タグ別アーカイブ: でっち上げ

安倍訪米、「抑止力」という保守派の幻想

大和魂が泣く! 「抑止力」という米国へのカルト的依存 「戦後体制からの脱却」(櫻井よしこ) とは 日米安保体制の全面見直し・破棄である 【主権喪失を無視する首相の訪米賛歌】 安部首相の訪米を評価する声がいわゆる保守派を席巻している。その保守派を代表する産経新聞が、「日本を立て直す使命」と題した櫻井よしこ氏の記事を掲載した。本文冒頭から、「安部首相の訪米は大きな成功であった。日米ガイドラインの見直しによって、首相の持論である戦後体制からの脱却に一歩近づいた」と手放しの礼賛である。同女史は保守派のオピニオンリーダーと称され論客であるからして、訪米礼賛は保守派の考えを代表・集約していると思ってそうズレはないだろう。  ※参考 『日本を立て直す使命』(櫻井よしこ)  http://www.sankei.com/column/news/150504/clm1505040008-n1.html この記事を論考する前に、外交とは何かを考えてみたい。外交とは主権を確立した国家間の交渉を指す。日米で言えば、双方の国家主権の確立を前提として、始めて対等な外交関係並びに外交交渉が成立する。 【外交とは主権の確立が前提】 しかし、日米間にこの前提、日本の主権が存在するのか。主権を喪失したなかでの外交は極めて歪な結果しかもたらさない。櫻井女史の掲載記事にはこの主権の捉え方が致命的に欠落している。 主権とは何か、他国の干渉によって侵されることのない国家の統治権をいう。国家権力の 集約が統治権であり、その最高の形態は軍隊である。 この軍隊が国家の管轄下に置かれて正常に機能してこそ主権国家であり、他国の干渉から国家の尊厳、生存権を守り抜くことが出来る。国家の主権たるや、軍事の独立なくしてあり得ない。「国家とは暴力装置」(マックス・ウェーバー)、「鉄砲から政権が生まれる」(毛沢東)はこの軍事主権を言い表している。 では我が日本はどうなのか。 昭和27年4月28日、サンフランシスコ講和条約が発効すると同時に日米安保条約も発効した。同時発効、ここにこそ最大の矛盾とまやかしが存在する。 本来、対外的条約(日米安保)は戦勝国との講和条約が発効され、わが国の主権が確立・安定した後に、つまり米国を含む全ての占領軍が日本全土から撤退した後に結ばれるべきはずであった。日米安保は軍事条約である。この条約が締結されたのは講和条約が発効される前、昭和26年9月8日である。日本が軍事占領下におかれ、わが国は占領軍によって何から何まで支配されていた。国家主権が存在しない中で締結されたのが日米安保条約である。主権が存在しない状況下で締結された条約は無効でしかあり得ない。同時発効はレトリックなのである。無論、憲法においては言うまでもないことである。 【「戦後体制からの脱却」とは日米安保体制の全面見直し・破棄である】 サンフランシスコ講和条約で日本は敗戦処理を決着させ、”主権を回復”した。しかし同時に「日米安保条約」を結んだ。それによって、米軍基地を恒久化して事実上の占領政策が継続されているのが現状、我が国は外交・軍事における主権を回復できないまま今日に至っている。つまり、我が日本は主権を確立した独立国家でなく、米国の州に準ずる”国家”と言える。 しかも、「日米安保条約」とそれを補完する「日米地位協定」によって、わが国には米軍が占領軍として常駐し、沖縄ばかりか全土に基地を張り巡らしている。航空法を始め、日本の法律の規制を受けることなく、米軍機は縦横無尽にわが国領空を飛びまわっている。