成田空港でテキサス親父を歓迎

(※写真はクリックで拡大表示されます)

早々と異文化の“衝突”?

チーズではなく「ウィーリー」で記念写真

梅雨に入ったかと錯覚しそうな毎日、そうした朝からの雨の11日(水)、ある米国人が来日するので成田空港へ出迎えに。テキサス親父ことトニー・マラーノ氏、ご存じのように環境テロリスト・シーシェパード、虐日映画『ザ・コーヴ』の日本人差別に怒る米国人で有名な人だ。15時到着が3時間遅れの18時、かなりの長旅だったせいか、到着ロビーに姿を見せた時、いささか疲れたような表情だった。

しかし、日の丸と星条旗、歓迎のポスターを掲げて出迎える我々を見つけると、あの独特の快活な笑みを浮かべて、ネット映像でお馴染みの元の表情に戻った。

わずかの会話の時間だったが、テキサス親父はきわめて常識的な落ち着いた雰囲気で、言葉の一つ一つを選んで話す方と感じた。自分もネット世界では側聞するところによれば、かなり“いろいろ”と解釈されているようだが、成る程・・・、そうかと納得してしまった。

テキサス親父の来日は、東日本大震災と重なり大幅に延期となってしまった。その段取りの変更などで、歓迎を指揮する事務局の藤木俊一氏は大変なご苦労をされた。テキサス親父はシャワーを勧めても遠慮され、休憩もとらずそのまま藤木氏らと共に和歌山県へ向かった。

余談を記しておきたい。テキサス親父が、勧められたシャワーを遠慮されたことに関して。彼は「匂いますか?」と怪訝な表情を浮かべた。

「匂いますか?」、記憶をたどると朝日新聞の『読者の声』だったかと。ある英国人の投書だった。

来日の目的はホームステイの留学、受け入れ先の日本人宅を訪れた際、入浴を勧められてショックを受けたという内容。

何故、入浴を勧められてショックを受けたのか。

本人の回想曰く、長旅で自分が汗くさく、相手に相当の不快感を与えている。「君は臭いから、風呂に入ってきれいにしろ!」、そのように言われているのだと解釈したのである。日本人は「清潔」とするイメージがかなり注入されていた。

後ほどその誤解は解けた。「長旅の疲れを入浴で癒して欲しい」という受け入れ先の主人の気配りだったと気付いた。来日早々、入浴で疲れをとるという日本の文化を知ったのである。

そうした記憶があったので、怪訝な表情のテキサス親父には「そんなことありませんよ。あなたには良い雰囲気の匂いを感じます」と答えた。

 


14日の大阪交流会に参加、東京ではパネラーとしてテキサス親父に指名されたので登壇します。

東京でのパネルディスカッションには、小松 正之氏(政策研究大学院大学教授)も登壇される。「日本が鯨を乱獲したのではない 」との立場で、世界へ日本の捕鯨文化を訴えている研究者です。
【参考】
http://www.youtube.com/watch?v=D13wSUzNtUc

 


テキサス親父日本事務局
http://texas-daddy.com/

■大阪講演会&ファンの集い

平成23年5月14日(土曜日)

開場 16:30
開演 16:50

16:50~17:30 テキサス親父講演

17:30~18:00 質疑応答

18:00~19:00  ファンの集い(軽食)

大阪府大阪市東淀川区東中島1-18-27
新大阪丸ビル新館 
初めの講演会場は、6F
「テキサス親父大阪講演会&ファンの集い」の看板があります

(先日、本館とご案内しましたが、新館に変更になりました)

http://www.japan-life.co.jp/img/shinkan/map.jpg

■東京講演会&ファンの集い

平成23年5月15日(日曜日)

開場 17:45

開演 18:00

18:00~18:30 テキサス親父講演

18:30~19:10 パネルディスカッション

19:10~20:10  ファンの集い (軽食)

文京区民センター 3-A会議室
東京都文京区本郷4-15-14

http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754

 

