「シナ」は世界の共通語

「中国」は日本人への強制・差別用語

シナ人が「シナは蔑称でない」(新浪網公司 平成12年9月22日)

 主権回復を目指す会はこの6月で設立5年目を迎えるが、当初掲げていた目標の一つに保守陣営における「4ない」の克服があった。

 「4ない」とは

   ① 「デモ行進」が出来ない
   ② 「日の丸」を掲げられない
   ③ 「街宣」が出来ない
   ④  中国を「シナ」と呼べない

 上記4つが「出来ない」だったのである。理由は「右翼にされてしまう、左翼からの妨害が怖い」などであった。保守派は講演会とか懇親会では意気盛んに愛国を吹聴するが、何か事が生じれば内にこもる書斎・サロン派に徹していた。会創設5年目にして振り返り、上記4つは保守も普通に出来る状況になったと評価していいだろう。
 しかしながら4番目の「シナ」と言う呼称であるが、今でも保守派の一部には抵抗感があるようだ。

 ほぼ12年前にさかのぼるが、この問題である事件が発生した。

 千葉県の麗澤大学が「シナ」の呼称で授業を行う講師を、それは「差別語」にあたるとして、シナ人留学生の抗議を受けてこの講師を免職させた事件である。講師とは藤井厳喜氏、保守、愛国者で知られる国際学者である。

 我々はこの免職が不当解雇、言論弾圧だとして麗澤大学へ徹底的な抗議行動を繰り返した。

 その時の大学側との交渉並びに「シナ」という呼称の歴史的合理性を、槇 泰智氏が「政経通信15号」(平成12年9月1日)に詳細を綴っている。

 さらにこの直後、シナ最大級ネットの新浪網公司が「シナ(支那)は中国への蔑称」と一部の学者などから出ていた改名要求を拒否している。

 因みに



中国運輸局: 広島市中区上八丁堀6番30号
中国管区警察局: 広島市中区上八丁堀6番30号
中国銀行本店: 岡山市北区丸の内1-15-20 
中国電力: 広島市中区小町4番33号
中国地方の子守歌: 岡山県井原市高屋町が発祥の地


中国地方の子守唄の発祥地は、井原市高屋町。写真は子守歌を奏でる高屋町のモニュメント。

 などなど彼のシナ大陸ではなく、中国地方とは山陰又は行政区分として鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県を指す。

 以下、「シナ」を考える上で貴重な参考資料である。

 ↓



「政経通信15号」支那人留学生の横暴に屈服した麗澤大学
 http://www.shukenkaifuku.com/past/teigenshutyou/12_9_1makiyasutomo.htm

 政府の決定に反する言論は禁止/話し合いによる解決は拒否

<藤井厳喜非常勤講師が解任されたことの真相とは>

平成12年9月1日  
「政経通信15号」  
政経調査会代表 槇 泰智  

【会談で明らかになった大学側の事勿れ主義】

私が中国の名称を用いず支那と呼称するのは主に以下の理由からである。

①支那の呼称は古代シルクロードの要衝、雲南省に栄えた商業都市「支那城」に起源を発し、更には「秦」に由来するものであり、何ら差別的表現ではない。

②我が国において中国と言えば山陽・山陰道に位置する五県を指す地方名以外には存在しない。

③中国という表現こそ「我こそは世界の中心」とした中華思想によるものであり、日本人を東夷(東の野蛮人)と見下した逆差別語である。

④英語でCHINA(チャイナ)と呼んでもよいが、シナはだめと言うならば我々は千葉(CHIBA)をチャイバと発音しなければならなくなる。

因に仏語はシーム、西語はチナ、独語はヒナ、伊語はシーナである。

千葉県柏市の麗澤大学(廣池幹堂学長)国際経済学部において非常勤講師の藤井厳喜氏が講義の中で支那という呼称を使用したため、一部支那人留学生が騒ぎ大学はその圧力に屈して、藤井氏の講義を打ち切り事実上解雇するという事件が勃発した。

6月14日付けで同大学「中国人留学生会」の張麗燕(女子)が丸山康則同学部長に対して同会名で「政治学の授業に関するお願い」なる文書を提出し藤井氏の発言・態度を改善するよう要望すると同時に、「中国人留学生へ」と題する呼びかけ文を配り「藤井先生が中国人を侮辱した」と訴えたのである。

6月26日、藤井氏は張麗燕を含む支那人留学生5人と丸山学部長、それに藤井氏を非常勤講師として大学に紹介した鈴木幸夫前同学部長と対談の機会を持った。

藤井氏が支那は差別語ではない旨論理的に説明しても、彼らは「侮辱と感じる」「いやだからやめろ」と感情論を繰り返すだけで話し合いは平行線を辿った。

 藤井氏が授業の中で時間を設けるので「諸君の意見を皆の前で堂々と展開してくれ」と提案したが、「議論する事自体がけしからん」、と拒否、最後は「私たちが納める学費から先生たちは給料を貰っているのだから私たちの言うことを聞きなさい」、と絶叫する有り様。

