英司編)、東村山の「闇」に光を】  http://shukenkaifuku.com/?p=509 (↓ 画像クリック拡大) 日本中を騒がした事件を風化させるな 全ての疑念はこの副署長の”店番“から始まった 「私は創価学会員です」と名乗り 妨害を仕掛ける信者 「中野区民はみーんな知っている高倉良生 (公明党)のガソリン代不正請求」で有名な 槇泰智氏が自公連立を糾弾 動画【なぜ?元副署長が事件現場の店番を!?】 youtube http://www.youtube.com/watch?v=5tWQ21O7IUc ニコニコ動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm16802012   ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

カテゴリー: お知らせ, 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。
49 / 51« 先頭...102030...4748495051