自民党と民主党は血縁の兄弟


自民・公明(創価学会)復活を待望する思想の堕落


 「保守派」は大震災の復興や原発事故処理を含めて、諸悪の根元を民主党にあるかの如く躍起となっているが、今少し冷静にことの経緯を見る必要がある。

 櫻井よしこ女史は未曾有の国難において、「家庭や社会でしっかりとした歴史教育をやっていく必要がある」(全国縦断「正論」洲本講演会 6月2日)と強調された。
 櫻井女史がここで言う是正の「必要がある」歴史偏向とは、言うまでもなく「河野談話」、「村山談話」、教科書の近隣諸国条項などを指す。他にも南京大虐殺や慰安婦強制連行などあげたら切りはないが。
 全てが国家破壊の政治であり、虐日歴史教育だ。この政治、歴史教育を推進させてきたのは共産党、社会党、公明党だろうか。
 そうではない。一貫して政権与党で国家権力を掌握していた自民党である。

 自民党はある時は社会党、ある時は公明党(創価学会)と連立を組んで、政権与党の座にしがみつくため、その見返りとして幾多の虐日・破壊政治を進めてきたのである。極左集団とカルト教団の顔色を伺っては、売国に勤しんできた。
 従って、「保守派」期待の星とまでいわれた安倍首相でさえ「河野談話」、「村山談話」は後生大事にこれを継承すると断言してきている。
 今の民主党政権は、歴代自民党の虐日・破壊政治を継承しているに過ぎない。同じ穴のムジナと言っていい。
 日本という本家を牛耳っていたのが兄という自民党であって、本家の相続争いに敗れた結果、弟は民主党なる分家を作ったのであり、自民党と民主党は切っても切れない本家と分家、血縁の兄弟である。
 兄という自民党は創価学会というカルト教団と結託して相続権を弟から取り上げていた。この度の選挙で、舎弟の民主党は旧社会党などの虐日・極左と結託して兄貴から相続権を奪い返したのである。
 そこには国家の行く末、日本民族の誇りなど欠片も見いだせない。兄弟による独裁、つまり二大政党による独裁支配がこの国の政治体制である。

 主権回復を目指す会は、これを指して<利権分配集団>と規定するのである。

【参照】声明文 『政界の「離合集散」とは民主と自民の相続争いだ』(平成21年2月1日)
 http://www.shukenkaifuku.com/past/shuchou/090201.html

 詰まるところ、民主・自民なる二大政党とは<利権分配集団>の独裁体制でもある。

 では、この<利権分配集団>は何によって支えられているのか。それを支える仕掛けが小選挙区制と政党助成金である。
 二大政党から離れて国政選挙を戦い、勝つことは不可能な制度が敷かれている。その見返りとして選挙資金の党丸抱え、二千万円にのぼる議員歳費、金額に換算すると三億円に達する議員特権などなどが用意されている。

 役職のない議員ですら月額で137万円を超える報酬、加えて新聞図書費が月に100万円・・・。
 ↓
 http://www.townnews.co.jp/0606/2011/06/03/106671.html

 平成6年(1994) 政治改革四法成立(小選挙区比例代表並立制と政党交付金など)

 平成8年(1996) 諸党派を集めて民主党の結成

 国会議員らが自ら、<利権分配集団>の権益のため法律を制定したのである。当時、この制度を賞賛して旗振りを演じたのが産経新聞であり、評論家の屋山太郎氏であった。
 かつて共産党、社会党など極左は日本人民を支配、弾圧しているのが日米反動派と独占大資本だとして、これらの打倒を声高く叫んでいた。ところが今や、日米反動派と独占資本に代わって、民主・自民という<利権分配集団>が日本国家を牛耳り、我々に独裁体制を強いているのである。

 <利権分配集団>、下は地方議員に始まり上は国会議員に至るまで、税金でもって生計を立てる、この日本列島に新しく誕生した階級集団である。とりわけ、手厚く保護された特権を享受する国会議員は、食物連鎖でいえばその頂点に位置するといっていい。日本の歴史上、初めて登場した階級集団だ。

 この階級集団に属し、この環境のなかで議員が党執行部に反旗を翻し、属する階級から離脱までして己の政治信条を貫くのは困難である。国会議員、それは所属する政党、党派を問わず税金で永田町政治を商う最大の利権集団であり、強固な体制派であると位置づけて良い。
 この体制に事を構えるとすれば、それは反体制派と位置づけられる。その覚悟はあるか否か。