 同席した2教授は彼らを諌めるでもなく沈黙を押し通した。

 小紙、前号で報じた校長に土下座を迫った東京・国立市立第2小学校の児童同様、「教えを乞う」という教育の基本理念が崩壊している。

 この麗澤大学が「道徳教育の徹底」を建学以来の基本理念、と豪語しているとは正に笑止千万。

 最も支那人留学生としては本国に還ればこのような暴言が吐けようはずもなく、我が国を属国と見なす中華思想による発言に他ならない。

ましてや国費留学生として我々が納めた税金で来日した学生の言うべき事ではない。

 その後7月に入り大学側から「講義内容についてのお願い」、という文書で支那使用の禁止が通達されたが、藤井氏がこれを拒絶する旨回答したことで17日に講義打ち切り、事実上の解雇となったのである。

 この間、支那が差別語であるか否かという事は一切議論されていない。

 この異常事態を受けて幣会では維新政党・新風千葉県本部(現在、主権回復を目指す会代表)の西村修平代表と千葉県立小金高校(現在、県立柏北高校)の先田賢紀智教論、そして同大学同学部の4年生で藤井氏の講義を受講しているS女史の4人で7月24日、同大学に抗議に向かった。

 先方は丸山学部長・永井四郎同学部教務主任・松井副学生部長・今村稔庶務課長が出席したが、主に丸山学部長が受け答えた。

 紙面の都合上、応答の主要部分を以下の通り抜粋する。

【支那のどこが差別語ですか?】

丸山 歴史の専門家の意見では支那という言葉は秦をインド側から呼んだ言葉とか、シルクロードの絹を表す言葉とか諸説があるようだ。

 日本で支那という言葉が使われたのは江戸中期である。これは尊敬を込めた言葉であった。

 明治中期までそうであったが、日清戦争以来日本が大陸進出を謀ってから太平洋戦争まで支那は侮蔑語として使われた。中国の留学生は支那を侮蔑語として学んだ。

 1946年日本の外務省に向かって中国から「支那という名称を使ってほしくない。中華民国を使うように」と、要請が来たので外務省次官名で全てのマスコミに「今後中国という名称を使うように」通達が出された。同時に文部省も学校では「中国」を用いるようにとしている。中国からの留学生が「支那」に差別感を持つのは当然だろう。

西村 藤井先生に出した「講義内容についてのお願い」の中で「国際関係にも十分配慮してほしい」とあるがどういう事か。

丸山 先生が外部で活動されるのは全く自由であるが、麗澤大学には学生3000人の中に留学生が400人いる。その中の158人は中国人であるということに配慮してほしいということだ。

西村 英語では「中華人民共和国」はどう言うのですか。

丸山 The People,s Republic of Chinaです。

西村 人民共和国はPeople,s Republicでしょうが中華はどう言うのですか。

丸山 ………

槇  The brilliant Central of The World(華やかなる世界の中心)とでもなるのでしょうね。

丸山 Chinaでしょうね。

西村 そうすると支那人留学生はChinaとよばれても怒らないわけですね。

丸山 国際的にはChinaで通っていますからね。

西村 そうすると欧米人がChinaと言うのは問題にせず、日本人が支那と言うのに怒るのはどうしてでしょうか。どうして侮蔑を感じるのでしょうか。

丸山 その国の文化の中でそれを侮蔑と感じることがある場合、それは仕方のない事でしょう。差別というのは相手がどう受け止めるかが問題です。セクハラと同じです。

槇  言葉はそれを使う人の内面的なものではないでしょうか。「この中国人野郎」と罵倒する人と、「支那人の方大丈夫ですか」といたわりの言葉をかけるのではどちらが問題でしょうか。

西村 欧米人がChinaというのに侮蔑を感じないのは何故か問い質したのですか。

丸山 それは中国人の問題です。

西村 だから、それを支那人に説得しなきゃならないのじゃないですか。日本人にだけ「支那を使うな」と言うのは、日本人だけを差別していることだと、分からせなきゃいけない。

槇  支那が差別語でないという事を教えないからですよ。逆に中華と言うほうが他国を見下した差別語である、と教えるべきですよ。

丸山 藤井先生の講義を受けている学生でさえ「あれほど立派な講義をなさっているのに、何で差別と誤解を受ける支那という言葉を使うのか、勿体ない」という声さえあります。

槇 その通り、誤解である。支那は差別語であるという誤解を解く努力をするのも大学の使命ではないですか。

丸山 大学の外でそういう運動を願いたい。大学の中では差別と感じる学生が1人でもいる限りできません。

西村 158人も支那人留学生がいれば、その中には共産党のキャップがいるでしょう。彼らは月に1回留学生の動向を中共大使館に報告に行っています。そしたら「支那で結構、問題はない。中共には言論の自由など何もない」などと誰が言えますか。言いたくても言えない人達がいる、だからそれを学問の場でやっていただきたい。それが文学博士としての先生のあるべき姿ではないですか。

丸山 私たちは教育環境を和やかなものにするというのが仕事です。

西村 では支那人が騒げば何でも「ハイハイ」と聞くのですか。

丸山 何人が騒ごうが、和やかな教育環境を作るという事を考慮しなければならない。

西村 チベット人で中国のパスポートを持っている人がいますが、この人が「中国は漢民族の言葉である。今に我々は独立するから、中国という言葉は使わないでくれ」と言ったら、あなたはこのチベット人の言う事を聞くのですか。