取り分け、首都圏の広大な空域が米軍横田基地に管制支配されている。対空レーダーシステムも全て米軍の指揮下においてしか機能しないのが自衛隊の現状だ。主権国家として、世界を見回してもあり得ないのが我が日本、そして日米関係である。 軍事主権が存在しないなかで、何をどう考えても日本が主権国家とは言えまい。主権を喪失し、軍事支配されている日本が、米国と対等な外交関係など結べる訳がないのは自明の理ではないか。 櫻井女史が、「戦後体制からの脱却に一歩近づいた」と断言する根拠が途轍もなく不可解である。「戦後体制からの脱却」とは戦後70年に亘る米国の軍事支配からの脱却であろう。安部首相が言う「戦後レジームからの脱却」とは、日本民族の頭上に君臨しまくっている「日米安保条約」と「日米地位協定」の破棄並びに全面見直しでしかない。  ※参考 【本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」】  前泊博盛 (編著)/創元社 【「抑止力」という名の幻想】 国内での議論(国会への法案未提出)も経ないまま、安部首相が米国議会で日米ガイドラインの全面見直しを公言することこそ、主権喪失、対米従属の深化・屈服を示す何よりの証明ではないか。 「日米安保条約」や在日米軍基地を、櫻井女史を含め保守派はシナに対する軍事的拡張への「抑止力」を挙げるが、これも事実に即しない主観的見方、願望でしかない。 シナによる尖閣諸島の領海侵犯は恒例化までして誰も驚かない。伊豆諸島・小笠原諸島での国旗を掲げたサンゴ資源の略奪に手足も出せない。南シナ海での岩礁埋め立ては猛スピードでのやりたい放題で、もう誰も止められない。米軍はこの事態に至るまで何かしてくれたのか。「日米安保」や「地位協定」は、一体これらの何処の何に、「抑止力」が働いているのか。自らは戦いもせず、敵の侵略を米軍に肩代わりして貰う、腑抜け・怠惰の発想が蔓延している。保守派が言う「抑止力」とは、「信ずる者は救われる」とする米国に対するカルト的依存心と言ってもいい。 【「日米安保条約」を当てにする腑抜け、シナと戦うのは大和魂を掲げた日本人だ!】 我が祖国を守るのは日本民族の大和魂であって、米軍基地や「日米安保」、「日米ガイドライン」ではない。わが日本民族はつい70年前は特別攻撃隊を繰り出して米艦船に突入し、彼の敵国と戦った。保守派や愛国を語る陣営が、よもやこの歴史を忘れた訳ではないだろう。特別攻撃隊、戦争に敗れたとはいえ日本民族の誇りであり、精神の遺産である。原子爆弾を二度も投下されたなかで大和魂を掲げ、なお本土決戦を謳った民族ではないか。 大和魂とは国難を前に燃焼・爆発する民族精神である。己の教養を飾るアクセサリーではない。祖国に命を捧げた先人並びに特攻隊の隊員らはこの大和魂で米国と戦った。 この誇り高き日本民族がシナの軍拡に対して、戦勝国である米国の「抑止力」を当て事にするなど笑止千万、大和魂が泣くというものである。祖国のために命を捧げた靖国の英霊が、社(やしろ)の奥深くで悔し涙を流しているに違いない。かくも腑抜けになった我が日本民族に対してだ。 【定例街宣のお知らせ】 ①「河野談話」を継承する安倍・自民党政権    を追及する  日時:平成27年5月21日(木)12:30から  … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ, 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