 「反民主」の名の下、過去の大罪を総括もせぬまま、自民・公明(創価学会)を復活させるなど言語道断であり、思想の堕落となじられても返す言葉はないだろう。

【参考】資料

「半世紀にわたり日本を支配し日本の根深い問題を深刻化してきたのは自民党であり大半の責任がある」とウォール・ストリート・ジャーナルは報道しています。
http://jp.wsj.com/Finance-Markets/Heard-on-the-Street/node_245267/?nid=NLM20110603 

(2011年 6月 3日 10:18 JST)

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

 

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

「人徳」を問われるべきは谷垣自身である


谷垣自民党総裁自身が首相を名乗り出よ!

菅直人首相に「人徳、力量がない」と、首相の退任要求を言い放つのであれば、なぜ谷垣自民党総裁自身が首相を名乗り出ないのか。「先ず隗より始めよ」(戦国策)と言いたい。

「人徳」までに言及するのであれば、谷垣自身が野党党首として菅首相の代わりを名乗り出なければならない。

それをしないのは卑怯の限りで、「人徳」を問われるべきは谷垣自身である。

なぜ、「人徳、力量」のある首相に相応しい人物を具体的に推すことが出来ないのか。

しきりに自民党と小沢一郎に同調する民主党の議員にしても、菅首相の力量をあげつらうだけだ。

あげつらうだけあげつらうが、それに代わる具体論を提起するものが誰一人としていない。

提起できない、する者もいない。つまるところ、菅首相のいす取りにしかその目的がないのは明白の限りである。

震災直後、菅首相は自民党に対して「挙国一致内閣」への協力を打診した。しかし、谷垣がこれを拒絶した経緯を国民と被災者は忘れていない。

未曾有の危機の渦中において、被災者の心情を思えば、あきれ果てたを通り越し、おぞましさの限りを国民に見せつけた。利権分配集団の行き着くところの醜態だ。

「菅降ろし」に狂奔する利権分配集団とその取り巻き「保守」に朝日新聞は正鵠を射た見解を述べている。謙虚に耳を傾けようではないか。

抜粋だが


朝日新聞(6月2日)「現実見ぬ政治の惨状」

編集委員:根本清樹

 政治が小さい。
 日本はなお前代未聞の非常時にある。一時は「挙国一致」といった美辞もうたわれたが、行き着いた先はむき出しの政争である。大所高所からの賢慮を踏まえた大きな政治を望むのは、お門違いということか。
 日本が直面する事態の深刻さと、政治家たちのふるまいに見える日常感覚との巨大な落差に目がくらむ。われらが選良の思考回路は、3・11前の平時に戻ってしまったようだ。

(略)

当然ながら、総辞職した場合に後継をどう速やかに選ぶのかという絵図もない。自民、公明両党にもシナリオがあるようには見えない。現実を直視しない政治の惨状というほかない。

主権回復を目指す会は震災直後の3月14日、声明文で、菅直人政権は挙国一致内閣として思想信条などの見解の相違は副次的問題として棚上げすべきと訴えた。これは今も変わらない。今なお、我が国は戦争状態であるから。

【緊急声明】

<災害は挙国一致体制で挑む戦争 ━ 菅内閣は挙国一致内閣である>

国難を民主党批判にすり替える知性の堕落

平成23年3月14日
主権回復を目指す会

災害という国難は、挙国一致体制で挑む戦争である。我が国は死者数万に上るであろう未曾有の国難におかれている。

この事態に直面しながら、国難を民主党批判にすり替える知性の堕落に唖然とするばかりである。

民主党批判を混乱の最中に持ち出し、自民党・「保守」の支持運動を展開するならば、阪神淡路大震災の時、旧社会党の村山を傀儡政権にし、火災炎上中に朝食会を開きながらテレビに見入っていた自民党をなぜ徹底的に批判できないのか、ダブルスタンダードも甚だしい。

自民党の無為無策のため、16年前の震災で生存するべき如何に多くの国民が圧死、焼き殺されたのか分からない。この自民党の犯罪ともいえる無能を意図的にスルーする言動は欺瞞極まりなく、見苦しくてならない。

海外メディアが報道する「世界が日本人を絶賛」なる災害時の日本人の“行儀”の良さを紹介し悦に入りながら、一方では政府、東電の情報の混乱をまるで鬼の首を取ったかのように糾弾しているが、戦闘時における情報の混乱は必ずつきまとうものではないか。思い上がるなと言いたい。