丸山 仮定の問題には答えられません。現実に学園で預かっている学生達が問題なのです。

西村 ではあなたは学者としての良心を投げ捨てても平穏無事であればいいと言うのですね。仮定の問題に答えられないならば、学問を追究する資格がない。

先田 これは学問ではなく政治問題ですよ。留学生は経済的・政治的なエリートです。もし政府の意向にそぐわない言動をとったら留学できないのではないですか。支那が差別語だとしたら逆はどうですか。卑弥呼は。邪馬台国はどうですか。これらの漢字こそ悪意を込めた差別語ではないですか。それを棚にあげて支那が差別語とするのはジャパンバッシングのための屁理屈ですよ。

丸山 政治問題ではなく文化の問題でしょうね。

槇  物事の真偽を問わず無条件に多数に媚びるというのであれば、何も考えず仲間外れを恐れて皆と同様にルーズソックスを履いている女子高生と同じではないですか。

S女史 私は政治学を専攻して藤井先生を尊敬する1人ですが支那と言ってもいいと思います。松本健一先生(同大学教授)の授業の中で、中国の華夷秩序を、中華人民共和国の中華というのは東夷・西戒・南蛮・北荻に対する世界の中心という意味であると習って、先生に「それは昔の話でよすね」と質問したら、「今もそうですよ」と答えられました。それでもし私が「中国ということはそれを認めることで差別を感じるので、支那と言いたい」と言ったら丸山先生はどうおっしゃられますか。先生は「差別と感じる学生が1人でもいる限り」と表現されましたが、どうですか。それは日本人の学生に対しても同じ事だと思いますが。

丸山 中国の文化の中で育った留学生が支那という言葉に対するイメージも問題です。

S女史 何人かの先生に伺ったのですが、支那という言葉自体は差別語ではないし問題ではない、どういう文脈で使ったかは問題になるかもしれないが、ということでしたが。

丸山 それは中国人の留学生にとっての問題ですよ。

S女史 私たち日本人にとってはどうなんですか。

丸山 あなたはどう呼びたいわけ。

S女史 私を含め殆どの学生は中華という意味を知らなかったわけです。知ったからといって支那と呼びたいとか中国と呼びたくない、とは思わないです。だからといって藤井先生に「支那といってはいけない」というのは違うと思うんです。

槇  1人でも差別と感じる人がいたらやめさせると言うのだから中国を差別と感じる人がいたら中国という語を使用禁止にするのか、と聞いているのです。

丸山 逆の例でいけば、日本で育って外国へ行って、ジャップのような日本に対する差別語を言われたらどうですか。

S女史 でも支那は差別語ではないですよね。それを中国の留学生に教えてあげたらいいのではないですか。それをしないということは差別語であると認めた事になるのではないですか。

【最後まで逃げに徹した大学側】

槇  今あなたは支那が差別語であるかどうかという事については争わないのですか。

丸山 私自身は差別語であると思います。

槇  あなたが思うのは自由だが差別語であるかどうか議論する機会を設けていただけませんか。

丸山 いや、もうこの問題については、和やかな教育環境を作るというのが私共の使命ですし。

西村 支那人のための和やかな教育環境ではないか。日本人学生の教育環境はどうするのか。

槇  最後に確認したいのですが、中国という言葉を使え、という根拠は世間一般の常識だからですか、それとも昭和21年の外務次官通達があるからですか。

丸山  国が決めた事ですね。外務省と文部省も学校関係者に対しては次官通達で。

槇   だがその通達は我が国が米軍の占領下にあり主権を剥奪された状態で、所謂戦勝国からの要求により出されたものであり、本来なら昭和27年に講和条約が成立し、独立を果たした段階でそれが妥当なものか否か検討すべきではなかったか。

 まして、当時の国民党政府と現在の中共政府とは別物である。

 にも拘わらず50年以上前の次官通達があるから麗澤大学では学生は支那という言葉を使ってはいけない、という事ですね。

丸山 授業の中で使うのはよくない。授業以外でも中国という言葉を使う事を望みます。

槇  先生の場合は学外ではよくて、学内ではいけないと。学生はどうですか。授業中に使ったら処分するのですか。

丸山 それはないですね。処分する、しないという次元の話ではないでしょう。中国という言葉を使うように指導します。例えば中国人がいるパーティーでは彼らが望まない言葉はさけるよう。当然のマナーですよ。

槇  それは支那が差別語であるという立場に立っており、それ以外の考えは一切認めないという事ですね。

丸山 いろいろ考え方があるでしょうが我々はそういう考え方です。

西村 麗澤大学の学生がインターネットで支那という語を使っているのですがどう思われますか。彼の処分に関わることなのでお聞かせください。

丸山 もう時間ですから。私共の申し上げる事はこれ以上ありません。終わることにします。どうも。

(大学側一同席を立とうとする)

槇  昭和21年の外務省次官通達が根拠ということですね。それなら村山内閣がやった戦争謝罪決議にも、河野洋平がやった従軍慰安婦強制連行説も政府が認めたことですが、これにも異を唱えては行けないわけですね。それなら支那共産党政府と同じではないですか。