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

 

カテゴリー: お知らせ | タグ: , , , , , , | コメントは受け付けていません。

何故?促される「猛省」

<忘れるな!玉音放送「耐え難きを耐え 忍び難きを忍び』>に対し、下記のコメントが寄せられた。このコメントは「百人の会」の増木重夫さんから、小生宛に転送されて来た。

以下コメント

西村っ修平氏へ(まま)
 いつも自民党と産経を屁理屈をこねて槍玉に挙げている西村修平氏の論説には、異議あり、不快に思う者がいることを知ってほしい。その論拠展開の時間が惜しいし、生産的ではないのであえてやらない。
 今は中学校教科書採択時期が切迫していて、反日・自虐・日本断罪史観にあふれた、折角の教育基本法をあざけるような教科書が検定を通過してしまっている現実と戦っている最中である。
 特に、産経を貶めるのに躍起になっているようだが、産経が勢いを失い朝日、毎日が勢力を増すようなことを望んでいるのか。西村氏の猛省を促したい。
                                      
田村元男

よって、田村元男さんへお答えする。

>屁理屈をこねて

屁理屈とは論理に整合性を欠くことであるが、西村修平のどこが欠けているか具体的に指示されたい。

>異議あり

どんな異議か論理的に展開されたい

>不快に思う

突かれると痛いから、論理的に反論できないから不快なのでは

>あえてやらない

情けない、腑抜けではないか。西村修平は逃げも隠れもしない。「やらない」のではなく、出来ないと言えばいい。

田村さん、批判された位でびびって敵とどうして戦えるんだ!これを世間では腑抜けという。

小生はこれまで産経新聞のトンデモ記事には、本社に乗り込んでの抗議街宣を何回もやっている。産経批判は今に始まったことではない。そして、それ以上に朝日、毎日新聞へ乗り込み抗議している。

産経にまともな記事を書け!と叱咤している。この私が何で!産経を「貶め」ているんだ。「貶め」られているのなら、問題は西村修平ではなく、産経新聞だろう、明後日を言うモンじゃない。

あなたが産経に対して、「西村からガタガタ文句を言われるような記事を書くな」とどやしてやればいい、それが筋だろう。産経新聞にそれほど愛着があるなら、態度で産経に忠誠を示すべきだ。

この西村修平は教科書問題で言えば、十年以上前に朝日本社のロビーに二回座り込み抗議をして、築地署に強制排除されている。そうした抗議で朝日は一時、反扶桑社キャンペーンを中断した。あんた以上に、この西村修平が産経に“愛着”を示しているんだ。

その直後、女性国際戦犯法廷の件で神奈川県警に逮捕(平成13年11月14日)され、朝日への座り込みが中断してしまった。僕の後を継いで誰かが、朝日本社への抗議を継続していればと、今でも残念に思っている。

そん時、保守の誰が、扶桑社版の教科書を攻撃する朝日に乗り込んで抗議した。 田村元男さんよ、あんたそん時、何をしていました。

教科書採択で、西村修平にガタガタ文句の言える奴は、あの時、朝日本社に乗り込んで座り込みした連中だけだ。もう一度言う、あんたそん時、何をしていましたか?

批判・相互批判は論理と論理の対峙である。

論争とは事実を挙げて道理を説くことである。双方が主張する意見並びに理念を闘わせることによって、お互いがそれぞれ鍛え上げられていく。従って論争に好き嫌いの感情論を持ち込んだり、ましてや実体のないレッテルなどをはりつけるものではない。

「事実を挙げて道理を説く」、この作法に従えば、いくら口角泡を飛ばしても感情の対立など生じないし、論争は競技終了のスポーツのように、爽やかさは残るが後味の悪さなど残らない。

あなたが「猛省を促したい」なら、直に論争をして、西村修平の言い分を木っ端みじんに粉砕すればいい。公の場で西村修平の主張を論理的に破綻させればいい。西村修平は何時でも、何処でもその論争に応ずる。
西村修平(090-2756-8794)