戦争時における混乱に乗じて、無い物ねだりをする欲望民主主義はまさしく幼児的な知の劣化である。それどころか、非国民と言っても差し支えない。どさくさに紛れて民主党批判に問題をすり替える醜態は、まさしく言論の「火事場泥棒」そのものだ。

我々に課せられている最大の課題は被災者の救援と安全の確保、被災地のインフラ復旧である。この最大の喫緊課題を遂行する前に、政治思想信条などあらゆる見解の相違は二次的・三次的、副次的な問題として対処しなければならない。

主権回復を目指す会は現菅内閣を挙国一致内閣として、国民がこの体制の下で被災者救援、災害復旧に全力を尽くすべきと考える。

※声明・主張 INDEX#51 より

【参考】行動・活動記録 INDEX#429
 http://www.shukenkaifuku.com/past/KoudouKatudou/2011/110315.html

国民は菅首相の東電叱咤を断固支持する
<国家の浮沈は偏に東電に!死を賭して原発の安全と国民の生命を守れ>

平成23年3月15日

3月15日午前8時、菅首相は東電の事故処理に対して、「(東電の)撤退などあり得ない。覚悟を決めてほしい。撤退したときには東電は100%つぶれる」と厳命した。

当会はこの菅首相の東電叱咤を断固として支持する。

東電の広報担当の記者会見を見ても、到底国家の浮沈が福島第一原発の事故処理にかかっている緊張感を感じて取ることは出来ない。
服装からしてネクタイをゆるめ、ワイシャツのボタンをはずすなど、この外観のだらしなさが社員一人、いや東電の本質を貫いているのは間違いないだろう。形式が内容を反映するのは言うまでもない。

それがそのまま、事故処理を巡る東電の不手際を如実に現しているのだ。

しきりに産経などマスコミは、菅首相の東電叱咤を「パフォーマンス」とか「社員の士気が萎える」などと評してバッシングに務めるが、これはパフォーマンスでも何でもない。
国家の浮沈を思えばこその叱咤であって、これで士気が萎える社員は高給取りの東電を辞めればいい。
原発という国家の浮沈、国民の生命・安全など守れる訳けがない。そんな社員の首など切ってしまえ。

 主権回復を目指す会は菅首相の東電叱咤を断固支持する。

【動画】東京電力は国民の生命・財産・安全をまもる使命を遂行せよ
http://www.youtube.com/watch?v=hgVh8a1GbSM

 

風に散る無情の花びら淵野辺に阿修羅の如く色ちりじりに

 

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

国軍とは何か

朝日新聞も“認める”自衛隊の存在

         共産党員を“転向”させた自衛隊の貢献

国軍(自衛隊)の圧倒的存在を示したこの度の大震災である。

 その前に「国軍とは何か」を考えたい。


国軍とは

自衛隊員は国家主権の確保と共に、国民の生命、財産、安全且つ国家の名誉を守るため、自身の全存在を任務に捧げることを本分とする。

したがって、思想信条の如何に関わらず、彼らは国家の命に従い、その本分とする任務を全うするのである。ここにこそ、国軍である自衛隊の全存在がある。

全存在、つまり究極的に死をもって国家から与えられた使命を全うすることにこそ、自衛隊員の最高の名誉がある。あるのではなく、与えられなければならないのである。


下記は、朝日新聞も“認める”自衛隊の存在


朝日新聞『声』(5月22日) 「自衛隊員の献身的作業に感謝」

主婦 松村 真紀(東京都杉並区 45) 

 今回の大震災被災地での自衛隊の働きはメディアで見聞きしていたが、先日、テレビで改めてその献身ぶりを目の当たりに見て、言葉に尽くせないほどありがたく感じた。

 毎日毎日、黙々と作業を続ける隊員たちはみな、一様に「被災者の目線に立った仕事を」と言う。そしていまだに温かい食事を取れない人々を思い、昼食は目立たぬよう、トラックの荷台でかき込むように食べている。町の人はみな感謝し、通り過ぎる自衛隊のトラックに手を合わせ深々とお辞儀する人もいるという。本当に頭が下がる。

 実質的には軍隊と言える自衛隊が憲法解釈上、微妙な存在なのは事実だし、その是非は私にはわからない。しかし、リーダーシップも実行力もない政治家より、指揮系統が確立し、圧倒的な実行力を持つ自衛隊の方が今、よほど存在意義があるのではないか。自衛隊がなかったら、もっと復興作業は遅れていたに違いない。自衛隊の皆さん、ありがとう。心と体を大切に。応援しています。