政府の決定に異論を持ってはいけないというのでは。

丸山 憲法論と同じではないでしょうか。現憲法がある限り生きているわけですから。変えれば別ですよ。私共の用意している検討事項はこれまでです。

西村 こんなことをしていたら次から次へと支那人はトラブルの種を持って来ますよ。こんなの手初めですよ。

槇  政府見解に反することを議論することはいけないということですね、この大学では。

丸山 国民的常識だと思います。

槇  従軍慰安婦の強制連行はあったと言わねばならないし、日本は侵略戦争をした国なのだと言わなければならないのですね、この大学では。

S女史 すみません、私も学生として藤井先生の講義の再会を望んでいます。

丸山 もう終わりにしましょう。

以上の内容からも分かる通り大学側は最後まで逃げた。

結局、私としては支那が差別語ではない、という持論を開陳する機会も与えられぬまま、話し合いは一方的に打ち切られた。

大学側は民主主義のルールに沿って話し合いで解決することを拒絶したのである。ならば、解決したければ話し合い以外の手段、つまり「暴力で来い」と、いう事と理解すればよいのだろうか。

最高学府としての見識が疑われる。文部省ではこの支那共産党の手先に対し年間5億円の血税を私学助成金の名で投入しているのである。

最近の少子化現象の中、学生が集まらず、定員割れで助成金がカットされるのを危惧して必死に支那からの留学生を誘致している地方の短大があると聞くが麗澤大学もその一つなのだろうか。ならば冒頭の支那人留学生の言うように黙ってお客様に従うべきと覚悟を決めているのか。

因に、本件について藤井氏が「諸君」(文芸春秋社刊)9月号において執筆したところ、翌10月号において鈴木幸夫教授(前出)が大学側を擁護して反論を書いているがその内容たるや誠にお粗末。

「藤井氏がどうしても納得できないなら、外務省なり文部省、あるいは新聞、通信、雑誌、放送の主要各社に、なぜシナまたは支那を使わないのかと談じ込んだらいい。各社がどう答えるか、大いに見ものである。」、と多数を見方につけた如く嘲笑している。

 大学教授という肩書きを付けて70数年生きて、よくこのような血迷った事を一般誌に書けるものである。今回の1件はあくまでも自らの受け持つ講義の中で支那の呼称を使用することを妨げるな、と言うことであり、無知なる世間一般に対し使用を強制するといったことではないことが理解できていないのである。

 これは大学側そのものも同様であろう。故に彼らとの議論が噛み合わなかったのも今となっては頷ける。

 これら無知蒙昧な教授陣の下で学園生活を送らねばならないとは、向学心に燃えて入学して来た優秀な学生等があまりにも哀れではないか。

◆参考資料(東京新聞 平成12年9月22日)

「シナは蔑称でない」(北京21日清水美和)

<中国 最大級ネットが改名拒否>

中国で最大規模のポータルサイト「シナ(sina)・ネット」を経営する新浪網公司は21日、本紙の取材に対し「シナ(支那)は中国への蔑称」と一部の学者などから出ていた改名要求を拒否する方針を表明した。「シナは英語のチャイナを語源としており、それ自体に侮辱の意味は込められていない」というのが理由だ。

 最近、「中国青年報」など一部新聞が、中国最大のネットが「シナ」を名乗るのは国辱的だと、日本から帰国した学者などの意見を紹介する形で批判。北京大学の劉金才教授は「日本が中国への侵略を開始するにつれ中国への蔑称として使われるようになった。シナは支那と発音が全く同じであり、もし日本で中国のことをシナと呼べば中国人とけんかになる」と名称の再考を促した。

 これに対し新浪網広報部は「シナは英語のチャイナの過去の発音。中国の英語名を変える必要がありますか。シナに侮辱の意味が込められているというなら、自身の国家を強大にすればいいだけの話。新浪網は将来、シナを世界のブランドにし、中国人が誇れる呼び名にする」と批判を一蹴(いっしゅう)。シナ・ネットにも「欧米人にチャイナと呼ぶのを許しながら日本人にだけシナと呼ぶのを許さないのは不公平」など同社を支持する意見が寄せられている。

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

 

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

【シンポ】原発の是非は知識より見識で

論争とは事実を挙げて道理を説くことである


 「とんでもない高レベルの廃棄物が大量に発生し、第一原発の事故処理は 未知の領域 に入る。どこに、どうやって、誰が保管するか何も決まっていない」
(毎日 6月16日)

左イメージ:仏原子力メーカー 
「アレバ」の汚染水処理システム

 毎日新聞が伝えた経済産業省資源エネルギー庁幹部のコメントである。何に対してのコメントか。福島第一原発で汚染水浄化処理システム(仏メーカー・アレバ社)の全体試運転に向けてである。

 放射能の汚泥が年末までに約二千立方㍍(ドラム缶で一万本)が発生する。加えて濃度は一立方㌢あたり一億ベクレルもの高レベル、他にセシウムを吸収し終えた容器(高さ二・三㍍)も一日二~四本発生する。

 これを指して経産省の幹部は「未知の領域」とコメントした。しかしながら、この試運転さえもトラブル続きで、18日現在いまだ再開のメドは立っていない。

 福島原発の事故は、震災直後において既にメルトダウンしていた。最初から最悪の事態が、今現在も進行している。汚染水の処理を含めて事故発生後4ヶ月を過ぎようとしているが、収束の見通しすら立っていない。