因みに下記は増木重夫さんの紹介文。彼とは、あるところではことごとく対立ばかりしているが、今回は何故か同調を示してくれた。

<忘れるな!玉音放送「耐え難きを耐え 忍び難きを忍び』>によせて。

今回の菅発言に関しては西村氏と全く同感で、「生活を切り下げ、質素、倹約をしていくべきだ。
首相は記者会見の時に、国民に生活様式を変えてください」と広く訴えるべきだった。
原発停止と生活切り下げはペアでないとおかしい。
原発は停止し生活は今のまま。このような夢のような世界があるようにも聞こえる
菅の今回の発言。ペテンと紙一重ではないか。

昔、梶山静六と言う政治家がいた。戦時の梶山である。日本は首相制で大統領制ではない。
すべて内閣の連帯責任である。そのようなことは百も承知している。
しかし戦時において、国民が総理に望むのは確固とした信念に基づく決断である。決断に基づく結果は、全て総理と信認を与えた我々国民が受け入れるのである。

それが民主主義ではないのか。従って、民主主義という政治形態はある条件において、とてつもないコストを有権者は負担するのである。」まさにこれが民主主義における正論ではないのか。

「耐え難きを耐え 忍び難きを忍び」を今一度思い出そう。 マスキ

 

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

カテゴリー: つれづれ | タグ: , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

節電に思う 玉音放送を忘れるな!

忘れるな!玉音放送「耐え難きを耐え 忍び難きを忍び」
産経新聞は自民党と電力業界のご用聞きか

 6日の記者会見で、首相は浜岡原発が東海地震の震源域内にあることを指摘し、「文部科学省の地震調査研究推進本部の評価によれば、30年以内にマグニチュード8程度の想定東海地震が発生する可能性は87%と極めて切迫している。防潮堤の設置など、中長期の対策を確実に実施することが必要だ」と強調した。その上で、中部電力へ停止要請すると述べた。

 これを受けて中部電力は9日、臨時取締役会を開き、菅首相から要請を受けていた浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の全面停止を受け入れることを決めた。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110509-OYT1T00803.htm(2011年5月9日17時22分 読売新聞)

 工事詳細、日程などは既に報道されているとおりで、国民に対して情報は伝達されている。

 地震予知をはじめ防災など政府肝いりの各機関が口を揃えて警告を発しているのが東海地震である。静岡県~御前崎沖を震源域とする巨大地震で何時来てもおかしくないと断定している。「何時来てもおかしくない」、つまり今日でも明日にでも、今この時間に来ても不思議でないことを指している。

 今来てもおかしくない、その震源地の真上に位置するのが、菅首相が停止要請した浜岡原子力発電所である。

 今回の東日本大震災よりも確実に、しかも早くこの浜岡の地を襲うと国が予知しているのが東海地震、この度は順序が逆になったのである。

 福島第一の事故処理さえ未だ定かでない時期に、東海地震が襲ったら正しく日本沈没そのものとなる。こうした状況を踏まえた上で、菅総理は停止要請を判断したのである。
 「危ない、危ない」と言い続けられ、自民・公明の連立政権は危機への対応を何ら施さないまま、政権は民主党へと代わって今に至って来た。この度、民主党の菅総理が初めて「停止」の決断を下した。

 この首相の決断に、大阪府の橋下徹知事はいち早く、「停止要請は大英断、関西の電気を融通したい」と支持を表明した。さらに特筆すべきなのが鈴木修・スズキ会長兼社長の見解である。これは国民全員で熟読したい。