もう一つ、5月7日に書かれた児島謙剛君の論考


  <筋金入りの共産党員を“転向”させた自衛隊>


    自衛隊員は「自衛公務員」ではない

今般の大震災および福島原発の事故を通じて、我々日本国民は、良きにつけ悪しきにつけ、改めて自衛隊の持つ圧倒的な存在感を認識するに至った。

 自衛隊が逃げた! 深夜の避難所で大パニック起きていた
 2011年3月17日(日刊ゲンダイ)
 http://gendai.net/articles/view/syakai/129464

 自衛官、原発怖くてパニック・逃走…懲戒免職
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110419-OYT1T01266.htm
 2011年4月20日(読売新聞)

上記のような目を覆い、耳を塞ぎたくなる惨状があったことは確かであり、むやみやたらと自衛隊を賛美する風潮に対して、我々は自戒を求める警鐘を鳴らしてきた。

だが、未曾有の大災害という「戦争」状態の中で、多くの自衛隊員による獅子奮迅の働きがあったこともまた事実である。

講談社発行の雑誌『g2』第7巻に興味深い記事があるので、紹介したい。

佐野眞一氏によるルポ「東日本大震災と日本の希望1」の中で、日本共産党中央委員会の元文化部長の山下文男氏(87)に関する記載がある。山下氏は、岩手県陸前高田市の病院に入院中、東日本大震災の大津波に遭遇し、九死に一生を得て救出されたのだという。

その山下氏が、自衛隊に関して言及している一部を以下に引用する。

「僕はこれまでずっと自衛隊は憲法違反だと言い続けてきたが、今度ほど自衛隊を有り難いと思ったことはなかった。国として、国土防衛隊のような組織が必要だということがしみじみわかった。とにかく、僕の孫のような若い隊員が、僕の冷え切った身体をこの毛布で包んでくれたんだ。その上、身体までさすってくれた。やさしさが身にしみた。僕は泣いちゃったな。鬼の目に涙だよ。」

87歳といえば、時代が大正から昭和へと移り変わる頃の生まれである。山下氏は自身でも「鬼」と自称されているが、明治の世を生きた先人たちの薫陶を受けた、まさに筋金入りの、バリバリの共産党員であろう。

記事では、山下氏に関して、最後にこう結ばれている。

「自衛隊配給の毛布の暖かさに自衛隊は憲法違反だと言ったのは間違いだったと主義主張をかなぐり捨てて「転向」した元日共文化部長の率直すぎるほどの率直さ」

齢(よわい)87にして、自らの信念を捨てあっけなく「転向」してしまった。この山下氏の不甲斐なさを責めることもできるが、ここでは敢えてやめておこう。

それよりも、これまで散々憲法違反と言われ、時には「暴力装置」とも呼ばれ、いわゆる「冷や飯を食わされる」状態が続いてきた自衛隊にとって、鬼の共産党員である山下氏を「転向」させたことは、まさしくこの上ない最高の“勲章”に値すると言えるのではあるまいか。

我々日本国民は今、改めて自衛隊の存在価値を噛み締めている。だからこそ、私は自衛隊を「叱咤激励」したい。

自衛隊員は国家公務員であるが、くれぐれも国民の血税を貪るだけの「自衛公務員」に成り下がってはならない。今回のような自然災害を含めた「戦争」時において、国民の生命と財産を守る最後の砦としての国軍は自衛隊を置いて他に無いのである。

このことを強く自覚し、日々の任務に邁進して頂くことを切に願う次第である。

 

衛兵の軍靴の響き戛戛(かつかつ)とわが優柔のためらひ切り裂く  

忠烈祠の衛兵交代式(台湾)にて

 

 

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

 

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

【告知】シンポジウムの案内【原発】



「原発の是非を問う これからのエネルギーを考える」

【登壇者】

■ 原発推進派:永井清之氏(京大工学部卒)

■ 原発維持(推進)派:八木康洋氏 (在特会副会長)※個人の資格で登壇

■ 脱原発(過渡期)派:野村旗守氏(ジャーナリスト)

■ 反原発(過渡期)派:松本英志(主権回復を目指す会)
                  
■ 反原発派:不特定に要請中

■ 原発被害当事者:瀬戸弘幸氏(せと弘幸Blog『日本よ何処へ』)