 「未知の領域」とは、人類が初めて経験する領域へと入ることを言う。我々は良きに付け悪しきに付け、原発事故の対処で歴史的な事態に遭遇している。 

 こうした情勢を踏まえて主権回復を目指す会は、「原発の是非を問う これからのエネルギーを考える」と題したシンポジウムを開催した。

 討論の内容は録画で収録されており、これに対する論評をこの度は差し控えることにする。各自が冷静に判断するべきであろう。
 司会で心懸けたことは偏らないのはもちろんだが、「原発の是非を巡っては保守・愛国陣営の中にも推進、反対など様々な立場がある。意見の相違を有意義な討論にするためには、それ以前に一人の日本人として日の丸を愛し、日本民族であるという自覚であって、そこから逸脱してはならない」との一致点である。

 論争とは、論を争うのであって感情を争うのではない。論とは事実を挙げて道理を説くことである。争うのは単なる知識の羅列ではなく、得た知識から物事の本質を見抜く見識である。これ見よがしの知識ではなく、見識を争うのである。
 この作法から逸脱しなければ、議論高じて口角泡を飛ばしたところで、決して感情を害して人格を傷つけ合うことなどない。

 司会者として、登壇者それぞれの見解を集約した上で


1 コスト
2 代替エネルギー
3 環境
4 安全保障
5 利権

 以上の5点に焦点絞り、シンポを進めたが時間の制限で「利権」にまでたどり着けなかった。

 シンポでは各自の見解の相違が浮き彫りとなったが、相違についての深い議論までは行けなかった。しかし、双方・各自の認識の相違などが鮮明となった。
 よって第二、第三回目のシンポジウムの開催が必要と思った。



【シンポジウム】原発の是非を問う これからのエネルギーを考える


6・10 文京区民センター|参考:http://nipponism.net/wordpress/?p=1412
(↓ 画像:クリックで拡大)

原発推進から、脱原発、反原発に至るまで、様々な見解を持つ登壇者が一堂に会した

愛国、保守運動において双方が議論を闘わすことは滅多にない

シンポジウム主催者として司会を担当

永井清之氏(原発推進派:最年長68歳 京都大工学部卒)

電力料金の大幅上昇による国内産業への打撃、石油価格の高騰、核関連兵器への転用が閉ざされる可能性等々を勘案し、原子力に代わる動力源は無いと考える。停電そのものは大して怖くない。戦後20年~25年くらいまで停電は日本全国で殆ど毎日。それでも日本人はパニックにも陥らず、晩飯を早く済ませるとかロウソクを買い込むなどして対策。経済と安全保障の観点から推進します。原子力に代わる動力源はなく、損得で言えばこれを否定すると電気料金が大幅アップする。


八木康洋氏(原発維持/推進派:在特会副会長であるが個人の資格で登壇)

原発は過去も現在も将来も安全。悪いのは菅政権。東電の対応は基本的に間違っていない。安全保障の観点から、原発と同時に代替エネルギーも推進すべきと考える。原発は今もこれからも安全である。原発爆発は事故ではなく事件であり、悪いのは菅直人首相はじめ民主党政権である。反原発デモは極左だとして、在特会の対抗行動を陣頭指揮してきた。


松本英志氏(反原発/過渡期派:主権回復を目指す会)

原子力は、一方では動力源、もう一方では軍事兵器。中共や北朝鮮という危険な核保有国が存在しており、核兵器を感情的に否定はできない。一切の感情を抜きに包括的な観点から、具体論として原発問題を提言していきたい。

大別して兵器と動力として利用されてきたのが原子力の歴史であり、私としても感情的には(原発を)否定したいが、そうではなく建設的に意見交換を進めるためにコストはどうか、代替エネルギーは可能か、環境と安全保障そして産業の観点から何故必要なのか、何故不要なのかを提言し続けたい。


野村旗守氏(脱原発/過渡期派:ジャーナリスト)

経済と安全保障の両面から原発保持の立場であったが、今回の事故を見て、原発は人間の手に負えないという認識に至った。代替エネルギーへの移行を真剣に考えるべきではないか。全国的に盛り上がる反原発デモだが、決して極左が主導しているわけではない。彼らは逆に大衆の中に埋没している。


瀬戸弘幸氏(原発被害当事者:福島県民)

原子力の可能性を信じてきたが、現実問題を考えると受け入れる地域が日本にはもう無い。推進は無理だ。現状維持が妥当。

しかし必要です。原発を即座に無くすと約二十年前に逆行することは避けられませんし国際競争からも大きく脱落する。従って現状のままで構わない。それには条件がある。電力会社の国有化と安全に関する厳しい罰則が必要と考える。何かあれば国が全面的に責任を持つ。

 

【動画】シンポジウム「原発の是非を問う これからのエネルギーを考える」

youtube
http://www.youtube.com/playlist?p=PL61C6268E45A0A9A3

ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14722987

ustream
http://www.ustream.tv/recorded/15282744

 

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

カテゴリー: お知らせ, 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

閑話休題 紫陽花は日本原産


 「あず」 集まる

  「さ」 真

  「い」 藍(藍色)

     以上を省略して、あじさい。

    「真の藍色が集まっている花」という意味合い、花言葉は「移り気」、日本原産。

 

 白山神社(文京区)の紫陽花祭り
※ 画像クリックで拡大

参道 天暦年間(947~957)に加賀一宮白山神社を現在地に

明治四十三年五月中旬の一夜、孫文は宮崎滔天と共に境内の此の石に腰掛けながらシナの将来を語ったという

境内には数千株の紫陽花が咲く

雨にこそ輝く藍色

真白き一株

神社の三毛猫、梅雨の合間に外でうたた寝

 