【原発停止要請「正しかった」…スズキ会長】
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866922/news/20110508-OYT1T00051.htm
 菅首相が中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の運転停止を要請したことについて、鈴木修・スズキ会長兼社長は7日、報道陣の取材に応じ、「(東日本大震災後の)福島第一原発の状況を見れば、浜岡原発が受ける被害はもっと大きくなるだろう。国の最高決定権者として正しかった」と、一定の評価を示した。
 自社の生産活動などへの影響については「仮定の問題なので答えられない」とした上で、「大きな問題にならないようにみんなで協力してやっていけばいい。生活を切り下げ、質素、倹約をしていくべきだ。首相は記者会見の時に、国民に生活様式を変えてくださいと広く訴えるべきだった」と持論を展開した。
(2011年5月8日10時43分 読売新聞)

 これぞ企業の社会的責任ではないのか。我々国民は見習うべきだ。

 原発事故の目途すら立たない今、平時ではない。国民の生命と国土が危険に晒さらされている戦時である。目に見えない巨大な自然という敵を相手に戦争をしている。民主主義(多数決)的手法は平和時に最も理想とする政治形態だが、今は一刻を争う緊急時である。議論を費やしている時間はなく、小田原評定で災難を拡大・深化させてはならない

 徳俵にかろうじて乗っているのが日本だとすれば、悠長な手続きとか根回し(利権の調整)に一国の総理が拘束されてはならない。民主主義で選任された首相は国民の信任を受けている。戦時において、国民が総理に望むのは確固とした信念に基づく決断である。決断に基づく結果は、全て総理と信任を与えた我々国民が受け入れるのである。それが民主主義ではないのか。

 従って、民主主義という政治形態はある条件において、とてつもないコストを有権者は負担するのである。

 自民党を利権分配集団の本家(兄貴)とすれば、分家(舎弟)に当たるのが民主党だ。どっちもどっちで、その歴史認識や外交等々、いずれに亘っても同調するところなど欠片もない。欠片どころか、真っ向から糾弾してきたが、今は平時ではなく、国民の生命と国土が危険に晒さらされている戦時である。目に見えない巨大な自然という敵を相手に戦争をしている。政争に明け暮れ、敵と戦わない国民、政治家は非国民に値する。

 その「非国民」とも思われるのが保守派とされる産経新聞、8日朝刊の一面が菅総理の停止要請に、「百出する難問 拙速要請鮮明」と題して批判記事を載せた。中部電力が停止要請を受け入れれば「予想も出来ない大停電が起こる」とか、業績悪化で株主訴訟を起こされるなどと脅迫めいた内容でさえある。

 「力なくこう漏らした」とする電力社員の不安に同情を示して、この記事はこう締めくくる。「唐突要請の影響は、今後さらに広がる恐れがある」と!

 先の大戦、大東亜戦争を我が国民はどう戦ったのか。挙国一致体制の下、各家庭や個人は鍋釜、貴金属類を国家へ供出し、米英支蘇相手に総力戦を戦ったことを忘れはしない。国家が東日本大震災で強烈なダメージを受け、今更に東海地震という敵が牙を剥いて襲いかからんとしている。

 今は戦時である。国家が貴金属の代わりに「節電」を国民に呼び掛けている。灯火管制ではなく、照明を抑えて欲しい。冷房を切るのではなく、温度を調節して欲しい、扇風機ではどうか、等々・・・。

 たかが節電ではないか。その節電すら協力出来ないとする産経新聞は欲望民主主義の権化、「非国民」に値する。

 産経新聞とこれに同調する日本人よ!玉音放送「耐え難きを耐え 忍び難きを忍び」を忘れたかと言いたい。

 「今後さらに(不安が)広がる恐れがある」ともっともらしい理屈を並べているが、他でもない、産経新聞が警鐘を鳴らす「風評被害」を己自身で煽っているのではないのか。自民党と電力業界のご用聞き新聞に成り下がるな。


山あひの鄙(ひな)びた駅舎に風霜の華やぎ添ふる薄墨桜

 

 