街宣告知 祝!「サンゴ記念日」26周年

祝!「サンゴ記念日」26周年 <捏造も良いねと朝日が言ったから4月20日はサンゴ記念日> 平成元年4月20日、それは捏造報道の象徴・原点、報道史に銘記されて消えない日だ。朝日新聞の自作自演だったサンゴ事件がこの4月20日で26周年を迎える。 昨年、朝日新聞は自ら主導した慰安婦強制連行の捏造を「謝罪」したかのような姿勢を示したが、「河野談話」の踏襲を執拗に喧伝し続けている。捏造報道の象徴・原点であるサンゴ事件も然り、捏造を認めた素振りを見せつつも、その後の朝日新聞は一向にその偏向・歪曲報道を改めるどころか、慰安婦強制連行など、シナ、朝鮮の歴史捏造に加担する反日の姿勢は不動のままだ。 サンゴ事件の本質は単なる捏造事件ではない。朝日は己の自作自演を、サンゴを傷つけて恥じない「日本人の精神の貧困」に擦り付けたのである。自らの犯罪行為を我が日本国民に擦り付けたのだ。擦り付けただけではなく、我が同胞を犯罪人にでっち上げて「精神の貧困」を説教したのである。世にこれほどの恥ずべき、おぞましい行為はあるだろうか。これぞ朝日の宣 (のたま) う「精神の貧困」と言わずして何と言えばいいのか。 南京大虐殺や慰安婦強制連行などの歴史捏造は、正しく、この朝日の「精神の貧困」にこそ深く関わっている。シナ、朝鮮の下僕に成り下がり、“反省”しない日本人へ道徳的偽善を吐き、同胞を傷つける至福に酔い痴れている。朝日のおぞましい行為は幾ら糾弾しても糾弾しきれるものではない。  日時:平成27年4月20日(月) 12:00集合・開始    場所:朝日新聞 東京本社前 東京都中央区築地5-3-2   http://www.asahi.com/shimbun/kengaku/access-tokyo_pop.html  主権回復を目指す会 連絡:西村(090-2756-8794) 【参考】  『慰安婦問題を誤報した朝日新聞は報道犯罪の責任をとれ』(酒井信彦)    http://sakainobuhiko.com/2014/09/post-252.html ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを! ◀︎『虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造』  (酒井信彦 日新報道)  著者・酒井信彦が朝日新聞に踊らされる日本人の精神構造を解く。

カテゴリー: お知らせ, 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

街宣告知 祝!「サンゴ記念日」25周年

祝!「サンゴ記念日」25周年  <捏造も良いねと朝日が言ったから4月20日はサンゴ記念日> 平成元年4月20日、それは捏造報道の象徴・原点、報道史に銘記されて消えない日だ。朝日新聞の自作自演だったサンゴ事件がこの4月20日で25周年を迎える。 捏造報道の象徴・原点であるサンゴ事件であるが、その後の朝日新聞は一向にその偏向・歪曲報道を改めるどころか、慰安婦強制連行など、シナ、朝鮮の歴史捏造に加担する反日の姿勢は不動のままだ。 朝日の捏造が恒常化して、日本人の民族精神を蝕んで止まない現状を放置は出来ない。捏造報道の象徴・原点である4月20日はサンゴ記念日を忘れるな!  日時:平成26年4月16日(水) 12:00集合・開始    場所:朝日新聞 東京本社前 東京都中央区築地5-3-2   http://www.asahi.com/shimbun/kengaku/access-tokyo_pop.html  主権回復を目指す会 連絡:西村(090-2756-8794)  ※参考:『朝日こそ最大の公害企業だ』 2009年5月22日(酒井信彦)      http://nipponism.net/wordpress/?p=22054 ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

袴田事件、朝日新聞にでっち上げ糾弾の資格なし!