降り止まぬ雨に打たれし紫陽花の花びらごとに藍のかがやく

咲き競ふ幾千株の紫陽花に人目を恥じらふ真白き一株


最も降雨量に恵まれた日本列島において、最も降雨の集中する時期が梅雨時の今、雨に打たれた草花がこれ以上に光り輝く季節はない。日本原産だけあって、紫陽花は我が日本列島の地理的条件を集約した草花とも言える。


「水の惑星」に生きる宿命
http://nipponism.net/wordpress/?p=581

この地球は「水の惑星」と言われる。その「水の惑星」においても、我々が住む日本列島は周囲を広きに渡って海に囲まれ、且つ奇跡的とも言える地理的条件の下、豊かな降雨量に恵まれた地球上のオアシスと言っても過言ではない

 

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

カテゴリー: つれづれ, 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

何を「保守」するのか

保守すべきは民族の生存、<利権分配集団>の権益ではない

 

主権回復を目指す会が二大政党をして<利権分配集団>と公に規定したのは、平成21年2月1日の声明文『政界の「離合集散」とは民主と自民の相続争いだ』である。
http://www.shukenkaifuku.com/past/shuchou/090201.html

また、「二大政党は兄弟(民主党・自民党)による独裁支配」の横断幕を掲げ、鳩山由紀夫代表が首相に指名される国会前(平成21年9月16日)で抗議街宣を行った。
http://www.shukenkaifuku.com/past/KoudouKatudou/2009/090916.html


二大政党は利権分配集団による独裁体制をいう

指名選挙が行われる国会へ「売国極左を閣僚に据える亡国内閣を打倒せよ!」

およそ今から3年前にさかのぼることであった。

<利権分配集団>の言葉は何に対してかといえば、下記の設立に対してである。

【参考】 保守勢力を集結、大衆組織設立へ 代表に田母神氏

2010.1.31 09:45  

  保守の立場に立った政治勢力の結集を見据え国民運動を展開する全国規模の大衆組織「頑張れ日本!全国行動委員会」が来月2日に結成大会を東京都内で開催する。代表には前航空幕僚長、田母神俊雄氏が就任する見通し。
  2月2日(火)午後2時に日比谷公会堂で2千人規模の結成・総決起大会を開催、安倍晋三元首相や平沼赳夫元経産相ら保守政治の確立を訴える政治家が来賓として出席する予定。 幹事長に就任する予定の水島総氏は「日本の再生に保守勢力の結集が不可欠。
  今後、政界がどのように離合集散しても一貫して保守政治家を応援、結集し、混迷を克服する強力な組織にしたい」と語っている。

頑張れ日本!全国行動委員会結成大会&日本解体阻止!全国総決起集会
http://www.ch-sakura.jp/sakura/ganbarenippon0202_flyer.pdf
【直言極言】頑張れ日本!全国行動委員会結成大会&全国総決起集会のご案内
[桜H22/1/22] http://www.youtube.com/watch?v=DazqFsn1nZM

代表挨拶:田母神俊雄(前航空幕僚長)
基調講演:安倍晋三(衆議院議員・元内閣総理大臣)
平沼赳夫(衆議院議員・元経済産業大臣)
各界人士演説(国会議員・地方議員・文化人その他)
「頑張れ日本!全国行動委員会結成宣言」採択
平成22年2月2日(火) 日比谷公会堂

■登壇予定(順不同敬称略)
安倍晋三、平沼赳夫、下村博文、高市早苗、山谷えり子、衛藤晟一、西田昌司、稲田朋美、大江康弘、城内実、中山成彬、西村眞悟、赤池誠章、萩生田光一、馬渡龍治、林潤、田母神俊雄、小田村四郎、日下公人、加瀬英明、西尾幹二、田久保忠衛、井尻千男、小林正、福地惇、西岡力、すぎやまこういち、増元照明、富岡幸一郎、藤井厳喜、潮匡人、西村幸祐、井上和彦、大高未貴、高清水有子、三橋貴明、石平、小山和伸、土屋たかゆき、三宅博、松浦芳子、三輪和雄、村田春樹、坂東忠信、英霊来世、saya、地方議員の皆さん他多数

ご存じのように、「頑張れ日本!全国行動委員会」の代表は田母神俊雄氏(前航空幕僚長)である。

田母神氏はその前年に航空幕僚長を罷免(平成20年10月31日)されていた。

罷免は理不尽極まるとして、大いに世上をにぎわしたのだが、上記にある「登壇予定」者で誰がこの罷免に立ち上がり、「田母神を守れ!更迭反対!」を叫び抗議したのか。この「登壇予定」者は保守派とされる方々であるが、防衛庁に押しかけ抗議したことを知らない。

KKRの土地売却問題と同様、この時も保守派は微動だにしなかった。沈黙していたのである。当時の首相は安倍晋三に次ぐ保守派期待の星でもあった麻生太郎だった。その麻生が田母神の首を切ったのである。

その当時、「田母神を守れ!更迭反対!」を国会前(平成20年11月11日)と防衛庁前(平成20年11月4日)で叫び抗議したのが主権回復を目指す会と呼び掛けに応じた心ある国民であった。


国会前で田母神支援の横断幕を広げる

車で乗り付ける国会議員へ「空将を守れ!」と檄を飛ばす

登庁する職員へ「売国総理の不当な処分に立ち上がれ!」と檄を飛ばす

帰宅を急ぐ防衛庁職員へ「内部から更迭反対の声を上げろ」と詰め寄る


【決起要請文】

 全自衛官に告ぐ!
「日本が侵略国家だったとは濡れ衣だ」とする論文を発表した田母神俊雄・航空自衛隊幕僚長の更迭は、日夜、国家防衛の為に最善を尽くす全ての自衛官に対する「死刑宣告」とも言うべき愚挙である!