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

三つの論点から原発を考える

 原発に関して、自分は核拡散防止条約に絡む軍事上の事柄のみに関心を寄せて来ただけであり、「反」「推進」いずれの立場を論ずるだけの勉強がなかった。今回初めて双方の見解などを一通り学んだ。
 世上、「反」「推進」さらに「脱」が原発をめぐる大まかな立場を表しているように思える。「コスト」「環境(安全)」「安全保障」という三つの観点から考えて見たい。

【原発のコストは安いのか】
 一つ目の「コスト」について言えば、ウラン1グラムの発熱量は石炭3トン分に相当するとか、エネルギー別の発電コストは原子力が5~6円と一番安いこととかになっているが、本当だろうか。
 各電力会社の工事建設費並びに誘致対策費、国による巨額の交付金、見掛け倒しの事故対策費、原子力関係予算、さらには核廃棄物処理費などなど、これらが発電コストに厳密に算入されているか全く明らかにされていない。「コスト」の実体は、はなはだ信憑性に欠けると言わざるを得ない。
 核廃棄物処理に関しては、青森県六ヶ所村にある日本原燃株式会社(にほんげんねん)が、一切の使用済み燃料の再処理を請け負っている。再処理を目的に設立された政府肝いりの国策会社であるが、この存在も甚だ不透明である。

【技術に絶対はない】
 二つ目の「環境(安全)」だが、科学はあくまで未知の客観世界を認識する研究分野であって、科学が抽象的に万能などはあり得ない。その科学という未だ研究分野の原子力を扱いコントロールするのが技術であり、その技術に時空を越えた絶対などもあり得ない。それはあくまで現時点での限定された絶対である。安全(環境)を著しく損傷した今回の福島第一の「想定外」で、「絶対」が如何に当てにならないか証明してくれた。

【無に等しい原発の安全保障】
 三つ目の「安全保障」こそ最も深刻に考えなければいけない。各地の全原発が海岸縁に建設された津波の“好餌(こうじ)”とも言える立地条件にあることだ。さらにこの原発が軍事上から見たとき、無防備のまま晒されており、戦時の場合は真っ先に攻撃の矢面に立たされる。
 その結果の事態は言うまでもない。想像を絶する核汚染物質が全土を覆いつくす。国家の安全保障上、「想定外」などで済まされない。さらに忘れてならないことは、ウランの輸入は反日のオーストラリアとカナダで、全輸入の60%を占めている。燃料の自給率ゼロで、輸入に頼っている原子力がどうして「貴重な電力」に成り得るのか。

【条件的「脱原発」】
 以上三つの論点からして、我が国は条件的な「脱原発」が望ましいと考える。条件的とは全発電量の一割程度とし、原子力研究は進めていく。これはシナ、ロシアなどが更なる原発推進の方向であることからして、この研究分野で遅れをとってはならないからである。

【追記】
 なお、西村真悟の時事通信(平成 23 年 4 月 26 日号)は、ウランが石油と違い禁輸の恐れがないとしたうえで、「原子力による発電が必要だ」としている、しかし、そのウランという化石燃料は100%海外に依存している。現実を知らないか、故意に無視しているか分からないが、事実を挙げた道理を説きたいものである。
 六ヶ所村の核廃棄物処理だが、プルトニウムを大量に含む高レベル放射性廃棄物の減衰期間は約二万年とされている。その廃棄物はガラスに封じ込め、ドラム缶で地下三百メートルに貯蔵される。二万年後のガラス、ドラム缶の存在を誰が確かめることの出来ようか。
 今現在を原子力の利便につかりながら、後世にとてつもない負債を残していくことが許されていい訳がない。原発をめぐる立場の相違を越えた深刻な問題であり、誰もが避けて通ってはならない。

 先人が我々に残してきたこの日本列島、地球を放蕩親父のように食い潰してはならないのである。

 

 虫や鳥 人間さえも見かけざる

春は沈黙FUKUSHIMA第一 

 春の日の明るさのみを照り返す

瓦礫の上に無情の碧空 

 

 

 

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。
84 / 84« 先頭...102030...8081828384