朝日に「捜査・検察当局」を糾弾する資格なし! 朝日こそ慰安婦強制連行の でっち上げをすみやかに正せ  1966年に静岡県で一家4人が殺害・放火された袴田事件で静岡地裁は27日、死刑が確定した元プロボクサー袴田巌氏(78歳)の再審開始を認める決定を下した。決定の理由は物証が捏造された疑いに加え、DNA鑑定などによる新たな証拠の提出などがある。 裁判並びに捜査過程の事実関係に触れない立場から、朝日新聞が袴田事件を終始一貫して「冤罪」だと報道するその姿勢を論じたい。 特に3月28日の朝刊1,2面のトップはこの事件で埋め尽くされた。社説では「過ちはすみやかに正せ」と題して、「無実の人を罪におとし、長年にわたり、死刑台の縁に立たせる。許されないことが起きたおそれが強い」と証拠調べにおける捜査機関の捏造を糾弾している。「死刑を決定づけた証拠がでっち上げだったとしたら、かつてない深刻な事態」だとし、捜査・検察当局に対して「何が起きたのか徹底捜査すること」を求めている。 袴田事件で問題とされていることは捜査・検察当局による物的証拠の捏造、でっち上げである。しかし、歴史認識、特に慰安婦問題などで最も熱心に力を注いで捏造、でっち上げ報道をしてきたのが朝日新聞である。その捏造の宗家に当たる朝日がこの度、「刑事司法に猛省を迫る」などと鬼の首を取ったような勢いだが笑止千万も良いところだ。 いちいち朝鮮人元慰安婦のデタラメ証言をここでは取り上げない。その代わりに、慰安婦報道が如何に杜撰を極めた報道だったかは、当の朝日新聞の重鎮が証言している。その重鎮とは人ぞ知る元朝日新聞の論説委員を務めた若宮啓文である。 慰安婦強制連行をめぐる発信元は、朝日新聞の捏造にある。 戦時中、山口県労務報国会下関支部動員部長を勤めたと自称する吉田清治の「韓国・済州島で女性をトラックで強制連行した」 との“証言”を、朝日などが平成3年から4年にかけ、勇気ある告白として報じた。本とは『私の戦争犯罪 — 朝鮮人強制連行』(吉田清治 三一書房 1983年 昭和58年)だ。 その若宮啓文は平成4年1月23日付夕刊の論説委員室コラム「窓」で、「木剣を振るって若い女性を殴り、けり、トラックに詰め込む」 「吉田さんらが連行した女性は、少なくみても九百五十人はいた」などと最もらしく書いた。 これらが秦郁彦氏と済州島の新聞記者らの現地調査で、嘘と判明したことはとっくに知られていることだ。そのことで、吉田の本は日本国内の図書館から一冊残らず廃棄された。慰安婦強制連行は嘘、でっち上げだったのである。 余りのばつの悪さに、朝日の前主筆、若宮啓文は昨年出版した著書『新聞記者』で、「力ずくの『慰安婦狩り』を実際に行ったという日本の元軍人の話を信じて、 確認のとれぬまま記事にするような勇み足もあった」とぬけぬけ書いているが、厚顔無恥を装う不貞不貞しさは相当なものである。これぞ捏造、若宮は吉田の証言を検証もせずに一方的に嘘を垂れ流したのだ。つまり、若宮自らが慰安婦強制連行は捏造と認めたのである。 慰安婦強制連行は日本国家と日本民族を強姦魔に陥れた冤罪事件、究極的な人権侵害に尽きる。えん罪事件とは意図的なでっち上げであり、慰安婦強制連行は我々日本国民に対する人権侵害、いや、人権問題ではなく無実の人を罪に陥れた犯罪事件に相当するのである。 わが日本国家と日本民族は朝日新聞に陥れられたのであり、歴とした犯罪被害者である。慰安婦強制連行はでっち上げの袴田事件と同列に位置づけられる。 朝日は慰安婦強制連行を「袴田事件」と同じく日本国家と日本民族を強姦魔に陥れた冤罪事件として認めなければならない。責任を持って、「過ちはすみやかに正せ」と題した社説を掲載すべきだ。慰安婦強制連行を「決定づけた証拠がでっち上げだったとしたら、かつてない深刻な事態」だとし、朝日新聞自らが「何が起きたのか徹底検証・取材すること」ではないのか。 第118回 アンチ「水曜デモ」 平成26年3月26日、朝日新聞社前 (↓ 画像クリック拡大) 第118回目のアンチ「水曜デモ」は朝日新聞の糾弾!(平成26年3月26日 朝日新聞本社前) 朝日はベトナム人女性を陵辱した韓国の性犯罪を報道せよ(同) 韓国の性犯罪を克明に取材した『週刊ポスト3月28日号』「ライダイハンの蛮行全記録」(同) ベトナムは韓国の戦争犯罪を許さない(同) 【動画】  毎週決行!アンチ「水曜デモ」朝日新聞社前定例街宣H26.3.26 第118回  youtube  https://www.youtube.com/watch?v=jwoQb72Fags  ニコニコ動画 … 続きを読む