 航空自衛隊員らが今なおイラクにおいて復興支援活動に従事し、海上自衛隊員がインド洋での給油活動に励み、さらには海賊掃討の命を受けてソマリア沖での活動展開が期待されている中、全自衛官の最高指揮官たる麻生太郎の暴挙は全軍の士気を大いに低下・停滞させるものに他ならない!

 日本が戦った自衛戦争を「侵略」とし、統治を「他国への植民地支配」とする屈辱的な歴史認識を政府見解とし、空幕長の論文を「適切ではない」とする現在のわが国の在り方こそ偽りそのものであり、このような屈辱的歴史認識に基づいて行なわれた田母神幕僚長の更迭を、心ある国民は断じて認めるわけにはいかない!

 今こそ全自衛官が超法規的行動に起ち上がり、村山・河野談話という亡国の歴史認識を継承すると宣言した売国総理・麻生太郎ら売国勢力から田母神幕僚長を守り抜こうではないか!

平成二十年十一月四日
主権回復を目指す会

 

因みに、この度の国家公務員共済組合連合会(KKR)の土地売却益はこれら防衛庁職員、自衛隊員、そして田母神氏らの年金に充足されるのである。シナ大使館へ売却した60億円であるが、「頑張れ日本!全国行動委員会」とその代表である田母神俊雄氏は、少しは釈明する義務がある筈だ。

「保守派」は一般的に保ち守る対象を伝統的な価値とか、とりわけそれを日本の国体だとする人々が多いようだが、しかし保守の対象をもっと明確に具体的に、徹底すべきと考える。

何を守り、さらには対象を何から守るかである。

我々には明確に守るものがある。それは日本民族の生存そのものである。そして民族の生存をシナ人の侵略から守るのである。

主権回復を目指す会はいわゆる「保守派」ではない。<利権分配集団>の権益を「保守」し、そのこぼれに預かる集団とは断固として一線を画する。

 


人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

 

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

極左も絶賛!自民党が犯したこれだけの大罪

亡国の設計業者・自民党 亡国の施工業者・民主党



平成20年12月5日、参議院本会議で『改正国籍法案』が可決成立した。この改正法案成立によって偽装認知はスルーパスされる。(▶右写真:平成20年11月18日衆院議員会館前)

 支那人による日本への人口侵略を合法化させたのである。「日本崩壊」「民族絶滅」法案可決を目の前にして、多くの国民が悲痛な反対を叫んだが、公明党(創価学会)が主導する形で改正国籍法案が参議院で可決成立した。(▶左写真:平成20年12月5日 参議院前)

Blog『草莽崛起』が<利権分配集団>の罪状を時系列であげている。

「反民主」と称する自民党復活が、如何に自民党の大罪を隠蔽する欺瞞か一目瞭然である。
 

↓以下は、『草莽崛起』( 2010/01/31 23:59)から
  http://soumoukukki.at.webry.info/200908/article_4.html

【自民党】の宮沢喜一元総理が謝罪国家への道を開き自虐史観を日本に根付かせた。

 日本が謝罪国家、堕罪国家に転げ落ちる契機をつくった大罪人として、
まずあげなければならないのは

   自民党の宮沢喜一元総理である。

 いまから20年あまり前の昭和57年、鈴木善幸政権下で起きた「 歴史教科書誤報事件 」にさかのぼる。同年6月25日、高校の日本史教科書に聞する検定結果が発表された。このとき、文部省記者クラブの記者が検定申請時に、中国華北地方に対する「 侵略 」の記述を文部省が「 進出 」と書き換えたと勘違いし、全新聞が一斉に報道した。
 この記事に怒りの声をあげた中国が、外交問題として大騒ぎをした。ちょうどその年の9月に鈴木総理の訪中が予定されており、このあおりを受け、取りやめになる危機が高まった。
 そこで当時、官房長官だった宮沢喜一氏は事態を収拾すべく「 政府の責任において修正します 」と謝罪を表明し、鈴木訪中も実現した。本来なら、誤報であり事実がないのだから中国側にその旨伝えればすむ。だが、宮沢宮房長宮は誤報と知りながら、無責任にも謝罪してしまったのだ。
 仮に誤報でなくとも、他国の教科書に注文をつけることは内政干渉である。突っぱねてしかるべき問題だ。
 宮沢官房長官は、謝罪しただけでは満足しなかったのか、政府は11月「 教材用図書検定基準 」に「 近隣諸国の国民感情に配慮する 」との、いわゆる「 近隣諸国条項 」を盛り込んだ。
 この悪しき前例が、その後の中韓両国によるわが国教科書への干渉を許すことになり、正しい歴史は排除され、反日的記述は無 条件でパスするようになってしまった。
 事実に反してまで謝罪した宮沢氏の罪は、いくら告発しても足りない。だが、当の宮沢氏はその後も、この件について一度も日本国 民に謝罪せず、総理にまでなってしまったのだから、いったいこの国はどうなっているのか。
 平成3年11月、宮沢内閣が誕生する。この前後から韓国・朝鮮の戦争被害者と称する人々の訴訟があいついだ。
 11月12日、韓国・朝鮮人BC級戦犯とその遺族ら7人が、1億3千万円の国家補償を求め、東京地裁に提訴、12月6日には元従軍慰安婦と名乗る女性や軍属らの「 太平洋戦争犠牲者遺族会 」が一人あたり3千万円の補償を要求して、これまた東京地裁に訴えた。 