司会:西村修平(主権回復を目指す会)

    ※質疑応答 ネット生中継あり(ユーストリーム)
          http://www.ustream.tv/channel/koudoudouga


日時:平成23年6月10日(金) 18:00開場 18:30開演

場所:文京区民センター (2-A会議室 )03 (3814) 6731
 http://www.cadu-jp.org/notice/bunkyo_city-hall.htm
 http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754

アクセス:地下鉄 春日(大江戸線、三田線)、後楽園(丸の内線、南北線)、JR(水道橋) 東京都文京区本郷 4-15-14

会場負担費:千円 


福島第一原発の終息が未だ目途が立たず、原発を巡る論議が迷走している。国家を支える電力エネルギーの問題は近代産業ばかりか、一市民の日常生活にも直に影響を与えている。

原発を巡る維持(推進)、反、脱(過渡期)の論客、さらには「原発の火を消すなデモ行進」を主催した在特会の桜井会長をお招きし、それぞれの見解を述べて議論を交わして頂きます。

相互に議論を交わすことで、見解の相違を越えたエネルギー問題の如何を考えて見たい。

主催:主権回復を目指す会  連絡:西村(090-2756-8794)
 

 

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

カテゴリー: お知らせ | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

在特会必見の映画『にあんちゃん』


日本海に叩き込むべきは日本人の腑抜け根性だ

俳優の長門裕之(ながと・ひろゆき、本名・加藤晃夫=かとう・あきお)さんが
21日午後5時20分、肺炎のため亡くなった。

数ある長門裕之の出演映画で、最も強烈でインパクトを感じた映画は『にあんちゃん』(監督・今村昌平)だ。

他にも多々名作を残した今村監督だが、中でも一本を挙げよと言われれば、この『にあんちゃん』を推すのに躊躇しない。また、日本映画史においても特筆される作品ではないか。

長門はこの中で両親のいない4人兄妹の長男、炭鉱夫役で出演している。



舞台は昭和二十八年ころ、日本のエネルギーが石炭から石油に変わる激動期、佐賀県の鶴ノ鼻炭鉱。朝鮮人鉱夫らと共同生活する長屋だ。日本人と朝鮮人が一つの共同体でごちゃ混ぜに生きるバイタリティーに圧倒される。お互い極貧の中では差別も何もあったものではない。

中でも圧巻だったのは朝鮮人の老婆を演じた北林谷栄。生活の貧しさに耐えかね泣く長門の妹役に「元気だせ、昔のチョーセン人もっと強かったぞ」と励ます場面だが、この映画の白眉たる場面ではないだろうか。それまでの強欲な朝鮮人老婆の姿を一変させ、心情優しく語りかける演技転換は何回観ても胸を打つ場面である。

それ以上に日本人達もだ。

長門ら4人兄妹の逆境に耐え抜くしぶとさ、誰を恨むこともない健気さ・・・、ああ何と、当時の日本人は強かったのだろう。

そして、平成の23年にこの映画を改めて観るにあたり、ああ何と日本人の劣化したことか、いや、日本人という人種が変わったのだ。

日本海に叩き込むべきは、腐りきった平成日本人の腑抜け根性ではないのか。

名作『にあんちゃん』が呼び掛けるエッセンスは、いま巷(ちまた)で盛んに耳にする「 がんばろう ニッポン!」そのものだ。文芸作品の評価を越えて、日本人にがんばれ!と元気を与えてくれる映画だと思う。

因みに音楽は黛 敏郎、要所要所でマンドリンのトレモロがこの映画にしっとりと花を添えている。

「行動する保守」「ネット右翼」などがしきり在日朝鮮人の反日を糾弾する行動はそれで良しとして、こうした名作という文芸作品に触れることで、己が発する言葉に人としての心を、そして責任を持って頂きたいものである。

特に、「在日特権を許さない市民の会」やそれに賛同する方々には、この『にあんちゃん』ぜひご覧になって頂きたい。
 



推薦映画 『にあんちゃん』(監督・今村昌平) 
     『にっぽん昆虫記』(同) 
     『赤い殺意』(同) 
     『豚と軍艦』(同) 
     『神々の深き欲望』(同)

     『秋津温泉』(監督・吉田喜重 出演・長門裕之)
     『キクとイサム』(監督・今井正 出演・北林谷栄)

推薦図書: 金 石範『火山島』

 

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

カテゴリー: つれづれ, 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。