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

秋の例大祭、塀の中の懲りない保守派

万死に値する安倍首相の参拝中止 『塀の中の懲りない面々』に重なる保守派の学習能力 この度、安倍首相が靖国神社参拝を中止したとの報道は何も今さら驚くことではない。しかし、その中止の理由たるや、その一つに「台風26号の対応」云々を挙げ、責任を自然災害に転嫁している。これほどの卑怯があるだろうか、まさに「万死に値する」裏切りと断じて良い。 【参考1】  安倍首相、靖国参拝見送る 秋の例大祭、真榊を奉納   http://www.asahi.com/politics/update/1017/TKY201310170036.html?ref=reca この際、同じ「あべ」でも安部譲二の自伝的小説『塀の中の懲りない面々』を思い出さずにはいられない。「塀の中」とは無論、刑務所そのもの、「懲りない面々」とは再犯で入出所を繰り返す累犯者達のことを指している。懲役刑という苦渋を経験しながら、同じ過ちを繰り返す学習能力の欠けている人々のことである。 この小説の中で書かれている「懲りない面々」が、どうしても安倍応援団と称する保守派の面々に重なって仕方がないのである。【参考2】は保守派を代表する大原康男氏の見解(産経新聞)だが、奇(く)しくも同日、安倍首相は秋季例大祭の靖国参拝に関して明言を避けている。つまり参拝中止の意向を明らかにしたのだ。そうしたなかで、大原氏は頻(しき)りに安倍首相へ秋波を送ったが、結果は惨めという他に言葉が見つからない。 第一次安倍政権の時、大原氏を始め「日本会議」や「英霊にこたえる会」は靖国参拝を明言しない安倍首相を「曖昧戦術」だと擁護して、我々の安倍首相への参拝要請行動(8月15日)を強く牽制・反対した。理由は、「安倍さんは気が弱いので早くから参拝の意志を表明すると、朝日新聞などの餌食にされてしまうから、そっとしておくべきだ。そうすれば参拝を必ずやってくれる」と・・・。結果は安倍総理の病気を理由にした“敵前逃亡”だった。保守派はこの無惨な結果に未だ知らぬ振りの健忘症を装っている。 そして、今回の第二次安倍政権成立において、また同じ状況を演じたのである。これではどうしても、『塀の中の懲りない面々』を思い出さずにはいられないのである。 【参考2】  首相、秋の例大祭が待ってます 国学院大学名誉教授・大原康男  (産経新聞 10月11日)  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131011/plc13101103360002-n1.htm  秋季例大祭の靖国参拝、首相明言避ける  (読売新聞10月11日)  http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131011-OYT1T01100.htm?from=ylist 第二次安倍政権が誕生して、主権回復を目指す会は8月15日を前に、自民党本部前で安倍政権に対して靖国神社への公式参拝を求める要請行動を行って来た。そのなかで、今次の安倍政権における歴史的使命を、「保守派の籠絡から骨抜きへの進化だ」と強調した。 第一次安倍政権が「保守派の籠絡」にあるとすれば、第二次安倍政権は「保守派の骨抜き」にある。事実、第二次安倍政権の発足にあたって選挙中、安倍総理と自民党は「河野談話」の見直し並びに靖国神社への公式参拝、さらには領土問題への取り組み等々の公約を掲げていたが、ことごとく反故にした。 この結果に対して自民党、安倍応援団などの保守派は、公約反故の糾弾どころか沈黙を通している。「参院選まで我慢だ」「安倍さんは必ずやってくれる」などと公言して憚らなかった。そして今はどこ吹く風の知らぬ存ぜぬ、その無責任たるやもはや破廉恥としか言い様がない。 【参考3】  「安倍首相は8月15日に靖国神社へ公式参拝を」   http://nipponism.net/wordpress/?p=23207  「籠絡から『骨抜き』へ進化した第二次安倍政権」   http://nipponism.net/wordpress/?p=23911 正午、靖国神社に向かって黙祷(平成25年8月15日、神保町交差点) アンチ「水曜デモ」  残り10月行動予定    日時:10月23日(水) 12:00集合・開始  場所:自民党本部前 ◆秋の例大祭に、靖国神社参拝を中止した安倍政権の背反を糾弾!  日時:10月30日(水) 12:00集合・開始  場所:朝日新聞社前 東京都中央区築地5-3-2  最寄り駅:地下鉄大江戸線築地市場駅すぐ上 http://www.asahi.com/shimbun/access.html ◆朝日新聞は慰安婦強制連行の発信元であり、未だに発信し続けている。  その捏造責任を徹底追及する。 連絡:西村(090-2756-8794) … 続きを読む

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。
1 / 212