 これに事実関係も調べずに応じたのが、加藤紘一官房長官(当時)だ。平成4年、加藤官房長官は従軍慰安婦問題に触れ、旧軍の関与を公式に認め、謝罪してしまった。直後、訪韓した宮沢総理は、韓国国会で公式に謝罪した。
 さらに、この年の暮れ、改造された宮沢内閣の官房長官になった現衆議院議長の河野洋平が、韓国の従軍慰安婦問題では強制連行があったと認める発言を行う。根拠がないにもかかわらずである。
http://soumoukukki.at.webry.info/200908/article_4.html
———————————————————

 村山政権といえば「村山談話」-日本の謝罪外交の先鞭をつけた世紀の失策を犯した政権ですが、この背景には「自・社・さ」連立政権(自民党・社会党・新党さきがけ)を組む際の、社会党との交換条件がありました。
 村山政権で、社会党から官房長官になった野坂浩賢という人物がいます。彼が政界引退後に語ったところによると、社会党は「自衛隊と日米安保を受け入れる代わりに、首相自ら明確に侵略戦争を謝罪することに反対しないのでならば、自民党との連立に加わってもいい」と交換条件を出したのです。
 それにやすやすと乗ったのが自民党でした。「議席数が足りない」という背水の陣ではありましたが、あまりにも安易な判断でした。そのせいで、六十年以上も、すでに国際法上完全に片付いている問題について二十一世紀に入っても、日本はひたすら謝り続け、足元を見られ続ける羽目になったのです。
 (中西輝政 著 「情報を読む技術」http://booklog.jp/users/dogma/archives/4763131087 97ページ7行目から引用)

<極左も絶賛!自民党が犯したこれだけの大罪>

●●●●●自民党は売国政党●●●●●
1 :名無しさん@3周年:2010/02/28(日) 01:48:20 ID:dI+PhgUK
自民党は完全な売国政党である。

■自民党「移民1000万人受け入れ」の実現性
  http://www.nikkeibp.co.jp/news/biz08q2/575417/
■自民党は朝銀に血税1兆4,000億円を投入。
  http://q.hatena.ne.jp/1062123112
■在日にも定額給付金支給
  http://news.livedoor.com/article/detail/3994761/
■中国人、韓国人留学生に年間500万円もタダであげている自民党。
  http://bbs.jpcanada.com/log/6/2504.html
■韓国人へのビザ免除を恒久化した自民党
  http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-060206-0020.html
■自民党留学生30万人計画
  http://www.relay.co.jp/news/718/
■人権擁護法案の成立を目指す自民党   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E6%93%81%E8%AD%B7%E6%B3%95%E6%A1%88
■外国人の空港指紋採取、在日を免除した自民党(2007年11月30日)
  http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1148755375/1-100
■特別永住者等の国籍取得特例法案 自民党、提出に意欲(届け出だけで国政参政権)
  http://cotodama-6000.iza.ne.jp/blog/entry/502594/
■自民党の福田が朝鮮総連系企業から違法献金発覚!
  http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1192439698/l50
■麻生太郎が統一協会が作る日韓トンネル研究会の顧問に
  http://www.asyura2.com/07/senkyo29/msg/846.html
■統一教会関連団体に安倍官房長官が「祝電」
  http://www.news.janjan.jp/government/0606/0606206368/1.php
■森喜朗が北朝鮮金総書記に親書
  http://www.toyo-keizai.co.jp/news/digest/2000/post_3447.php

  http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1267289300/l50

自民党は、この様な売国政策を行ったにも関わらず未だに反省も謝罪もしていません。
それどころか、歴代の自民党総裁は河野談話と村山談話を踏襲し続け支那と韓国に屈服し続けています。

つまり、今の亡国化へのスイッチを入れたのは自民党であり、それをずっと推進し続けて来たのも自民党なのです。

 戦後体制(を作った)=自民党 と断言しても過言ではありません。

最近、政権交代が行われ自民党から民主党政権へとなりましたが、 民主党は自民党という売国政党から分家した弟です。
当然、兄である自民党と同じく民主党も売国政党。 弟である民主党は兄が作った売国というレールの上を走っているだけ。

★腐りきった偽善保守 自民党を糾弾する!
 http://www.youtube.com/watch?v=JY3ekspYfoE

★民主党=自民党=共に売国政党と認識せよ!
 http://www.youtube.com/watch?v=ZDAYe1E4oi8

↑以上『草莽崛起』より( 2010/01/31 23:59)

 

人気ブログランキングへ←絶滅を免れた日本人を一人でも増やす為にクリックを!

カテゴリー: 時評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。